THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

壊れたドライヤー、日立の修理問い合わせ窓口

 ドライヤーが壊れました。
 壊れたといっても、モーターとか電熱線とかいった本質的な部分ではなく、首のところです。取っ手が折りたためるようになっているドライヤーの、要(かなめ)のところ。首がかくんかくんして、固定されません。
 買ってからまだ5年くらいで、利用頻度もあまり高くありません。おまけに、ドライヤーとしての性能自体には、まだ何の問題もなし。でも、首のかくんかくんは、直さないと致命的。うーん、どうしよう。
 「家電修理のパラドックス」とでもいったらよいのでしょうか。まだまだ使えるのに、修理するより買ったほうが安いって、悩ましいですよね。うちのドライヤーなら新しいのに買い換えても5,000円でおつりが来そう。かなりいいのを買ったとしても10,000円そこそこ。そんなわけで、修理したらだいたいどのくらいかかることになるのか、目安を聞いてみようと思ったのでした。

 で、電話をかけたのが、タイトルにあるメーカーの修理問い合わせ窓口。何度かけてもお話中、かけ続けたらようやくつながって、「順番におつなぎしますので、しばらくお待ちください」というフリーダイヤルの応答メッセージを聞きながら待っていたのですが、しばらくしたら突然、メッセージの内容が変わりました。曰く、「ただいま大変混み合っております。5分間つながらなかった場合には、システムの都合上、自動的に電話を切らせていただきます」 なんだとー!?
 で、5分たったら本当に、「5分間つながりませんでしたので、システムの関係上、電話を切らせていただきます。お電話ありがと・・・」というメッセージが流れてきました。切れました。電話が、じゃなくて、私が。電話は、(向こうに切られて「プー、プー」なんて音が聞こえてきたら、もっと腹が立つだろうと思ったので)私のほうで切りましたが。

 5分で勝手に切れるんだったら、最初からつなぐなよー。バカヤロー!

 どういう趣旨の制度設計になっているのか、よく理解できません。誰か教えて。
[PR]
by thebrandywine | 2009-07-29 22:29 | どうでもいいこと

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine