THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

鮨屋の会計

 茶太郎が数年前に連れて帰ってきた子ぶたのぶーちゃん。適当にエサを与えるなど世話をしていたところ、ほどよく太って食べ頃になってきたので、いただくことにしました。
 ぶーちゃんというのブタの貯金箱(宴会の景品)、エサは茶太郎がそのへんに散らかしている小銭などです。最初は、本当に茶太郎が散らかしていた小銭だけをちまちまと入れていたのですが、それが数年で5,000円ちょっとになったのでした。で、これで何か食べに行こうというところまでは決まっていたのですが、実行に移さないでいるうちに貯金額は順調に増え、さらに順調に貯まりつつあることを知った茶太郎が、最近は頻繁に500円玉などを与えていたようです(最終的にいくら貯まっていたのかはナイショ)。なんか本末転倒な気も。
 というわけで、——本末転倒はさておき——昨日ようやく食事に行ったのでした。行き先は、ちょっと気になっていた駅前のお鮨屋さん。
 予算をはっきりと言えばよかったのですが、「最初はお刺身を適当に」なんて格好つけてしまい(格好つけたのは私です)、そのあともやや調子に乗って飲み食いしてしまって、予算をかなりオーバーしてしまいました。でも、ご夫婦でやっておられるお店は良心的で気さく、お味のほうもなかなか美味しかったです(鮨の善し悪しは経験不足でわからないのですが、ネタから察するに、ということです)。とくに、笹の葉の上で蒸し焼きにして出してくれた穴子が、口の中でほろほろとほどけて絶品でした。全体的に、ネタの自己主張が控えめな感じです。
 お会計は、レジで打ち込んだレシートをくれたので、明朗会計なんだと思ったのですが、よく見てみたら、ビール1杯、日本酒2杯以外は、突き出しもお刺身もお鮨も全部まとめた数字がどどんと印字されてあって、何にいくら払ったのかは不明。やっぱり鮨屋の会計だったのでした(笑)。(追記:詳細がわからなかっただけで、ぼられたとかそういう趣旨ではありません、念のため。メニューには1カンいくらという表記もありましたので、上にも書いたとおり、良心的なお店だと思います。じゃなきゃ、住宅地では商売続かないですよね。)
 ランチなんかもやっているそうなので、今度はもう少し締めて行こうかな、と思っています。 
[PR]
by thebrandywine | 2010-02-06 23:27 | たべる

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine