THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

明日はいよいよスーパーボウル!

 いよいよ明日は、楽しみにしていたスーパーボウルです。
 年明けのエントリ「False Startさんちの「お年玉バトン 2010」で「2010年楽しみな対戦」として書いたとおり、念願かなってインディアナポリス・コルツ対ニューオーリンズ・セインツの対戦となりました。「おでこ」と「はげ」、もとい、コルツのマニング、セインツのブリーズというQBの対決が楽しみです。私の読んだ事前予想にはコルツ有利と書いてありましたが、コルツはディフェンスの要、ドワイト・フリーニーの出場が危ぶまれているので、そのあたりどう出るのか。マニング様ファンとしては、コルツの勝利を祈りたいところですが、実はどちらも好きなチームなので、面白い試合を見せてくれたら、どっちが勝ってもいいです。
 ちなみに、マニングがTOKIOの松岡くんに、ブリーズが布施明にちょこっと似ているかもと思ったりするのですが、茶太郎にはまったく相手にされていません。

 スーパーボウルといえば、自分で主体的に観戦した最初は、2007年(第41回)のコルツ対ベアーズ(悪天候の中でのドロドロの試合でコルツの勝利)で、それ以前は、アメリカで晩ご飯を食べながらNFLの試合を見たりしていたはずなのですが、ぜんぜん記憶に残っていません。2003年(第37回)のスーパーボウルがレイダーズ対バッカニアーズで「海賊どうしの対戦だなあ」と思ったことや、2004年(第38回)のスーパーボウルのハーフタイムショーでジャネット・ジャクソンの「ぽろり」があったことは記憶しているので、試合も見ていたはずなのですけれどね・・・。(まあ、ルールについても「4回のうちに10ヤード進めば、もう1回同じことができる。ボールは1回だけなら前に投げてもいい」くらいの理解でしたから、試合のことを覚えてなくても当然と言えば当然ではあります。)
 そのうちの後者のほう、2004年については、以前のホームページの「ごあいさつ」のところをたどっていったら、確かに観戦していたという証拠が出てきました。フットボールというものをあまりよく理解しないまま観戦していたに違いないことがうかがわれますので、懐かしさ半分、恥ずかしさ半分で、ちょっと引用してツッコミを入れてみます(2004年2月1日の記事)。
 今日は、NFLのスーパーボウルがありました。ある意味では1年でいちばんアメリカが盛り上がる日と言えるかもしれません。スポーツ番組も新聞も、この日のために大きな特集を組みます。
 「ある意味では」とか「言える」「かもしれません」とか、なんて回りくどい表現(笑)。知ったフリして書いていながら、自分の書いていることに確信を持っていないことがバレバレです。まあ、11月に大統領選をひかえて民主党の予備選で盛り上がっていた時期ですから、仕方ないといえばないんですが、こういうときは、やはりきっぱりと言い切らねば!
 試合は、ノースカロライナ州シャーロットが本拠地のカロライナ・パンサーズ(Carolina Panthers)と、マサチューセッツ州ボストンが本拠地のニューイングランド・ペイトリオッツ(New England Patoriots)の対戦です。
 なんと。そういえばパンサーズが出てたかも、という、ジュラ紀のあたりの地層に埋まっていたうっすらとした記憶は発掘したのですが、相手がペイトリオッツだった記憶は行方不明です。ということは、パス投げてたのは、ブレイディでしたか。
途中までは、事前の予想通り、ペイトリオッツの底力の違いを見せつけるような内容でしたが、パンサーズも2度の超ロングパスを通し、残り1分半くらいのところで同点に追いつきました。結局、最後はペイトリオッツがフィールドゴールを決めましたが、本当に面白い試合でした。
 今、選手名鑑を見てみたら、ブレイディがMVPだったと書いてありました(シーズンのMVPはマニング(兄)と今は亡きマクネアだったようで、これも当然ですが知りませんでした)。
 しかし、「本当に面白い試合でした」と書いてありますが、「本当に」面白さがわかっとたんかい、とツッコミを入れつつ、今ならもっと面白さがわかるかも、ということで、タイムマシンに乗ってあのアパートのリビングのテレビの前に、もういちど行ってみたらどんな感じがするのかしら、と思ってみたりします。でも、5年後、10年後の自分が今の自分を振り返ったら、やっぱり同じことを思うんじゃないかと思ってみたり。
 シーズン中はとくに応援していたわけではないですが、やはり地元ということで、パンサーズの攻防を一喜一憂しながら見ていました。
 そうでしたか。そんなこと、すっかり忘れてました。
 でも、パンサーズを応援しながらの観戦だったとすると、ブレイディのことはたんなる敵役であまりよく見てなかったかもしれないですね。もったいないけどそれなら仕方ないか。
 読み返すとたしかに恥ずかしいのですが、それでも、本当のところはよくわかっていないまま、でも、さまざまな「アメリカ」というもの自分自身の目で見て吸収し、つたない言葉ながらも伝えようとしていた自分がちょっと懐かしくもあります。(若かったせいもあって当時のほうが全体としては文章の歯切れがよかったことも含めて。)

 それはさておき、今シーズンは持続可能な観戦をこころがけ、シーズン最初に過熱することなく、ポストシーズンのことも念頭に置きながら計画的に楽しむようにしてきましたので、スーパーボウルの楽しみはひとしおです。というわけで、明日は生で観戦予定。朝からテレビにかぶりつきます!
[PR]
by thebrandywine | 2010-02-07 21:24 | みる・きく

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine