THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

歯周病治療:人生初手術!

 昨年の暮れに急に痛み出して進行していることを知った歯周病ですが、今日、仕事のほうがひとくぎりついたので、夕方、手術を受けてきました。じつは、これが人生初手術なぴーこです。何せ、縫合すら先日親知らずを抜いたときが初めてだったわけで。

 手術は、こういうの。→歯周組織再生療法(イラスト入りは少々グロいので、テキストだけのサイトを選んであります)。今回の手術が成功かどうか(=歯周病の進行がとくにひどい部分の骨が再生できるかどうか)は、半年か1年たたないとわからないそうですが、とりあえず、今の段階でまったく可能性がなくて抜歯、ということにはならないですみました。

 まあそれはよかったのですが、終わったときには疲労困憊のぐったり。何せ、2時間ぶっ通しで猿ぐつわの親分みたいな器具でぐわーっと大口開けさせられて、あごがどうにかなりそうだったうえに、思いっきり「むにーっ!」と唇を引っ張られて、そこをテコの支点にして器具でゴリゴリされるので口角のところが切れてしまい、最後の縫合のときには、その切れた傷口に糸がこすれて拷問を受けてるみたいでしたよ。あんな状況で「おまえがやったんだろう」と言われたら、やってなくても「はい、私がやりました」って言っちゃいそうです。手術が終わった直後は、放心状態でヨレヨレのボロボロ。腫れと麻酔と、器具や糸から全速力で逃げるべく思い切り口をゆがめていたせいで、口が完全に「へ」の字を描いてました。日頃私にビシバシとやられて恨みを持っている人たちには絶対見せられない姿です(笑)。
 
 骨の部分をいじっているので、目の下のあたりまで腫れることもあるのだそうです。抜歯の時は2日目か3日目がMAXだという話でしたけど、いつもなら数錠処方され「痛いときに6時間以上あけて服用してくださいね」と言われていた鎮痛剤を今回はなんと1週間分も処方され、受付のお姉さんに「抗生物質とともにきちんと飲みきってください」と言われてしまいました。しばらく人前に出ないですむように予定を組んであるので、とりあえずお家でおとなしくしてることにします。
[PR]
by thebrandywine | 2010-07-27 22:40 | 日常生活

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine