THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

歯周組織再生手術:抜糸、頭痛

 手術から1週間。きのう抜糸しました。

 まだ傷口がふさがっていなかったり、歯茎がきちんとかぶさってなかったりするので、あいかわらず(いじってないほうの)左で噛んでいますが、とりあえず不自由な状態からは解放。
 解放その1。顔の腫れがほぼひきました。これでお嫁に行けます(笑)。
 解放その2。手術した部分を覆ってあった白い粘土状の保護材がとれました。いやあ、よかった。何がよかったって、この保護材からものすごく不味い味が出てくるのですよ。そのまずさたるや、消毒の味と樹脂の風味が混然一体となったガムが、1週間口に貼り付いていたと考えていただいたらおわかりいただけるでしょうか。とくに味付けの薄い熱いものを食べるとひときわで、本当なら美味しいはずの炊きたてご飯が、ううう……。って、これはすでに書きましたね。

 ただ、やっぱり骨をいじくるというのは人体への影響が大きいということなのか、鎮痛剤が切れるとけっこう悲惨なことになるというのがわかりました。親知らずを抜歯したときのような傷口の疼きが長く続いたりすることはなかったのですが、今回はひどく頭が痛くなります。
 抜糸して、先生に「もうお薬をやめてもいいですか」と聞いて、OKをいただいたのですが、最後の服用から12時間くらい経過したら(飲んでいるのはロキソニンという中程度の効き具合の鎮痛剤)、偏頭痛かと思うくらいの、私には数年に1度しか襲ってこないような、吐き気のするようなひどい頭痛がしたのでした。抜糸したり、保護材をはずしたりしたことで体の左右のバランスが微妙に戻り(もしくは崩れ?)、首・肩がこり頭痛につながっているのか、骨をいじったことが直接に影響しているのか、そのへんはよくわからないのですが。
 というわけで、結局まだ鎮痛剤を——頻度を下げてはいますが——飲み続けています。
 アルコールのほうも、実は完全に血が止まっているいことが確認できれば、極端な話、手術当日に飲んでも問題なかったそうなのですが、まだまだ我慢です。やっぱり、鎮痛剤を飲んでいる間は、いくら大丈夫といわれてもね。猛暑の唯一の(?)メリットは、ビールが美味しいこと。ただ暑いだけでビールが飲めないのは辛いです。はやく、ぐびぐびと飲みたいよう!
[PR]
by thebrandywine | 2010-08-04 23:23 | 日常生活

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine