THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

フクザツな事情

 時節柄、土日に仕事が入ることが多くちょっと人生辛くなってるぴーこですが、それでも先日、果敢にその合間を縫って温泉に行ってきました。目的地の候補のひとつにHPに飼い犬の写真を載せているペンションがあったので、わんこと触れ合って癒されたいと思って予約をとったのですが、いろんな意味で自分の考えが甘かったことを思い知らされました。
 まずは、わんこたちがかなり大柄で元気なレトリバー数匹だったこと。レトリバーといえばフレンドリーが服を着て、じゃなかった、毛皮をかぶって歩いているようなものだというのが世間の相場なわけで、そんなわんこたちとの触れ合いを妄想しつつ期待に胸ふくらませて犬小屋の前に立ったのですが、犬を飼ったことのない私たちにはそもそもコントロール不能なのですよね。公園で飼い主さん同伴で散歩している中型のわんこたちとはわけが違います。前足をあげて飛びかかってこられると、160センチ以上ある私とほぼ顔の高さが同じ。そんな子たちが数頭いるわけで、手荒なことは何もされませんでしたが、ちょっとびびりました。
 さらに想定外だったのは、わんこたちのフクザツな人間(?)関係。2頭いるオスたちの関係が微妙で、ボス然とふるまっているオスをもう1匹のオスは苦手にしているのですが、隙あらばボスの座を狙っているんだそうで、犬小屋には妙な緊張感が漂っているのです。さらに、オーナーからは、話の成り行きで人間だったらあり得ないような出生の秘密まで聞くことになってしまい、茶太郎と2人して「人間だったら絶対グレるよなー」と顔を見合わせたのでした。
 わんこに癒されるつもりで出かけたのですが、世の中そんなに甘くなかったのでした。わんこの世界も大変だね(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2010-11-30 13:16 | 日常生活

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine