THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

茶太郎、おしりのにおいを嗅がれるの巻

 わんこネタ続きます。

 朝散歩していると、犬を連れた人にたくさん会います。
 さて先日のこと。茶太郎と散歩していて、そろそろ家に帰ろうかというタイミングで、初老の女性に連れられた狆(チン)とすれ違いました。犬がこちらに興味を示し、飼い主さんも遊ばせてくれそうなフレンドリーな雰囲気だったので、ちょっとしゃがみこんで遊んでもらうことに。
 私は、アイコンタクトをとりながら軽く握った手の甲を差し出してご挨拶。お侍さんのようなカッコイイ名前のワンちゃんは、においを嗅いで「なるほど、ふーん」という感じ。納得して安心したけどそれ以上の興味は示さない、といったところ。おかあさん(飼い主さん)の知り合いか何かだと認識したんでしょうね。
 これに対して茶太郎は、そういったことはまったくしないで楽しそうに犬を見ているだけ。わんこのほうは「コイツ何者!?」てな雰囲気でやや警戒しつつ茶太郎のことを見ていたのですが、茶太郎が少し体を動かしたのに反応して、びくびくっという感じで後ずさり。そのしばらく後、やおら後ろに回り込むと、茶太郎のおしりのにおいをクンクン嗅いだのでした。
 もしかして茶太郎、わんこに同類だと思われてた? 飼い主さんともども全員で大爆笑。お尻のにおいを嗅ぎ合うのは犬のあいさつで、彼らはお尻のにおいから相手についてのさまざまな情報を得るそうですが、はてさて茶太郎のお尻のにおいにはどんな情報が隠されていたのかしら。今度あのワンちゃんに会ったら聞いてみたい気がします。
[PR]
by thebrandywine | 2010-12-01 12:01 | 日常生活

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine