THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

初詣、談合疑惑

 いつ頃からか、お正月に大々的に営業をするお店に冷ややかな視線を送るようになってしまったぴーこです。
 今年は元旦休業の事業者数・店舗数が増加するというニュースを昨年末に読みましたが、元旦休業なんてケチなことを言ってないで、絶対的に必要不可欠なインフラ以外は、三が日の間しっかり休んじゃえばいいのに、と思います。最近、日本人全体が(老若男女ともに)公衆道徳や想像力、それ以前の生き物としての生命力を失いつつあるのではと心配になることがあるのですが、みんなで年末年始に不運ならぬ不便を託(かこ)ち合って(←なんかヘンな日本語ですが)静かにすごしたら、少しはモノを考えたり、いろんな不測の事態に対応する力を養えたりできるんじゃないかしら。
 そんなわけで、今年は自分の生活でもそれを実践するぞー!と、年末に計画的にまとめて買い物をしました。普段だって3日間くらい買い物をしないなんて、ざらにあるんですから、1月最初の3日間だってできないわけないですよね。もっと不便かなと思ってましたが、何てことはなく拍子抜けです。

 さて、ぼやきはこれくらいにして、元旦にくじけた湯島天神の初詣、5日に行ってきました。その前に、このあたりに立ち寄りましたが。

e0110925_226502.jpg

 地下鉄の浅草駅は、おそらくは浅草寺にお参りに行く人たちでかなり混雑しましたが、これとは対照的に、湯島天神は、(もちろん露店も数軒出て、適度に賑わっていましたが)元旦のあの長蛇の列が嘘のようでした。

e0110925_2283042.jpg

 露店のたこ焼きはじめいろんな「粉モン」のソースの匂いが鼻をくすぐりますが、その前におよばれでさんざんいただいておなかがいっぱいだったので断念。残念。

 おみくじ売り場の横にあるこの白梅は、お正月にいい香りを楽しませてくれるのが毎年のデフォルトなのかしら。

e0110925_2292942.jpg

 「22番中吉」が2度続いた湯島のおみくじ、今年は「11番末吉」でした。要約すると「うまくいかなくても焦るなよ。じっくりやってりゃ、そのうちなんとかなるから」という感じ。

 こんなこと書くとおみくじ好きがばれちゃいますが、このところ、どこでおみくじひいても運勢がしょぼいです。
 年末に行った箱根神社も末吉、1月3日に行った地元の小さな神社でも末吉。極めつけは、ハンドバッグのポケットを整理したら出てきたおみくじ。10月の末に行った草津の光泉寺(湯畑から急な階段を上っていったところにあるお寺)でひいてすでにその存在すら忘れていたのですが、あらためて開いて見てみたらこれも末吉でした。もう何だか神様も仏様もみんなそろって、「ぴーこは末吉にしておこう」と談合しているんじゃないかと思うくらい。

 元旦に、湯島天神の前まで行ってくじけたという記事をあげた後で気づきましたが、私たち日本人には「一年の計は元旦にあり」という言い習わしがありますね。ということは、茶太郎にとっても私にとっても、くじける1年になっちゃうってことなんでしょうか。うーん、不吉だ。
 まあ、神様が談合していらっしゃるようでもあるし、今年は腰を据えてじっくりとがんばろうかな、と思います。
[PR]
by thebrandywine | 2011-01-07 22:34 | 近くにお出かけ

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine