THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

リリエンベルグ

 NPO/NGOに送れる支援物資が何かないか家捜ししてみたのですが、タオル以外はまとまったものが何もなく、ちょっとがっかりしているぴーこです。貯め込み得意なリス体質なのにこんなときに役に立てないなんて! やっぱ、こういうのは、各家庭にあるちょこちょことした物資を、ご町内とかマンションとか職場とか学校とかの下部構造で集めてから、上部構造へお送りするのがあるべき姿なんでしょうね。名古屋に疎開してた頃が動き時だったのかもしれぬ、とちょっと後悔。 

 先日、近くへ行く用があったので行ってきましたよ! 新百合ヶ丘のリリエンベルグ

 消費行動をして経済を活性化させよう、というのは表向きの理由で、震災以来、計画停電と原発の先行き不透明さとスーパーの品不足とで、気分が灰色になってクサクサしていたので、甘いもんでも食って平常心を取り戻そうというのが本当のところです。

 ちょうどおやつの時間だったので、お店でいただいてこようと目論んでいたのですが、満席で待ち時間長しということで、ケーキ、4つも買ってしまいました。
e0110925_23543194.jpg

▲ご存じ、このお店の看板商品「ザッハトルテ」


 このケーキの担当は茶太郎。一口食べて感動していました。少しもらった私も「うまー!」 でも、お味もいいんですが、何度見てもほれぼれするのが、この切り口。チョコのコーティング以外、一切飾り気のない外観とあいまって、何だかものすごい潔さを感じるんですけれど。感動するツボが間違ってるかしら?

e0110925_23572264.jpg

▲「黒い森のトルテ」・・・だったと思います。
違っていたらすみません。


 チェリーの酸味とチョコのコクのバランスがいい感じ。

e0110925_004215.jpg

▲コーヒーとなんとかのなんちゃらかんちゃら
すみません名前を忘れてしまいました。


 写真を撮ったときには気づかなかったのですが、食べるときにお家の形になっていることに気づきました。かわいい。
 コーヒー味(生地+クリーム)の部分は、他のケーキに比べて甘みが強くて、一歩間違うと一昔前のロールケーキ風になってしまう可能性がなくはないと思われるのですが、屋根の部分にかかっているロースとしたナッツがいいアクセントになっていて、そのコントラストが味の締まりを生み出しているような気がしました。むふふ。

e0110925_041415.jpg

▲「いちじくと紅茶のタルト」・・・だった気がするのですが、記憶が。


 生地の部分は卵の風味がしっかり感じられました。中に入っているクルミがいい仕事してます。しっとり、ずっしり、でもふんわり、という感じです。おいちい。

 2個いっぺんに食べるのはどうも抵抗があって、初日は上の2つだけいただきました。1日おいて食べるなんて美味しいケーキへの冒涜だなと思いつつも、後半2個は翌日消費。2個いっぺんに食べちゃっても、「健康には直ちに影響がないレベル」だとは思うんですけれどね(笑)。
 家から近かったら、しょっちゅう通いたいところですが、絶対的な距離もさながら、道路が混むので時間距離が(涙)。いくら出したらこの近くにマンション買えるのかな、なんて一瞬本気で考えたりしましたが、いいや、もうちょっと近いところに、ジャルダン・ブルーとか、ホーエス・ロープとかあるから。
[PR]
by thebrandywine | 2011-04-05 23:34 | たべる

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine