THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

今日もよく揺れました。

 昨日、今日と、よく揺れましたね。
 今日は、地震後初めて学生時代の友人と会いました。いつもは必ず、歌舞伎だのコンサートだの、一緒に何かを観に行くためにあつまるのですが、今日は気晴らしにランチとおしゃべりをするのが目的。地震後、いろいろと考えることも多くあり、また私などはあまり人と会っていない生活が続いていたので、ちょっと人に飢えている感じが強くあったのでした。
 昨日にひきつづき朝強い余震があったせいで、鉄道の運行に支障が出てもいいように遅刻しないよう早めに出たのですが、ひとりの友人は私よりさらに早く待ち合わせ場所に到着していました。一方、定時に来た友人(子育て中)のほうは帰りの心配をしていたようで、当初春らしいファッションで出かけようと考えていたところ、帰宅難民にならないよう、ズボンに歩きやすい靴という機能性重視の組み合わせに変更したとのこと。こういう「備え」も人により状況によりいろいろなのが興味深いです。
 ランチ前に、時間つぶしに外苑の絵画館に入場したのですが(展示物があんなんだとはつゆ知らず)、見学中に地震に遭遇。係員の人がつかつかとやってきて、拡声器で「地震速報があったのでいったん外へ出てくださーい!」と呼びかけ。まあ、あんな場所なのでほとんど人はいませんでしたが、いちおう外へ避難。このときは、午後の余震とは違ってあまり強い揺れではなく、植木鉢が若干ゆらゆらしていた程度でした。
 なるほど、公共施設ではこういうふうに避難誘導するのか、と、ひとつ勉強になりました。
 午後の若干強めの余震は、ランチ中。食事があらかた終わり、若いウェイター君がコーヒーを持ってきてくれたときに揺れ始めたのですが、ウェイター君、友人の「テーブルに(コーヒーを)置かれたら?」とのアドバイスには耳を貸さず、お盆にコーヒーをのっけたまま立ってました。まあ、しばらくして揺れもおさまって、コーヒーもこぼれなかったからよかったけれど。「強がるのもいいけど、おばさんの言うことは聞いとくもんだよ」と思いました。

 ・・・と、今日は、ただ「揺れました」のご報告のみ。

 外苑の絵画館(「聖徳記念館」)は、「明治期の絵画を展示してある」場所だと思って時間つぶしの手段に選んだのですが、入場してみたら「明治天皇・昭憲皇太后の御聖徳を永く後世に伝える」ための壁画80枚が展示されている場所だったんですね(前半40枚が日本画、後半40枚が洋画)。建物自体がわざわざそのために建築されたものだったという・・・。
 ただ、何だかなあと思いつつ、ツッコミながら数人で見ていると、いろいろと面白いものでもありました。教科書的な知識が、あっちとこっちでつながったり、じつはいい加減にしか理解していないことが判明したり。あるいは、この年っていろんな事件があって目まぐるしい年だったんだなあ、ということを実感したり。幕末から明治にかけての歴史をおさらいするには、いいかもしれません。名古屋出身の私たちとしては、日本の製パン業の発祥の地が名古屋であったことを知ったのが予想外の収穫でした。ちょっとうれしい(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2011-04-12 22:51 | 近くにお出かけ

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine