THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

いもむしの世話を始めたけれど

 先日、生協で買った小松菜に青虫(多分モンシロチョウの幼虫)がついていたので、プラケースに移し小松菜をちぎって与えていたところ、なんとコバチの仲間に寄生されておりまして、なかなかグロいことになっております。
 寄生してたコバチの幼虫がからだを突き破って出てきても、まだ青虫は生きてるし、どうやって処分したらよいものか。健康体の青虫なら、手で触っても多分平気なんですが、同じ生きていても「あんなもの」がいっぱい身体の中に入っていたかと思うと、割り箸でつまむのも「ぎえー」という感じ。おまけに青虫の傍らには、2ミリ長の繭(コバチの繭)がてんこ盛りになってるし。色的にはどっちもキレイなんですけどね。
 ネットで読んだ情報ですが、自然界のモンシロチョウの幼虫の4匹に1匹が、寄生されているそうでございますよ。あとね、ネットの動画で見たんですが、モンシロチョウの幼虫は、自分では蛹になれないのに、糸吐いて、コバチが繭を作るお手伝いまでしちゃうんだって。あううう。
[PR]
by thebrandywine | 2011-07-09 17:36 | 日常生活

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine