THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

名古屋に帰省してきました

 先週末に名古屋に帰って、弟のお相手とその家族との顔合わせをすませ、その後、両親を1泊の若狭旅行へ連れて行き、往きも帰りも高速の渋滞に巻き込まれ、運転でヘトヘトになりながら、おとといの深夜に帰ってきました。気づいたら、もう明日から9月じゃないかっ!

 若狭は、三方五湖と小浜を回ってきました。三方五湖は若い頃にいちど日帰りドライブに行ったことがあるだけで、今回あらためて行ってみて、その風景のすばらしさに心洗われる気分になりました。海沿いの景色も美しく、まさに眼福。しかし、あんな景色の美しいところに、なんで原発いっぱい作っちゃったんでしょ(あ、三方五湖にという意味ではなく、敦賀から若狭の海沿いにという意味ですが)。
 食べ物のほうは、基本的に日本海の魚介類は冬が旬ですが、グジ(アマダイ)は今が食べ時で、お昼を食べるときに別注して姿焼きをいただいてきました。身が柔らかくてとってもジューシー。淡泊だけど味わい深く、期待と想像をはるかに超える美味しさに感動。運転の心配がないときに、日本酒と一緒にいただきたいお味です。
 泊まった宿に「蟹食え、すぐ!」と書いてあったので(うそ、ホントは「カニ」「クエ」「フグ」のコースもありますので冬もどうぞ、というポスター)、また冬に行かねばなりませんな。宿の人に、「それぞれ別のコースをとってもいいんですか」と聞いたら「全員一緒じゃないとダメですw」と言われたので、予約を夫婦3組、別々にとって、鍋のコースを3種類制覇するのはどうじゃろか、と考えております。
 あと、へしこのお茶漬けにチャレンジしたり(しょっぱかったけれど、懸念していたクセのほうはそれほどでもなくて美味しかった。こっちもお酒が必須)、くずまんじゅうを食べたり。福井のガイドブックにも載っていますが、くずまんじゅうをかき氷と一緒に食べたりするんですね。1日目と2日目とでお店を変えてみたら、シンプルな食べ物なのに味が全然違うのにびっくり。初日に食べた「伊勢屋」さんのが断然美味しかった。食感だけでなく葛の味そのものが伝わってきましたよ。あんこも、かき氷にかかっていたシロップも本当に品のいい、奥行きがありながらすっきりさわやかな甘みで。原料の葛やお砂糖だけでなく、お水がいいんでしょうかね。

 福井は、食べ物も美味しいし、景色がきれいな場所も多いのに、印象としてはとっても地味ですよね。観光資源を有効活用していないようで、なんだかもったいないなあ、と思いましたよ。東京からすると「地球の裏側」みたいな感じで、距離の割にアクセスが悪い、というのも影響しているのかもしれませんが、県民性とか関係してるのかしらね。
[PR]
by thebrandywine | 2011-08-31 21:45 | 遠くにおでかけ

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine