THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

悲しいランチ

 先日都心に出たさいに、駅ビルに入っているお店で、お昼と呼ぶにはかなり遅い時間に食事をしたのですが、これがちょっと情けないランチになってしまいました。某高級イタリア料理店の系列のカジュアルなお店なのですが(サラダ、飲み物のついたパスタランチが¥1,300くらい)、落ち着いた内装、席での会計などで、高級感を醸し出すタイプのお店です。
 時間が時間なだけに、客は私の他には1組だけ。そのお客さんから離れた奥のほうの場所に通され、まあ普通なら悪くなさそうな位置だったのですが、遅い時間だったのが運のつき。従業員の昼食にかち合ってしまったのですが、この従業員の人たちの食事の場所が私の席と通路をはさんで隣にある個室としても使えるスペースで、一応カーテンで見えないようにはなっていたのですけれど、何人もの人たちが、食べ物や飲み物、調味料などを持っては、私の直ぐ横をわさわさと行ったり来たり。極めつけは、カーテンの向こうから聞こえてくる、パスタをズルズルと――それもかなり大きな音を立てて――すする音! 従業員の人たちの和気藹々とした話し声は気になりませんでしたが、いくらカジュアルラインのお店とはいえ、厨房の人の大音量の「パスタ・ズルズル~」はあんまりです。いったいあたしが何したっていうのよー(泣)。
 会計の時に「この場所、ちょっと落ち着きませんでしたね」と軽くぼそっと言ったら、(さすがに高級店の系列店だけに?)平身低頭で謝罪してはくれましたが、そんなに平謝りするくらいなら、その前に気づいてよと思っちゃいました。パスタ自体は、ゆで具合と言い、素材の取り合わせといい、味付けといい、とてもバランスが取れて美味しかっただけに、ぜひまた食べたいと思うのですが、本当にまた行っていいものかどうか、かなり迷うところです。うーむ。
[PR]
by thebrandywine | 2008-06-22 22:59 | どうでもいいこと

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine