THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:どうでもいいこと( 61 )

 昨日のエントリに書いた、オリンピックの女子卓球見ていたら、まさに自分の見ている試合の勝敗(とメダルの行方)についてニュース速報が流れてすごく違和感を感じた点について、NHKに電凸、はさすがに気が引けたのでしなかったのですが、メールフォームで問い合わせをしてみました(ヒマだな、とか言わないでね)。
 さっそく今日、「NHKふれあいセンター(放送)」というところから回答(?)がありましたよ。
 要するに、NHKは、メダル獲得などのニュースがあれば、地上波とBS1の両方で同時に速報を流すことにしているので、その種目を中継しているチャンネルでも内容が重複する形で速報のテロップを流れることになるのだ、ということでした。
 というわけで、なぜあのようなテロップが流れたかという理由は理解できたのですが(理解しただけで納得は全然してませんが。笑)、この回答のメールというのが何が言いたいのかよくわからないシロモノでして。私の知りたかったこと——地上波とBS1で同時に同内容のテロップを流すシステムになっているために番組の内容とテロップが重複したということ——は、メールのいちばん最後にちょろっと書いてあっただけで、そこに至るまでに、オリンピック放送の放送権がどういう仕組みになっているのかとか、この日は卓球女子の決勝の放送権を「たまたま」NHKが持っていたとか、この時間帯に「仮に」NHKが他の種目を放送していればテロップとの重複がなかったとか、私の質問に対する回答の結論と関係があるとは思えない、私も聞いていない内容の説明が延々と続いている、不思議な内容でした。出題の趣旨や意図を理解しないまま関係のないことを書き連ねてある、できの悪い学生の答案のようだ、と書くと、ちょっと意地悪いかな(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2012-08-09 23:32 | どうでもいいこと

速報テロップの謎

 昨夜のオリンピック観戦、女子バレーの準々決勝で盛り上がるというのがマジョリティだったようですが、私は蚊に食われたところにムヒを塗りながら卓球女子団体を応援してました。中国の強さの前に完敗でしたが、気持ちのいい試合でした。石川佳純ちゃんだけは、表情をみていて、もしかしたら悔しさが強く残ったのかなとも思いましたが、みなさん集中して力を出し切ったという感じ。それにしても、これまでの試合とは、ラリーのスピード感が全然違いましたね。
 その卓球の試合(の中継)を観ていて不思議に感じたこと。中国との試合の決着がついた直後に、テレビ画面の上の部分に「ニュース速報」のテロップ。政局がらみで何か動きがあったのかと思いきや、卓球女子が中国に負けて銀メダルが確定したという内容で、拍子抜け。だって、そのテロップ見る人は、たった今テレビをつけた人以外は、まさにその卓球女子団体の決勝戦を観ていた人なわけで、結果なんて当然知っているわけですよ。
 そういえば、柔道の78キロ超級の準決勝を観ていたときにも、同じことがあって違和感を覚えたのでした。杉本さん銀メダル以上確定って。それ今観てたから、アタシ知ってるってば。
 あのニュース速報のテロップ、いったい何のために流しているんでしょうねえ。すごく気になります。NHKに聞いてみたい気もするけれど、こんなことで電話したらヒンシュクですよね。メールならいいかなあ(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2012-08-08 21:59 | どうでもいいこと

インコのピーコ

 みなさま、ゴールデンウィークをいかがおすごしですか。私は、普段やっていない家事などをしながら(といっても、衣食住のうちの「食」のみ。あああ、背後から茶太郎の「「住」を何とかしてくれ」という叫びが。でも聞こえなかったことにします)、地道に仕事などをこなしております。少しでも「備蓄」をしておかないと、またGW明けからの地獄の日々を乗り切れないような気がするので。
 今日の夕方のニュースで、逃げたセキセイインコが自分の住所・氏名を言えたので、無事に持ち主のところへ帰れた、という話をやっていましたね。そういえば前にも同じようなことがあったなあと思って、自分のブログを検索してみたら、5年前のエントリが出てきました。→「私だって!
 残念ながら、新聞記事そのものへのリンクが切れてますが、主人公は、今回と同じくインコのピーちゃん。今回のニュースの飼い主の人が「前も飼っていたインコを逃がしてしまったことがあったので、住所を覚えさせていた。帰ってきてくれて本当に良かった」とおっしゃっているのですが、あっちもこっちもピーちゃんなのが、なんだかおかしいです。まあ、私もインコ——にかぎらず小鳥——を飼ったら同じような名前つけそうな気はしますが。5年前のニュースはブログのエントリの日付が4月の初めになっていますが、この時期って、セキセイインコが愛とフリーダムを求めて旅立つことが多いんでしょうか。とりあえず、私は自分の名前と住所は言えるので、迷子になっても大丈夫だと思います。

 最近、どうでもいいことは日常的にツイッターで、その他、たまーにフェイスブックでブツブツとつぶやいております。ツイッターは、こちらと同じ「ぴーこ @brandywine_p」でやっていますので、よろしかったらどうぞ。フェイスブックのほうは、ほとんどほったらかしですが、実名曝してやってますので、リアルの私と面識のある方はお友達申請してくださいませ。
[PR]
by thebrandywine | 2012-05-02 21:24 | どうでもいいこと
 このたび弟がようやく結婚する運びとなりまして。
 で、私も結婚以来、茶太郎の2人の姉たちには(あのパワフルな母親にこのチビッコ嫁ではさぞかし大変だろうということで?)ずいぶん気遣ってもらったので、ここは世代を超えた恩返しとして「よき義姉」たらんと心に誓ったのでした。その決意を茶太郎に披瀝すべく「あたしも、茶太郎の姉ちゃんたちをお手本に、いいお義姉さんになるー!」と口走ったところ、茶太郎からは「あんなん見習わんでええ!」とストップがかかりました(笑)。
 ちなみにタイトルの「概念矛盾」云々は、敬愛する年長の友人に言われたことの応用編。私が「いい姑」という言葉を口にしたら、即座に「何言ってるの。世の中に「いい姑」なんているわけないじゃないの!」と切り返されたのでした。たしかにそれはそうかもなーと思ったのでした。
[PR]
by thebrandywine | 2011-08-04 23:21 | どうでもいいこと
 民主党の松木農水政務官が辞任するそうで、マスコミは辞任の理由を首相の政権運営への不満だとみているようですが、いいなあ、トップの組織運営が気に入らんっていう理由で辞めちゃえるんだ。でも、別に国会議員まで辞職するわけじゃなくて、辞めるのは政務官のポストだけなんですよねぇ。いいなあ、いいなあ。

 (ごめんなさい、現在少し荒れております。笑)
[PR]
by thebrandywine | 2011-02-23 21:55 | どうでもいいこと

荷物が・・・

 北海道旅行の最終日は、泊まっていた札幌から旭川に移動して旭山動物園をみて旭川空港から帰ってきたのですが、荷物は、——動物園のコインロッカーが空いてないんじゃないかという気がしたので——札幌のホテルから自宅宛に宅配便で送ったのでした。業者はクロネコちゃん。指定した時間に届かなかったり、そもそも集荷所で積み忘れをしたくせに問い合わせに対して連絡を全然よこさないなんていう業者が出入りの業者だったらやだなーと思っていたのですが、そんなことにならずにラッキー。
 しかし他方で、札幌のホテルで配送の受付をした若い女性の要領の得ないモタモタぶりがこの上なく素晴らしく(笑)、我慢強い茶太郎が「彼女は自分で宅配便を送ったことがないのかなあ」とあきれるほど。複数口での送付なので料金の割引があるはずなのに、その点の説明もなく、でも、ここでゴチャゴチャもめて旭川行きの特急に乗り遅れたらもっと大変なので、一抹の不安をかかえながらも口は出さずさっさと手続きを終えることに専心しました(下の名前が私と一緒だったので「名前が悪い」という結論に落ちつきました)。今日の午前中の時間指定。

 そして今朝、洗濯するのに遅すぎない時間にインターホンが鳴り、「これでまとめて洗濯できるぞ!」と思ったのもつかの間、届いたのは2個送ったうちの1個だけ。もう1個はまだ基地に届いていないんだとか。この遅配の原因はいったいどこにあるんだろう、ホテルかヤマトか、どっちに問い合わせして文句言ってやろうかしら」と手ぐすね引いていたら、ほどなく電話が鳴りました。
 電話は札幌のヤマトから。内容は、荷物の配達が遅れていることのお詫び、その荷物が午後には届くことの説明と再配達をするのに都合のいい時間の問い合わせでした。原因は、集配所で生き別れになったあげく、届かなかったほうの荷物だけ別の中継基地へ誤送されてしまったということでした。丁寧でいてテキパキと無駄のない対応で、ただ謝りまくってすませようなんてことはなく、責任転嫁とか隠蔽といったものを感じさせる契機もなく、とても気持ちのいい応対でした。

 ヤマトでも誤配・遅配は避けられないんだなあ、と思ったわけですが、やはりその後の対応がヤマトらしいとでもいえばいいのでしょうか。常日頃、事故が起これば必ず紛争になるわけではない、事故の後の対応しだいでそれが紛争のレベルにまでこじれるかどうかが決まるのだと感じているのですが、この事故後の処理がきちんとできるかどうかに企業の体質が現れてくるような気がします。コンプライアンスなんかもかなりきっちりしているんだろうなあ。

 さて、せっかくなので(?)、複数口の割引がちゃんとされていたかも聞いてみると、それについてもちゃんと調べてから連絡をくれ、丁寧な説明がありました。やはり割引がされていないことが判明したので(ホテルの担当者が二重に間違いをしていた。やっぱり!)、残りの荷物の配達の時に200円(荷物1個あたり100円の割引)を返してもらえることになったのでした。
 ちなみに、ホテルの担当者が二重に間違いをしていた、というのは、(1) 私たちが送ったうちの1つはボストンバッグタイプのキャリーバッグ(120サイズ)だったのに、スーツケース扱いにしてしまった、(2) スーツケースの場合は、3辺の合計が160とか180とかいった大きなものでも120扱いにするので(つまりここですでに割引サービス的なものが含まれている)、割引の対象となる複数口の伝票で送ってはいけないのに、複数口に含めてしまった、というもの。やっぱり彼女、下の名前が悪かったのかしらね。
[PR]
by thebrandywine | 2011-02-02 21:49 | どうでもいいこと
 きのう北海道から帰ってきました。欲望の赴くまま飲みまくり食いまくり、あとから悔いまくるという毎日でしたが、今日から平常モードです(涙)。今日は、会議にひとつ出るほかは基本的に待ってるのが仕事。冷え込みの強かった仕事場の足元に電気ストーブをセットして、年末から仕事場のパソコンと相性が悪くなっていた外付けHDDを思い切ってフォーマットしてもう一度必要なファイルを移動して、その合間にちょこちょこと仕事して、社会復帰するにはほどよいペースの1日だったかも。

 旅行中は、前半はこのブログに、後半はツイッターにぽちぽちとつぶやきをアップデートしていました。ツイッターもやってみると、私のような人間にとっても気軽なメモとしての機能は少なくともありそうで、それなりに面白かったのですが、要するに、「あ!」と思いつくと、茶太郎を横に待たせておいて携帯電話をポチポチといじる、というパターンで、これって人と一緒にいるときにメールの読み書きをするという私のあまり好まない風景じゃないか、ということに気づき、日常生活ではやっぱり「つぶやく」ことは基本的にはしないでおこう、と思いました。
 四六時中(というほどでもありませんが)発信するという行為をしていると、生活を何か別のものに乗っ取られるような気がして、どうも気持ち悪いというのもあります。コミュニケーションのあり方だけでなく、私生活そのものの軸が本来あるべき場所とは違う場所にずれてしまうというか・・・。これは、コミュニケーションツールにかぎらず新しい手段一般が不可避的にもつ性質なのかもしれませんし、そういった外的要因を完全に捨象した「本当の自分(の軸)」というのはいったい何なのか、そんなものが本当に成立しうるのかと問われれば答えに窮するわけですけれど。
 まあ、そういった難しい問いはあまり考えないことにして(笑)、イベントのときの「特設メモサイト」(←何だ?)的に使うのが、私にとっては「自分」を見失わずに楽しめる、ほどほどなあり方なのかな、と感じています。
[PR]
by thebrandywine | 2011-02-01 17:26 | どうでもいいこと

iPodからテスト

投稿テスト!(←ここまでiPodで投稿)

 iPohone、iPod用の投稿アプリをゲットして、これで携帯メール以外から投稿できるぞ、と喜んだのもつかの間、投稿時間がじっさいよりもちょうど9時間ずれて表示されることに気づきました。ということは、このアプリの時間はiPodからは取得せずにGMTに連動してるってことなのかしら。あとから修正可能なので、取り返しのつかないバグではないんですが、めんどくさい〜。
 今夜から寒いところに出かけます。アカウント取得したものの放置しているツイッターでつぶやいてみるか(いや、リアルライフでは、ブツブツと文句ばっかつぶやきまくってますが。笑)、iPodから実況中継してみるか、考え中。でも、iPodから投稿する以上、どっちも写真は送れないんですよね。
 ・・・と、脳内だだもれ状態のエントリを書いてますが、ただでさえ思考過程垂れ流しの傾向が強い私のような人間は、つぶやきツールは使わないほうがいいのかも、なんて別のことを考えたり。

 多分つぶやかないと思うけれど、放置されているツイッターはこっち
[PR]
by thebrandywine | 2011-01-27 12:03 | どうでもいいこと

ほーむ大臣

 やっぱりそうだったんだな、と思いました。

「個別案件についてはお答えを差し控えます」
「法と証拠に基づいて適切にやっている」


 代々の顔ぶれを国会中継やニュースで見ていて、「(このおじさん/おばさんに務まってるくらいなんだから)法務大臣くらいなら私にもできるかも。人望と体力さえあれば」と思ったことが何度かあったのですが、その私の感覚、ある意味では間違ってなかったのかも、なんて思いました(基本的には大間違いですが。笑)。代々の内閣では、誰でも務まる楽なポジションという感覚で担当者が割り振られてきたのでしょう。

 それにしても、今回のほーむ大臣、「友人の友人がアルカイダ」とか「死刑執行は乱数表で自動的に」とか、わけのわからんことを言っていた人と妙に風貌が似ているような気がします。
[PR]
by thebrandywine | 2010-11-18 13:33 | どうでもいいこと

少し驚いたこと

 先日あるスーパーで買い物をしたときのこと。
 合計296円の買い物だったので1,006円出したところ、大学生のバイトと思しきレジの青年が私の出した千円札を五千円札だと勘違いしたらしく(レジも打ち間違えて)4,710円の釣り銭をくれようとした、ということがありました。一瞬顔をのぞかせた“ぴーこブラック”を秒殺したのちに(笑)正直に申告したのですが、そのあとえらく時間がかかったのに驚きました。
 余分に出した千円札4枚を引っ込めて、おつりは710円。以上。というのを想定していたのですが、レジの彼はとっさにその計算ができなかった様子だったので、口頭で「千円と五千円を間違えたのだから(差額の4,000円分を差し引いて)、私が710円だけもらえばいいわよね」と説明したものの理解してもらえず。「1,000引く290で710よね」と言ってもダメ。頭の中が真っ白になっていたっぽい。
 この事態はどのように収拾されるのだろうかと不安になりかけたところ、レジの彼は、いったん私が手にしたレシートを奪い取って、「僕、こういうの苦手なんで」と言いながらレシートの裏にボールペンで「1,006-296=710」の筆算(積み算)を書き殴り、そのレシートとともにようやく私におつりの710円をくれたのでした。
 私も子供の頃は暗算がとても苦手で筆算一辺倒のクチだったので、「1,006-296=710」を積み算でしたその青年を責めたりバカにしたりするつもりはないのですが、4,000円の間違いなんだから千の位を消して完了、とか、一の位の「6」を消して計算するとか、そういった工夫なしに計算が開始されたことに驚きを覚えたのでした。面倒なことを減らす工夫なしに頭から全部こなして日常生活を送っているのだとすると、何につけてもいちいち大変だろうなあ、と。
 そんなことをつらつらと考えつつ駅前からバスに乗ったのですが、こういう場合には、もう一度レジを打ち直そうとして最初の記録の取り消しの方法がわからずに右往左往してまたまた時間がかかってイライラする、という最悪の事態すらも予想されたわけで、この青年の場合、開き直ってレシートの裏で自力で筆算を始めたというのは、少なくとも自分自身のことを自分でよくわかっていたうえでの選択だったわけで、まだましな状況だったのかもしれないなあ、とも思ったのでした。
[PR]
by thebrandywine | 2010-11-01 21:38 | どうでもいいこと

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine