THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:どうでもいいこと( 61 )

どんな意味が・・・?

 太郎くんはローマ近郊での「はじめてのおつかい」から戻ってきたようですが、わが家の茶太郎くんは、金曜日からNYでおつかいしてます。

 さて東京では本日、明日の渡世、もとい、都政をになう都議選がありましたが、私も投票所に行ってきました。午前中に、ぷらぷらと散歩がてら。
 私がいつも出かける投票所の出口のところには、国政選挙のときも地方選挙のときも、累計の投票数と投票率が表にして掲示してあります。都下どこの投票所でもそうなのか、八王子市選管独自のやり方なのかわかりませんが、1時間ごとに集計した数字が手書きしてあります。私が投票したのが11時ちょっと前だったので、3時間分のデータがあって、午前10時現在の投票率は10パーセントくらいだったような。
 で、これについて、ちょっと疑問に思ったことが。
 掲示に書いてあるのは、1時間ごとの男女別の投票数と総投票率。これまでチラ見して「ふーん」と通り過ぎるだけだったのですが、今日はじっくり見てみました。
 男女別の投票数の1時間ごとの推移を見ると、最初の1時間では、投票済み票数の男女比が3対2くらいだったのが、だんだん女性の数が増えていって、3時間経過したところでは、男女比は4対3になっていました。この数字を見ていると、日曜日とはいえ朝早くは、家事一般、とくに部活や塾のある子供を送り出したりするのに女性は忙しくて、こういう投票行動になるのだろうなあ、なんて像が浮かんできたりはします。
 まあ、その程度に興味深くはあるのですが、でも、投票数を男女別に掲示することに、いったいどんな意味があるんでしょうね。そもそも、この地区の選挙権を持つ男女の数が掲示されているわけでもなく、男女別の投票率がわかるわけではない。まあ、ニュータウンで単身者は少ないでしょうから男女比は1対1と想定したとしても、なんで男女別に表示する必要があるんでしょう。
 いろんな属性別に投票行動を分析して投票率向上に役立てるということは、選挙制度の実施をあずかる部署に当然に求められることだとは思うのですが、でも、性別って、それほど決定的な属性かしらん。年齢とか収入とか既婚か未婚かとか、投票行動を規定する属性というのは、ほかにもっとたくさんあると思うんですが。性別を分析対象とするのはともかく、それを、それだけを、中途半端な生データの状態でさらすというのは、ちょっと安易すぎるんじゃないの、と言いたくなります。
 幼い頃から、何はともあれまずは「男子」と「女子」とに分けられた状態で育てられてきた私たちが陥る思考の罠なのでしょうね。分析に使うわけでもないのに、とりあえず性別を書かせるアンケートってよくありますし。もちろん私自身もこの安直な罠から自由なわけではないのですが、選挙だって税金を使ってやるわけですから、自分たちのすることの意味をちゃんと考えてからやってほしいものだと思ったのでした。

 えーと、私の吠えっぱなしで終わるのも何なので、通りかかった駅前で見かけた「テレビで見る人」たちの写真でも。どっちも飛び出し系の自民系ってのが何ですが。
 NHKの速報によると、1枚目の候補者は落選で2枚目の候補者は当選だそうです。2枚目に写っている、例のアルカイダのともだちのともだちだという元大臣は、「私は兄と違って愚直で不器用」とか言いながら上手に話をして、思う存分吠えたら黒塗りのベンツで疾風のように去っていきましたとさ。

e0110925_22534613.jpg


e0110925_22535539.jpg


 しかし、政治家の方々、街頭で生で見ているときには、笑顔で人心に訴えているという印象だったのですが、こうやって写真を撮ってみると、みなさん笑ってないですねー(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2009-07-12 22:36 | どうでもいいこと
 バスを降りたところで会った人に、「夏は来ぬ、だね」と言われて、心の中で「でも、まだ、ホトトギスが・・・」などとつぶやいていたぴーこですが、夕食後にお茶を飲んでいたら、開け放した窓から、近くの公園で「特許許可局!」とさえずっている声が風と一緒に飛び込んできました。
 そういえば、今日は朝の散歩の時に、桜の木のてっぺんから「一筆啓上奉り候」という声も初めて聞こえてきました。

 さて、自分に理解できない行動パターンを目にして、「まったく、いまどきの若者は」と中高年が嘆くのがお約束のパターンですが、その逆に、「本当にイマドキの年寄りってば!」と叫びたくなるときって、ありませんか。乗り物(とくに電車)の中での携帯電話のマナーなんかがその代表例かと思いますが、私がここ数年怒りの炎をめらめらと燃やしているのが、駅前広場への買い物用カートの放置。
 私が利用する駅前のバスターミナル周辺には、スーパーから持ち出された買い物用カートが、常時、少なくとも数台——ひどいときには十数台——放置されています。お店の人がときどき片付けているでしょうから、実際に持ち出され放置されているカートの数はもっと多いものと推測されます。時にはその「犯行現場」も目撃することになるわけですが、今日見かけたのは、いやいや、すごかった。
 「犯人」は、70歳前後と思われる小柄な女性だったのですけれど、まずは、バスを待ってベンチに腰掛けていた私の目の前を、「どうやったらこんなにすごい音を立ててカートを押せるのだろう」というくらいの音をたてながら通り過ぎていきました。さらにすごかったのは、そのあと。まだバス停まで30メートルくらい距離の残っているところで、向こうに止まっているバスが発進しようとして右のウインカーを出したところ、どうしてもそのバスに乗りたかったのでしょう、その人物はカートを押しながら走り始めたのでした。それも、ものすごいスピードで。「そんな元気があるなら、カートなんか持ち出さずに自分で荷物持って歩けよ!」とツッコミを入れたくなるくらいの。
 しかし、そんな必死の形相が気づかれることもなく、バスがそのまま発進しようとしたので、心の中で「けっ、ざまあみろ」と毒づいて溜飲を下げかけた、まさにそのとき・・・。
 さらに後ろから、同じバスに乗りたかった男子高校生が猛スピードで走ってきて、発進しかけたそのバスを止めてしまったのです。その間に、暴走カート婆さんも追いつき、結局バスに乗れてしまったのでした。バス停には、残されたカートがぽつん。ちっ、せっかく天罰が下ったと思って溜飲を下げかけたのに。
 どうしてこういうことになっちゃうんでしょうね(こういうときに「ざまあみろ」だの「ちっ」だのと思うぴーこが人としてどうか、という話はさておき)。いわゆる「公共心」の欠如というやつが原因ではないかと思うのですが、それはやっぱり郊外のニュータウンだから、なんでしょうかね。もう少し狭いコミュニティであれば、チェックが働き、その後の制裁(レピュテーション・リスク)が有効に機能するところが、そうはいかなくなっているという。
 「いまどきの若者」の、たとえば、電車内での飲食や化粧というのも、私自身はものすごくイヤなのですが、彼らの場合、そもそも、電車内がそういうことをしないほうがよい「公のスペース」だという意識が欠如している、つまり、知らない、というのが原因なんじゃないかという気がします。まあ、その意識を変えるというのも、それはそれでとてもエネルギーのいる大変なことだとは思いますが(「知らない」のではなく「理解できない」という可能性もありますから)、でも、知らないのだとすれば、教れば改まる可能性がないわけでもありません。
 それにくらべて、高齢者のカートの放置は、これが「してはいけないこと」だということを知らない、という可能性は低そうですよね。ということは、原因は、「人が見ていなければ何をしてもよい」的な発想が根底にあること、ということになりそうです。ときおり、「そのカート、いったいどうするつもりよ。あとで誰が片付けると思ってんのよ。だいたい、なんで自分だけそれが許されると思えるわけ? え? え?」と詰め寄りたい衝動にかれますが、こういう人にはきっと何を言っても無駄なんでしょうね。かえって逆ギレされるのが関の山のような。
 放置カート、以前は、時々ぽつん、ぽつんと放置されるのが目立つ程度でしたが、このところ常態化し、台数も増えているような気がします。スーパーにもおそらくは苦情がきているはずで、駅前にはその旨の張り紙もありますし、ときどき従業員の人が回収にきているのも見かけます。私自身も、いちど、乗りたいバスまで時間があったので、イライラの種を数台まとめてお店に持って行ったことがあるのですが、「この人何してんの」的な視線が刺さってくるような気がして、結局これは一度きりでおしまいになりました。
 何かうまい方法はないものでしょうかね。
[PR]
by thebrandywine | 2009-06-02 22:59 | どうでもいいこと

本名

 「自己啓発セミナー」(←カギ括弧つきです!)に参加してマインドコントロールされて多額の費用を払ってしまった人たちが裁判を起こしていた事件、きのう控訴審判決が出たのだそうですね(損害賠償額1,500万円余)。
 で、そのニュースで初めて知ったんですが、訴えられているX JAPANのボーカルのTOSHIは、本名を「出山利三」っていうんですねー。いや、こっちはどうでもいい話なんですけれどね。ふーん、へー、って感じ。今の私、多分すごく意地悪い顔をしてるんだろうなあ(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2009-05-30 23:21 | どうでもいいこと
 なんでも、土日祝日だけでなくお盆の平日も1,000円で乗り放題にすると国交省が決定したそうですが、何か間違っているような気がします。この割引制度でどっと人が高速に押し寄せて集中による大渋滞→その間、大量の自動車から大量のCO2が排出という構図になるのは間違いないわけで、少なくとも(それが正しいかどうかはともかく)「エコ」という時代の流れには逆行しているのではないかと。いったいどんな経済効果があるんだか、いまだによくわからないぴーこです。
 まあ、そんな大上段に構えたことを言わずとも、お盆の長距離移動で疲弊する立場からすれば、1,000円で大渋滞になるのなら、1桁違う正規料金のままでかまわないから渋滞しないでくれたほうがよっぽどありがたいですなー。例年、なるべくお盆の3日間をはずして、できれば世間の車の流れとは逆の方向に移動するように心がけていますが、今年のお盆は、いつもにまして念入りに作戦を立てねば。
[PR]
by thebrandywine | 2009-05-14 22:47 | どうでもいいこと

「バルブ(bulb)でバブル(bubble)」

(失礼しました。。。)


[PR]
by thebrandywine | 2009-04-25 09:44 | どうでもいいこと

「ふろ」つながり

 以前作成した書類(ワードファイル)を参照したくて、パソコンのフォルダやら、メールの送信記録やら、それらしい場所をあちこち探していたのですけれど、どうも見つかりません。「あれれー?」とか言いながら探し続けていたところ、茶太郎が部屋に来て一言。「ぴーこ、風呂はいった?」

 ん・・・ふろ? そうだ、思い出した! 書式がフロッピーディスクで送られてきたので、それに書き込んでバックアップをとらずにそのまま送り返したのでした(どうりで見つからないはずだ)。

 茶太郎、どうもありがとう。あなただけが頼りよ。
[PR]
by thebrandywine | 2009-04-13 23:58 | どうでもいいこと
 というわけで、さっそく申請書に記入をしたわけですが、作成手順を読むと、
通帳やキャッシュカードの写し(金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)が分かるもの)を申請書裏面に貼付けてください。
と書いてあります。
 これらの情報、すべて申請書に手書きで記入することになっているのですが、どうして、同じ情報を二重に提供しないといけないんでしょうか。「写し」は、記入に誤りがあった場合にそなえての確認用なのでしょうけれど、だったら、およそ誤りのありえない「写し」だけでいいじゃん、なんで両方出さなきゃいけないのよ、と思うんですが。

 「念のため」のために申請者全員にこの手間を強いるには何か理由があるわけで、これは、すでに何件も起きている「定額給付金詐欺」を防止するのに必要なコスト、ということなのでしょうね。つまり、口座情報に齟齬があった場合に電話を確認の手段としないためということなのでしょう。で、どうしても不明な点が残る場合は、市の職員が該当するお宅を個別に訪問するしかないけれど、その件数は必要最小限に抑えたい、と。
 「受給について」のチラシの末尾の部分には、「定額給付金詐欺にご注意を!」とのタイトルのもと、「定額給付金の給付に関して市から電話で家族構成や名前、口座番号などの個人情報をお聞きすることはありません。また、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、給付のための手数料などの振込を求めることは、絶対にありません。」との注意書きがあります(問題は、こういう注意喚起の主たる対象として想定されている人たちが、はたしてこの注意書きを読んでくれるかというところですが)。振り込め詐欺のせいで、全市民——というか、きっと各自治体も歩調を合わせているんじゃないかと思うので、全国民という可能性もありますが——がこのようなコスト負担を強いられるというのは腹立たしいですね。まあ、犯罪というのが、そういうものなのですが。

 とまあ、今回の手続きが自治体の苦渋の決断の結果に違いなく、そもそもこの制度自体が政府の気まぐれというか思いつき(笑)で、自治体にしてみれば忙しいときに業務が降ってきたというところでしょうから、まあ、しかたないかな、と思いつつも、ちょっぴり釈然としない気分のぴーこなのでありました。めんどくさー。
[PR]
by thebrandywine | 2009-03-29 23:14 | どうでもいいこと
 ICカード乗車券、私は関東地方ではおなじみの「パスモ」のお世話になっていますが、過徴収のニュースがあったりすると自分のは大丈夫かしらんと心配になりますよね。

 そんなわけで、私も久しぶりに自分のパスモの履歴照会ページを見てみたのですが、以前から感じていたのが、徴収が間違っていないかどうかのチェックがすごくめんどうだということ。じっさいに差し引かれた個別の運賃が載っていないのです。もちろん、自分で残額の差額を計算して1回1回の徴収金額が正しかったかどうかをチェックすることは(理論的には)可能なのですけれど。
 さらに、かりにめんどうな計算をするとしても、上の数字から下の数字をひくという作業なら視覚的にも慣れているので、いちおう見てみようかという気になるかもしれませんが、新しいデータが上にきているので——もちろん履歴の表示方法としてはこちらのほうが合理的なんですけれど——、めんどくささがさらに倍増。理論的には可能でも、根性なしの私にはムリです。すぐに挫折します。180円とか340円とかいった個別の運賃なんて、プログラムを組みさえすれば簡単に画面上に出せると思うんですけれどね。昔のパスネットだって、下一桁を省略するという工夫をして、引き落とされた運賃が裏面のあの限られたスペースに記載されていたのに。
 もちろん、自分でするのが面倒でも、僕(しもべ)のエクセルにやらせる(サイトの一覧表をエクセルにコピペして計算する)という方法もありますが、何の印なのか、残額の前にいちいち半角のアステリスク(*)がついていて、これまためんどくさいったらありゃしない。エクセル上で一括で「*」を消すうまい方法が見つかりません(たぶん「*」だからうまくいかないんでしょうね。他の文字だったらよかったのに。こっちは面倒だけど手作業でひとつひとつやってみました)。

 で、このことを要望として出してみようと思い、下のほうにものすごく小さい字でリンクのはってある「お問い合わせ」の文字をクリックしてみてたのですが、
PASMOに関するお問い合わせは、PASMO取扱業者の駅・バス営業所にお問い合わせください。
ですって。ああ、そうですか、そうですか。orz

 普通ならこの種のリクエストって、そんなにコストをかけずに実現できるものについては、まともな業者ならわりあいすぐに実現してくれそうな気がするのですけれど、今回のこの問題を個別の運送事業者に言ったって実現可能性はきわめて低そうです。というか、まったくの筋違いですよね。そもそもパスモの制度(というか(株)パスモ)じたいが、地方の弱小バス会社なんかが負担が大きいからと参加に二の足を踏んでいたのを説き伏せて「えいやっ」と作ったものだったというような記事をどこかで読んだ記憶がありますが、(株)パスモ本体に制度についての質問や苦情の受け皿がないなんて、会社としてものすごく無責任なんじゃないでしょうか。

 もしかしたら、過徴収を発見されないように、わざと使いにくい画面設計にしたうえで、問い合わせ先についても遮断するという姑息なことをたくらんでいるんじゃないかなんて気がしてきました(笑)。とりあえず、ここ3ヶ月については過徴収などはありませんでしたけれど。
[PR]
by thebrandywine | 2009-03-21 21:21 | どうでもいいこと

「変身」

 今日は、きのう買ってきた麩まんじゅうをいただきました。「抹茶あん」入り。麩餅に移った笹の葉の匂いとあんの抹茶の香りがマッチして、たいそうおいしゅうございました。

 と、うんちくたれながら美味しいものばかり食べているせいか、自分自身(のおなかのあたり)が、大福餅か麩まんじゅうになりつつあるような気がします。バチがあたったかなあ。気のせいだといいのですけれど。
[PR]
by thebrandywine | 2009-03-17 23:57 | どうでもいいこと
 茶太郎が面倒な事態に我慢強く対処しているのに感心した職場の同僚Aさんと茶太郎の会話。

 Aさん:いやー、それにしても茶太郎さんはエライね。
     オレなんて話を聞き始めて3分目でキレたよ。
 茶太郎:ボクは30分は我慢しましたよ。
     ってことは、ボクはAさんの10倍オトナだってことですよね。

 そうか、オトナ度はそうやって計測するのか。ふむ。
[PR]
by thebrandywine | 2009-02-25 21:47 | どうでもいいこと

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine