THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:近くにお出かけ( 16 )

 地域でご縁のある方が写真の個展を開催されているというので、都心で所用のあった昨日、拝見してきました(「鎌倉処々 三十六年の歳月」鈴木秀夫写真展)。
 36年前、20代半ばに撮影した鎌倉を、定年退職を期に再訪、同じ場所、同じアングルで撮った2枚を並べて展示するという趣向。この36年の間には、女性の一人旅ブームと結びついた鎌倉ブームがあって、鎌倉がずいぶんと小綺麗になったはずで、中にはたしかにその種の変容にびっくりさせられる写真もありましたが、多くについてはむしろ、鎌倉という場所柄ゆえか、驚くほど変わっていないな、というのが率直な印象。あるいは、そもそも観光ブームなどで大きく変貌するような風景が当初の被写体として選ばれていなかったせいかもしれません。
 上に書いたようなことは、「作者の制作現場から」にも書かれていて、私自身も上記の観点で写真展を楽しんだわけですが、ひとつ印象的だったのが、樹木の存在。ばっさりと切り取られた樹木もあれば、そのまま成長を遂げている樹木も。36年前にはひょろっこかった細木が、歳月を経てどっしりと頼もしい大木になっている場所もありました。
 さらに、私の心を強く揺さぶったのが、2枚の写真を隔てる36年の歳月というのが、写真家ご自身にとってどのようなものだったのだろう、という思いでした。「鎌倉」という場所に関しては、36年の歳月=空白の時間ということになりますが、2枚の写真の間には、毎日毎日を懸命に実直に生きてきた実感と、それを積み重ねてきた己に対する自負があるのではないかと・・・。
 自分がその年齢になったときに、同じような自負と感慨をもつことができるのだろうかと、若い頃恩師に「君は蔵が建たない人だね」と予言された私には、オノレの人生についても真面目に考えさせられ、ちょっぴりほろ苦い写真展ともなったのでした。
 ・・・とまあ、写真展もよかったのですが、受付をされていたお連れ合いが春風のようにチャーミングな方で、お目にかかれたことが今回のもうひとつの収穫(?)でした(今度お会いしたら、いろいろ聞いてみようっと!)。

 「鎌倉処々 三十六年の歳月」鈴木秀夫写真展は、新宿東口のコニカミノルタプラザで5月29日(金)まで。お時間のある方は是非ごらんください。ギャラリーの1階上にはタカノフルーツパーラーもあります(私は、待ち時間30分にめげて残念ながら食べ損ねましたが)。
[PR]
by thebrandywine | 2009-05-24 23:58 | 近くにお出かけ

夏場所

 両国で、大相撲の夏場所をみてきました。

 「○○ちゃんと●●ちゃんと一緒に出かけるから晩ご飯は自分で作って食べてね」と茶太郎に言ったところ、いつもは私を喜んで送り出してくれる茶太郎(←留守中によからぬことをしているに違いない!)、不在の理由が相撲観戦だと知ると「ずるーい!」、「4人そろえばマス席だよ」、「そんなにデブの男の裸が見たいのか!」(←そんなのは、家で毎日みてます)と抵抗を試みておりました。しかし、残念ながら茶太郎はお留守番。

 両国の駅前から国技館のほうを見ると、おすもうさんたちが建物に入っていくのが柵越しに見えます。さっそく白鵬に似たお相撲さんを発見。あとで友人に「白鵬みたよー」と言ったところ、横綱・大関は、その通路を通らずに直接に建物に入っていけるようになっているのだと教えてもらいました。私が白鵬だと思ったのは別のおすもうさんだったようです。

 いちばん安いイス席C(3,600円)がすでに売り切れだったので、イス席B(4,900円)を買って入場。チケット確認の向こうに長いテーブルがあって係員の人がいるので、東京ドームでやっている持ち物チェックかと思ったら、アルコールがおいてあって、手の消毒をしなければならないようになっていました。こんなところにも新型インフルエンザの影響が。
 入場後、相撲博物館(博物館といっても、広めの1部屋だけですが)を見学。今年は明治42年に常設の国技館ができてちょうど100年だそうで、国技館の歴史についての紹介がしてありました。常設館の開館前はお天気の影響を受けていたんですねー。
 見学したあと建物の外に出て(といっても敷地の中)、「出勤」してくるお相撲さんたちをみて楽しみました。

e0110925_1221481.jpg


 安美錦と豪栄道。ほかに姿をみることのできたおすもうさんは、時天空、普天王などなど。

 敷地の入り口の守衛室前には、やっぱり消毒のためのアルコールのボトルが。

e0110925_122409.jpg


 手をこすり合わせて消毒しているのは、ロシア出身の阿覧。

 初めて生でみた相撲は、やっぱり迫力がありました。「マス席の後ろのほうよりも、イス席の前のほうがずっとよく見えるよ」とは、相撲をよく見ている友人の弁なのですが、本当にその通りで、2階の正面だと、土俵の上での力士の動きだけでなく、花道の様子などもよく見えてなかなか面白いです。普段テレビで見ているのとは違う角度で、動きの早さなどもテレビで見ているのよりもずっとリアルに感じられます。
 テレビ中継といちばん違うのは、音の響き方でしょうか。呼び出しの前の拍子木の音、力士が気合いを入れて体をはたく音、清めの塩のついた手をまわしでパンパンとはたく音。音がすっと上に上がってきます。あとは、盛り上がってきたときの館内の一体感。
 生で見てもテレビで見ても、おすもうさんの大きさは変わらないはずですが、生で見るとやはり山本山の大きさは目をひきます。あの大きさは反則ですね(笑)。それにくらべて豪風のちっちゃいこと。能代の二ツ井中学の子供たちが修学旅行か何かで来ていて、みんなで声をそろえて「たーけーかーぜーー!」と声援を送っていましたが(豪風は秋田県出身)、ころりんとあっけなく転がされてしまい、残念。
 取り組み自体は、この日はあっけなく勝負のついてしまうものが多くて、チーム・ジャパンもなんだかあまり勝てず、勝負としてはちょっと物足りない感じの日でしたが、生での相撲観戦は迫力・臨場感にあふれとても楽しいものでした。よく相撲を見ている友人に、たんなる知識ではなくて、観戦するときの目のつけどころ的なことをいろいろと教えてもらえたような気がして、楽しさ倍増でした(どうもありがとう!)
 というわけで、次の9月には茶太郎を連れて行ってあげようと思います。

 国技館を出て飲みに行く前に、近くの回向院を散策しました。鼠小僧のお墓があって、墓石を削ったものを持っていると、博打に御利益があるのだとか。ネットで調べたら、受験生にも人気なのだそうですね。

e0110925_1225478.jpg


 ちゃんと、削るための「お前立ち」が用意してありました。私は人生が博打みたいなものなので、削ってきませんでしたが。

e0110925_123734.jpg


 鼠小僧のお墓の前で、なぜか猫が番をしていました。ここで飼われている猫のようで、なかなか毛づやもよくどっしりとした品格がありました。ちょと目つきが悪かったけど。

 回向院から両国の駅前に戻り、お魚のおいしそうなお店で飲みました。
 自分たちの感覚と世間一般のマジョリティの感覚とのずれを認識しつつ、「それでも、これっておかしいよね」「たとえ気が進まなくても、これは世の中の構成員として果たすべき責任だよね」などと気炎を上げながら(?)、いやー、飲んだ、飲んだ。調子に乗って飲み過ぎました。最後のほうは、お互いかなり酔っぱらって言葉がすぐに出てこなくなりながらも、いい気分で楽しい時間を過ごしました。
 あまり強くない私にとっては、ちょっとやばい酒量でしたが、人様に迷惑をかけることもなく、電車を乗り過ごすこともなく、貧血寸前になりながらも無事に家にたどりついたのでした。
[PR]
by thebrandywine | 2009-05-20 23:57 | 近くにお出かけ

津久井湖

 今日もぽかぽかといいお天気。洗濯物がすぐにぱりりと乾くのがうれしいですね。早々に洗濯物を取り込んで出かけました。

 うーん、1日遅かったかな。
 
e0110925_22535082.jpg


 日当たりのいいところは、かなり散ってしまっていますが(手前)、遠景ならまだまだなんとか。

 津久井湖は、神奈川県の水源。すぐ横には城山があって、登れるようになっています。3年前に来たときに山頂の手前でめんどうになって(!)引き返してきて、そのまま制覇せずに今日に至っているので、いつか頂上まで行かなくちゃとは思っているのですが。

 その城山のふもとの斜面では、遊歩道沿いに、サクラ、ヤマブキ、タチツボスミレ(多分)、イチリンソウなどが気持ちよさそうに花を咲かせています。

e0110925_2254236.jpg


 遊歩道には、「イノシシ注意」の看板も。ぶひぶひ。

e0110925_22542779.jpg

 イラストのイノシシくん曰く、
* なるべく音をだしながら歩くと、
 ボクたちはこわがって出ていかないよ!
* 出会ったら、ゆっくりと静かに逃げてね!
 走っても、すぐに追いついちゃうんだ!

 なるほど。遭遇するまではにぎやかに、遭遇したら静かに、が鉄則ですな(そんな器用なことができるのか!?)。「ゆっくりと静かに逃げてね」と言われても、本当に出会っちゃったら、「ひえええええ」となりますよねえ、普通。

 気を取り直して、おさんぽ再開。あちこちにニリンソウが。

e0110925_22544037.jpg


 ニリンソウは、その名の通り2輪で一組の仲良し。でも、2輪同時に咲くほうが少数派のようです。たしかに、花期をずらしたほうが受粉の確率が増して合理的——だから淘汰の結果、2輪の開花時期がずれる遺伝子を持った個体のほうが多くなっている——なんでしょうけれど、それはぴーこ的にはちょっとさびしい(笑)。せっかく2輪1組になっているのだから、一緒に咲いて、ついでに話にも花を咲かせればいいのになんて思ってしまったり。

 まあ、でも、こんもりとかたまって生えているので、2輪同時でなくても、けっこうにぎやかなのかもしれません。

e0110925_2254491.jpg


 白い花びらのようなのは、花弁ではなく萼(がく)片です(と、図鑑の受け売り)。萼片の数は、「ふつう5個、まれに7個」だそうですが、まさにその通り!

e0110925_22545781.jpg


 遠くのほうは、春霞がかかって、ちょっといい感じ。
[PR]
by thebrandywine | 2009-04-10 23:26 | 近くにお出かけ

春でいろいろ

 昨日かなりの距離を歩き回ってヘトヘトになったので、今日は、とくに脚(足)の前側、足首周辺が筋肉痛です。暖かい春の日に目撃したものなどを、例によって箇条書きで。
  • 某駅前の某ベーカリーの前にさしかかったところ、店の外で白い調理服コックさん帽に身を包んだ男性が、書類を片手に若い女性となにやら真剣な面持ちで話をしていました。男性はペンを持って、書類に書き込み。通り過ぎるときにちらっと見えたその書類には、女性の写真が! 書類は履歴書、なんと、バイトの採用面接だったんですね。新生活を始めた大学生が、新しいアルバイトに挑戦するのでしょう。春ですね。
     それにしても、店の前、しかも駅前の人通りの多い場所で、立ったまま面接なんかすんなよー、と思ってしまいました。まあ、たしかに狭い店舗をフルに活かしておいしいパンを焼きたてで売っているお店なので(私もときどき利用しています)、面接をやる場所はなさそうですが。お店は、KB屋です。

  • 気を取り直してそこの駅ビルでお昼をいただきましたが、塩とオリーブオイルでシンプルに調理した菜の花と豚肉のパスタがとても美味でした。この取り合わせだと、ペペロンチーノにする発想もありえますが、そうしなかったシェフはエライ、と思いました。
     豚肉は、軽く燻製にしてあるので、脂が落ちてあっさりする一方、味に深みが出てきます(欲を言えば、燻製にする前にお肉に軽く塩をきかせてあったら、もっとソースとのなじみがよかったのになんて思いましたが)。菜の花は、甘みと苦みがぎゅっとつまっていて、「ああ、これぞ春の味」といったところ。私は菜の花が好きなのですが、少々お高いので、かき菜(からし菜)を買うことが多いですが、やっぱり味の濃さが違いますね。

  • 午後は、千鳥ヶ淵へ。もっとあちこちの桜を見ればいいのにと自分でも思いますが、5年前にアメリカから帰ってきたときに、4月の最初の週末に見に行ったここの桜が忘れられず、つい足が向いてしまいます。
     で、行くたびに向こう岸の桜の下でボートを漕いだら、障害物もなく思う存分桜を楽しめるのに、とこれも毎回思うのですが、次の花見までには忘れてしまっています。で、今回は、少し時間に余裕があったのでチャレンジしてみようかと思ったのですけれど、ボート乗り場は、いやいや、ものすごい長蛇の列でした。後ろのほうの人たちがボートに乗る頃には、夜桜になっているかもなんて思いながら通り過ぎました(夜、ボートを出してくれるかどうかわかりませんが)。次回は朝一番に行ってチャレンジしなくては!(???)
     その、ボート乗り場の上の展望台からみた、九段下方面。今朝のNHKのニュースでも、この角度での映像が紹介されていましたよね。映像を見ながら、たった一日でこんなにも咲き具合が違うものかと思いました。

    e0110925_2159179.jpg


     ところで、水際の斜面に植わっている桜が見事なのは、水面に向かって枝垂れるように枝が伸びていき、対岸の桜を上から見るシチュエーションになるからなのだと思いますが、今回、この角度が気になりまして。

    e0110925_22355593.jpg

     水面近くまでは、枝は斜面とほぼ平行に降りていきますが、水面近くになると、今度は水面と平行に枝が広がります。これって、桜が水面の高さを感知して枝が水に入らないようにしているということなのでしょうか。今回観察したところによれば、ときどき水の中にズボッと顔を突っ込んでいる、おまぬけな枝もありましたが、ほとんどの枝は水面のあたりでこらえている感じです。茶太郎は、人間が枝を切っているんじゃないかというのですが、私には、どうもそうは見えなくて。
     たとえて言うと、私たちが腹筋をするときに、床から5センチか10センチ足を浮かせて静止している、みたいな状態で、この体勢は、桜の身になってみるとかなり辛いんじゃないでしょうか。このへん、どんな感じなのか、機会があったら聞いてみたいです(?)。

  • 花見も無事に終了(?)したので戻ろうと思ったら、この日は武道館で某大学の入学式が行われていたそうで、その終了時刻とかち合ってしまいました。九段下駅は非常に混雑しているので半蔵門駅を利用せよ、とのアナウンス。棒になった脚にむち打って半蔵門の駅まで歩きました(いやいや、くたびれた。でも、春なのでしょうがないですね)。

  •  で、丸ノ内線に乗りたくて、半蔵門線→銀座線→丸ノ内線と2回も乗り換えるのも何なので、永田町から赤坂見附から、これまた足を引きずってt歩いたのですが、その歩いている途中で、「イモリ」(別名アカハラともいいますが)を発見。
     前を歩いていたお姉さんの服装が、グレージュのトレンチコート、黒のタイトスカートに黒の網タイツ、黒のスエードのパンプスというものだったのですが、このパンプスの靴底が真っ赤だったのですよ。それ以外の部分が黒色なだけに、この赤は目を引き、彼女が後ろ足を一蹴りする出すたびに、見ているこちらは、ビクッ、ビクッと反応してしまいました(笑)。というわけで、名付けて永田町のイモリ。
     自然界には、派手派手しい色によって捕食者に警告信号——「毒入り危険、食べたら死ぬで」——を送り生き延びようとする種がいろいろといますが、私の前を歩いていたお姉さんの真っ赤な靴底には、何か意味があったのかしら。少なくとも、キモの据わっていない肉食系男子を怖じ気づかせるだけの効果はありそうな気がします。履いている当人には靴底は見えないわけですが、ご本人がどこまでこのことを意識していらっしゃるのか、少々気になったりしたのでした(大きなお世話ですが)。
    [PR]
by thebrandywine | 2009-04-04 22:57 | 近くにお出かけ

お花見@麻生川

 今日は4月1日ですが、エイプリルフールのイベントはナシです。

 久しぶりにすっきりと青空がのぞいたので、先週末の隅田川に続いてお花見に出かけることにしました。冷たい雨が上がった翌日の風の強い快晴といえば、当然アレもたくさん飛んでいるわけですが、風が強いということは、桜のほうがラストチャンスかもしれません。アレごときにひるんでいる場合ではありません。
 場所は、小田急の新百合ヶ丘と柿生の間の麻生川沿いです。以前にいちどだけ、ずっと続く桜のトンネルらしきものを車窓から見かけたことがあり、ずっと気になっていたのですけれど、今回それを突き止めることにしたのでした。あえて詳しい事前情報はゲットせずに出かけます。

 とりあえず、新百合ヶ丘で小田急を降りて、川があると思われる方向へ歩いて行きました。途中、付近の町内の住宅地図が掲示されていたりして、何とかなりそうな雰囲気。最近は何につけても、ネットで地図などの事前情報を得て失敗しないように準備して出かけるのがデフォルトになっていますが、ぶっつけ、というのもなかなか楽しそうです。

 川が見えてきました。が、桜並木はどこにもありません。

e0110925_21435955.jpg

 しかし、橋に麻生川と書いてありますし、桜の絵が彫り込んであるので、それを信じて進んでいくことにします。
 もうしばらく進んでいったところで、桜を発見。最初は、それが自分の目指していた場所なのか確信を持てませんでしたが、小田急の高架らしきものが見えて、とりあえず、場所をつきとめるというミッションはクリア。

e0110925_2144914.jpg

 こんなふうに、なかなかいい感じであります。

 ところが、午前中はすっきりと晴れ渡っていた空が、私が駅を降りた頃から時々かげったりするようになりました。よりによって、太陽のあるあたりにこんな雲が!

e0110925_21441988.jpg

 逆光のため、かなり怪しげな空模様に写っていますが、ほんとはもうちょっと穏やかです。補正をして実際の空模様に近づけようかな、と思ったのですが、「なんで私がカメラ持って出かけたら曇るかなー」と、腹を立てていましたので(誰にだ。笑)、私の心象風景ということでそのまま載せておきます。

 日が差してくる一瞬を狙って、いじましく写真を撮っていました。

e0110925_22105677.jpg

 そろそろ、桜並木も終わりです。
 桜のある部分は時間にして、写真を撮りながらのんびり歩いて30分くらいでしょうか。このまま柿生の駅へ行って電車に乗ってしまってもよかったのですが、そんなに長い道のりでもありませんので、新百合ヶ丘まで戻ることにしました。

e0110925_227855.jpg

 川沿いには、小学生の書いた川の美化のためのポスターがたくさん展示されていました。この桜並木は、2005年4月に指定された川崎市の保存樹林(33号)だそうです。

 空き地を利用して、簡易トイレの用意もありました。
e0110925_21443790.jpg

 柿生に近い一角にはピンクの提灯がぶらさがっていましたし、夜や休日は結構な人出があるのでしょうね。

e0110925_2145260.jpg

 小田急が走ってきたところをパチリ。車窓から見るだけで来たことのなかった場所に立ち電車のほうを見ると、ちょっと不思議な気持ちになります。たとえて言うと、幽体離脱をしたときの気分がこんな感じ? 私は幽体離脱をしたことがないので、正確なところはわかりませんが。いや、多分違いますね。

e0110925_21445185.jpg

 高架を過ぎた新百合ヶ丘寄りのところ。昭和記念公園のイチョウ並木みたいにバッサリと刈られています。この部分は、右側が畑になっていますので、日照の関係でもめたのかもしれませんね。

 駅ビルで桜餅と草餅を1つずつ買って帰り、2つとも私が美味しくいただきました。このことは、茶太郎にはナイショです。
[PR]
by thebrandywine | 2008-04-01 22:31 | 近くにお出かけ

東京一周

 今日は、五反田と上野へ出かけました。

 五反田で仕事をしている友人と久しぶりにランチ。食事の後、彼女の職場の敷地内にある樹齢200年の大きな大きなフウの木に包まれたり、明治時代の洋館を見学したりしながらおしゃべり。あっという間でしたが楽しく過ごしました。

 その後は、東京芸大の美術館に行き、開催中の「金刀比羅宮 書院の美」展と、同時開催の「芸大コレクション展 歌川広重《名所江戸百景》のすべて」を見てきました。
 「金刀比羅宮」展のほうは、金刀比羅宮の書院を(複製も用いながら)可能な限り再現したもの。お寺などに行っても、薄暗く、しかも入り口から距離をおいた状態でしか見られない襖絵が、室内にいる状況で見られて、普通の美術展とは違った楽しみがありました。ちなみに、複製画は、写真撮影したものを(協賛企業のキヤノンの)プリンタでプリントアウトしたもの。説明書きを読んでびっくりしましたが、書院の各間の雰囲気を味わうには何も違和感はありませんでした。
 今回の展覧会は若冲の名前にひかれて行ったものなのですが、若冲の襖絵は「花丸図」の一室のみ。襖1枚あたりに植物が10種、秩序正しく配列されたものでした。植物の様子が端正かつビビッドに再現されていて、もちろんとても素敵で、あふれ出す色彩に、足を踏み入れた瞬間に「おおー」と思いましたが、若冲ならではのデザインの妙味や自由奔放さにはやや欠けているように感じました。やはり、5月に見た京都・相国寺での「動植綵絵」の印象がそれだけ強烈だったということでしょうか。
 (余談になりますが、この手の作品(動植物を生き生きと描いた江戸期以前の日本画)を見ると、「この画家にカメラを持たせたら、どんな写真を撮るのだろうか」と思うことがしばしばあります。5月の下旬に京都の相国寺で「動植綵絵」を見たときには、このいつもの問いがぶっ飛んでしまい、「いや、この人は目の前にカメラがあっても、やはり絵筆を選ぶのだろう」と確信したのでした。)
 今回楽しんだのは、応挙の「虎の間」。
 襖に描かれた虎たちは、表情もしぐさもとてもユーモラス。本当に生き生きとしていました。いまにも鳴き声が聞こえてきそうなほど(ただし、鳴き声は「ニャー」)。近くで鑑賞していた奥様連れが「実物の虎を見たことがないから、猫を観察して、あとは想像で描いたらしいわよ」とおっしゃっていましたが、なるほど、という感じでした。足をふんばりのっしのっしと向こうから歩いてくる虎、どこかで見たことがあるな~と思ったら、岩合光昭が、雪原の中を歩いてくる飼い猫「海ちゃん」を写したものとそっくりなのでした(笑)。むくむくのころころでかわいいっ!
 なんだか愛着がわいてしまって、クリアフォルダだの、冷蔵庫のマグネットだの、ミュージアムショップでいろいろ買い込んでしまいました。
 「金刀比羅宮 書院の美」は、9月9日まで開催しています。一般1,300円(ちょっと高いかな)。

 上野から再び山手線に乗り、今日は結局、内回りで山手線をぐるりと一周しました。一周するのは初めての経験です。新橋や有楽町あたりで、ビルの切れ目から国会議事堂や皇居の森が見えたりして「ああ、東京に来たんだー」と、おのぼりさんモードの1日でした。

 おまけ。山手線の車内で見かけた女性の話。
 乳母車に乗せた赤ちゃんを連れていた女性が、胸の谷間がばっちり見えるような襟ぐりの深いチュニックを着ていて、「キャミソール着ればいいのにー」と思っていたのですが、その彼女が手に持っていたiPodを格納した場所がすごかった。なんとブラジャーの中! iPodは胸の上に固定。まあ、たしかに出し入れするのに便利な場所ではありますが・・・・。
 私の場合、格納スペースには大いに余裕がありますが(爆)、入れた物がカパっと落ちてしまいそうなのが難点。目が点になりながらも、「う、うらやましーぜ」と思ってしまったのでした。おしまい。
[PR]
by thebrandywine | 2007-07-18 23:59 | 近くにお出かけ

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine