THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:たべる( 38 )

朝ごはん

e0110925_853935.jpg

今日の朝ごはん。
[PR]
by thebrandywine | 2007-05-24 08:05 | たべる

麻婆豆腐ふたたび

 スーツケースができあがったという連絡が入ったので、その受け取りのついでに、また行ってきました。
 今日は、陳建一氏はいませんでしたが(笑)、春節フェア特別メニューの水餃子「紅油水餃 (ほんゆーすいじゃお)」(450円)がまだあったので(3月4日(日)まで)、前回と同じ組み合わせでまた食べてきました。秘伝のゴマだれがなんともいえない風味。豆板醤と花椒でヒリヒリしてきた口の中に、まったりと甘辛いタレの絡んだ水餃子がジュワっと。ああ幸せ・・・。
 今日の麻婆豆腐は、本来の料理長が調理したものでしたので、「いつもの味」でした。やはり先日のものは少しまろやかだったのだなあと、食べ比べてみて再認識(だからどう、ということではないですが)。
 ところで、私はカウンターで厨房の様子を見ているのが好きなほうなのですが、先日、カウンターで食べたときには、料理長がひたすら木綿豆腐をさいの目に切っていました。5丁くらいの豆腐をきっちり並べ、まず、さっと横一文字に包丁を入れて厚みを半分にしてから(私はこれがすごく苦手。かならず斜めになります)、手早く縦横に切っていく様子はなかなか壮観でした。
 今日、食べていてその様子を思い出し、ではこのお店1軒で、1日に何丁くらいの豆腐が消費されるんだろうという疑問がわいてきたので、聞いてみました。会計の係の女性によると、「日によって違いますが、平日はだいたい100丁くらい。土日は、もう20~30丁いきますね」とのことでした。
 今夜は130丁の木綿豆腐に追いかけられる夢を見そうです。ついでに杏仁豆腐にも追いかけられてみたいぴーこでした。
[PR]
by thebrandywine | 2007-02-28 17:36 | たべる

陳建一麻婆豆腐店

 風邪っぴきでここ数日ダウンしていましたが、空港での度重なる乱暴な取り扱いでついに留め金の壊れたスーツケースを修理に出しがてら、ちょっくら出かけてきました。で、その足で久しぶりに、一度食べるとクセになって時々食べたくなる「陳建一麻婆豆腐店」の麻婆豆腐を食べてきました(注意:以下、ミーハーモードです)。

 お店の入っている駅ビルに入ると人だかり。見てみると、陳建一氏本人がトークショーに出ています。トークショーが終わったらいつもに増して混むだろうから今のうちにと、急いでお店へ。ここのお店はいつもたくさん人が並びますが、メニューに選択の余地がないので、回転は速い。で、今回も着々と自分たちの順番が近づいてきたわけですが、お店の入り口にはケータイのカメラをお店に向ける人々。中を見てみたら、おお、なんとご本人がお店の厨房に! 春節(中国のお正月)だから、ということのようでした。

 お決まりの、麻婆豆腐定食(1,050円)と杏仁豆腐(315円)を注文したら、「今日は特別メニューの水餃子もあるんですよ」と勧められ、杏仁豆腐を1個やめて、水餃子(450円)を追加。少し辛いゴマだれ風の調味料(担々麺みたいな感じ?)をからめて食べるようになっており、初めて体験する取り合わせでしたが、たいへんおいしくいただきました。
e0110925_2391952.jpg

 実は、通されたのがカウンター席で、厨房が狭いこともあって、調理人は自分から1メートルないし2メートルの距離にいるということになるわけですが、テレビでしか見たことのない人が目の前で、しかも自分たちの食べるものを調理しているのを眺めているというシチュエーションは、なかなか不思議なものでした。ぴーこ、大感激であります。ときどき何か冗談を言って、若い従業員をほぐしたりしているようでしたが、基本的にはひたすら黙々と調理し続けるという風でした。

 隣の人が記念撮影をしたのに便乗して、私も1枚撮らせてもらいました。

e0110925_2392816.jpg

 激辛なのはいつも通りでしたが、気のせいか今日はややマイルドな感じがしました。どうもごちそうさまでした~。
[PR]
by thebrandywine | 2007-02-18 23:25 | たべる

バジルのシャーベット

 2年ぶりに会った中学校時代の友人に、イタリアンのお店に連れて行ってもらいました。

 ちょっとゴージャスなランチコースは、どれもとってもおいしくて、デザートの前の段階ですでに満足しきっていたのですが、それほど関心のなかったデザートに強烈なパンチを食らいました。長いテーブルにデザートをずらりとならべて見せてくれて、「好きなものをお好きなだけ」。「えーっ、これ全部いいんですか~♪」と狂喜乱舞しながらも、全部食べるわけにもいかず、泣く泣く半分くらいに絞り、「ちょっとずつで(涙)」とお願いしました。
 給餌給仕をしてくれたお姉さんのオススメは、バジルのシャーベット。言葉できいたときは「バジルのシャーベット? なんじゃそりゃ???」って感じで、「ま、でも勧めてくれたしとりあえず食べてみるか」という程度だったのですが、これがなかなか。レモン(多分)で酸味をきかせたシャーベットの香り付けにバジルが使ってあって、意外なおいしさにびっくり。
 デザートだけに「甘く」みていましたが、ぴーこ、ノックアウトです。

 今日はあれこれ食べ過ぎたので(このあと別のお店でお茶をして、さらにシュークリームまで食べた!)、駅からは早足でがしがし歩いて帰りましたよー。寝る前に腹筋もしておこうっと。(ぴ)
[PR]
by thebrandywine | 2007-02-12 23:24 | たべる
 北海道から送った(やや巨大な)カニと空港で買った日本酒をメインにしてお客様をお呼びしたのですが、カニのほうがやや失敗。いや、カニ自体はすごーくおいしかったのですが、カニに一生懸命になると、どうしても寡黙になってしまい、おしゃべりに花を咲かせようとすると、カニの食べ方がいいかげんになってしまうのですよね。しかも、気合いを入れて(?)不相応に大きなタラバを買ってしまったので、かなり食べ残しが出てしまいました(もちろん、半分にして持って帰っていただきましたが)。
 若い頃、お見合いやデートの席にカニは不適だという話をよく聞きましたが(最近はあまり聞きませんが)、この歳になって、それが真実であることを体感しました。次は、もっとちっちゃいカニにしよう(笑)。あ、誰ですか、ぴーこには大きなカニをあてがっておいたほうが静かに食事ができてちょうどいいとか言ってるのは!

 一方で、日本酒のほうは大正解。空港の売店で、買おうと思っていた商品が2種類ともなかったので、「カニに合う日本酒は!?」と販売員のおじさんにたずねたところ、間髪入れずに勧められたのが、4,000円も5,000円もするシロモノ。おじさんの日本酒トークはとても面白く、なかなか魅力的ではあったのですが、やはり予算の倍以上っていうのはいくらなんでも・・・。
 そこで、「予算内で妥協するとしたら?」と質問すると、またまた即座に反応が返ってきて、店頭の「限定96本」とかいうもの。今度は、「こんなおいしいお酒が途中でなくなってしまったら、すごくストレスになりますよ~。やっぱり2本買って帰らないと」などとおっしゃいます。「う~ん、同じもの2本っていうのもなー」と思い、「鍋もするので、もう1本買うなら鍋に合う別のがほしい」と言ってみると(この段階ですでに、おじさんのペースにのせられていたわけですが)、またまた即座に「それなら、コレ!」と、今度は店の奥の冷蔵庫のところへ連れて行かれました。
 「どっちも、工場でないと買えないお酒なんですよー」などと言われ、結局、2本とも買ってしまったわけですが、たしかに言われたとおり、それぞれカニと鍋にぴったり。さすが、心の底から日本酒を愛している(というか、日本酒に愛されている)様子の販売のおじさん、言うことにウソはありませんでした。日本酒好きのお客さんにも喜んでもらえて、こっちは大正解です。結局、2本とも9割方空けちゃったし(笑)。(ぴ)

■北の誉「けさの槽口」(純米吟醸)
 やさしくてまろやかで濃厚、カニの甘さが引き立ちました。
■北の誉「吟醸生原酒」
 深みとパンチがあって、寄せ鍋がすすみました。
[PR]
by thebrandywine | 2007-01-22 11:05 | たべる
海鮮丼食った。蟹食った。ラーメン食った。寿司食った。スープカレーも食った。地酒飲んだ。地ビール飲んだ。鉄砲汁も飲んだ。ひとり旅でもふたり旅でもない、これじゃふとり旅だー。(T_T)
[PR]
by thebrandywine | 2007-01-20 17:13 | たべる

蟹食ったらば!

タラバ美味三昧で茶太郎、狂喜乱舞、欣喜雀躍であります!写真は後ほど。
[PR]
by thebrandywine | 2007-01-19 19:34 | たべる

ああ、かにさま!

 先日、茶太郎の友人の女性と電話でおしゃべりしていたときのこと。話題が最近食べたもののことになり、やっぱりカニの鍋っておいしいよね、という話になりました。わが家のカニ鍋は薄味の寄せ鍋でしたが、先方のカニ鍋はキムチ味。「えーっ、カニ鍋がキムチ味!? モッタイナイ~!」と思ったものの、相手にそんなことを言うわけにもいかず、とりあえず電話を切りました。
 あとで茶太郎に「ねえ、カニのキムチ鍋ってどう思う?」とたずねたところ、甲殻類大好きな茶太郎は「なんだとー、キムチ鍋にカニを入れる!? それは“かにさま”への冒涜だー!」と怒っておりました。
 でもね、1年前、札幌に遊びに行った私が自宅宛に送った毛ガニで、茶太郎ったらね、こんなことしてたんですよ。これだって、りっぱなかにさまへの冒涜だと思うんだけど。

e0110925_0525758.jpg

「いや~ん♪」


 この食べ殻で出汁をとった翌日のおみそ汁は、最高だったなー。(ぴ)
[PR]
by thebrandywine | 2007-01-10 22:53 | たべる

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine