THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日常生活( 222 )

クワコ

今飼っているクワコの身体測定。もうしばらくすると繭を作ります。多分。

e0110925_21325033.jpg

[PR]
by thebrandywine | 2014-05-25 21:32 | 日常生活

進歩のないワタシ

 毎日蒸し暑いですが、みなさんお変わりございませんか。5月、6月、7月とワタシの人生暗かった、ではなくて、キャパ越えの怒濤のような日々でしたが、7月下旬以降はややゆったりとしたペースで過ごしているぴーこです。オリンピックにも寝不足にならない程度にはまっています。
 当初はほとんど観ていなかったのですよ、オリンピック。パソコン開いて検索ワードに「ジュリー」が出てきたのをみても、意味がわからなかったくらい。なんで沢田研二が、というレベル。が、やっぱり時間があってテレビがついていたりすると危ないですね。私の場合、今週初めに名古屋に帰省して両親を下呂温泉に連れて行ったあたりがターニングポイントでした。温泉旅館でやることがなかったため、ついつい、ずるずると観てしまい、たとえ受け身であれ、いったん観てしまうと興味が出て、主体的に観戦にいそしんでしまうという無限ループ。
 そんなこんなで、柔道も、最後の最後、女子の78kg超級だけ観て、中国のトウブン選手をみて「何よこれ、ひどいなー」と憤慨していたのですが、ひょんなことから今日このブログの過去記事を検索していて、4年前にも同じことにぷんすかしていたことに気づきました。4年前にトウブンと決勝であたって残念ながら敗れたのが、今回解説をしていた塚田真希ちゃん。私はと言えば、4年経っても同じようなことでぷんすかしていて、まったく進歩していない——というか、4年前に「ゆるふん」に怒ってたことをすっかり忘れていた——ことに愕然としたぴーこなのでした。

 (しかし、北京のあの「ゆるふん」が原因で胴着についても帯についてもルールが変わったというのに、何なんでしょう。やっぱりあれはヒドイ。)
[PR]
by thebrandywine | 2012-08-05 21:07 | 日常生活

おかまかえたの、うふ。

 もう何年も前に、炊飯器のCMで「お米変えた?」「ううん、お釜変えたの。むふふ」ってのがありましたが、うちも本日お釜変えました。
 とにかくもう、うちの炊飯器で炊いたご飯が美味しくなかったのです。どこのお店で出てくるご飯よりも、どこの家のどんな安そうな炊飯器で炊いたご飯よりも。何だかねえ、お米の独立性が確保されていないのですよ。べっちゃりと糊のようなご飯になっちゃって。まあ、数えてみたら多分7年か8年くらい使っているので仕方ないんですが。
 去年の9月くらいに、土鍋でご飯を炊いたりしてみて、お米じゃなくて炊飯器が原因であることを確信して、いちど買い替えを検討するところまでいったのですが、忙しくなっちゃって購入まで至らず、そのまま10か月経過して、ようやくゴールデンウィークで落ち着けたので、何度かお店に下見に行き、再度土鍋ご飯を試してやっぱり原因はお米じゃなくてお釜だっていうことで(←しつこい!)、昨日ようやく新製品をゲットしたのでした。
 で、せっかくなので、最初はプレーンな白いご飯を試してみたかったのですが、先日下ごしらえをしてあった筍がおいしく食べられるうちに、ということで、最初の炊飯は「筍ご飯」でした。いやいや、お米がもっちりふっくらしているのに、それぞれちゃんと粒が立っていて、そこへ旬の筍とちょっと焦げたお醤油の香りが、ぽわーんと。「ああ、こんなことならさっさと買い替えればよかったねー」と茶太郎と顔を見合わせながら幸せなひとときを過ごしたのでした(安上がり)。
 炭水化物を控えて体重をおさえているのに、明日から、ますますご飯食べるのが楽しみで、大変なことになりそうです。
[PR]
by thebrandywine | 2012-05-03 22:38 | 日常生活

ケーブル問題

 今日(もう昨日になっちゃいましたが)は、みなさんどんなふうにすごされましたか。ご無沙汰しています。

 私は、14時46分から「訓練」を予定していた私鉄に乗り合わせてみようか、とか、どこかで黙祷をしてみようかとか、あれこれ思案していたのですが、結局、なるべくいつも通りに過ごすことにしました。去年の3月11日、生まれて初めて経験する強い揺れにかなり怖い思いはしましたが——そして、ずっと忘れていたその怖さが、多くの映像を見ることでリアルによみがえってきたりしたのですが——、割れた食器と散らかった部屋くらいしか被害らしい被害のなかった自分が、あの時刻をイベント的に消費するのは何だか違うような気がしたのです。誰かとあの時刻を共有したいという気持ちは、一方で強くあったのですけれど。

 そんなわけで、今日は、少し家事をしたり、録画してあった震災関係の特番を見たりして、一日ゆっくり静かに過ごしたわけですが、やはり節目ということで、家のあちこちに散在していて非常持ち出し用にはまったく準備されていない(笑)各種防災用グッズのチェックなんかもいたしました。
 そのひとつが、昨年春、例の「狼計画停電」に振り回されたときに、なかなかのスグレモノだと認識した、手回し充電のできるラジオ付LED懐中電灯。香典返しか何かでいただいた(多分)ものの、「こんなチャチなの」なんてバカにしていたのですが、どうしてどうして。携帯の充電プラグまでついていて、(幸いじっさいに活躍することはありませんでしたが)いつ停電するかわからない状況になってみると本当に心強くて、「おお、これがあれば百人力ではないか!」と茶太郎と2人して感動していたのです。
 ところが、今日チェックしてみたところ大きな(?)問題が! 携帯の充電ができないのです。原因は、2人とも通常の携帯電話からスマホに変えてしまったこと。付属のアダプタには当然ですがマイクロUSB端子はなく、古い携帯の充電コンセントをスマホ用に変換するアダプタをつけて試してみたのですが、こちらも通電せず。
 古い携帯電話を使っていた頃は、私が電話もメールもほとんど使わないこともあって、1回フルに充電しておけば1週間くらい大丈夫だったのですけれど、スマホって1日しかもたないですよね。うーん、これではライフラインが止まった状態でのサバイバルは難しい・・・。

 今回の懐中電灯に限らず、機器が進化すると、対応するケーブルや記憶媒体(デジカメなんかの)なんかも変わってしまって、困りますよね。壊れているわけでもないものを捨てるというのに結構抵抗があって、私はなかなか捨てられないでいます。家の中にはその種のブツの墓場になっているような一角があります。とっておいても何かの役に立つというわけではないのですけれどね。
 ケーブル問題と言いながら、本質はモバイルの充電問題ではないかという気もしますが、せっかくなので、この機会に、iPadなども含めた各種端末を活用しつつサバイバルできる環境を整備しなくては、と思った次第。ソーラー充電器も選択肢に含めてみようかな、なんて考えているところです。
[PR]
by thebrandywine | 2012-03-12 01:57 | 日常生活

世間は祝日、外骨格生物

 晩ごはん作るのイヤになったので、駅前で外食しようと出かけようとしたところ、まだバスの時刻には余裕があるはずなのに、目の前をバスが通り過ぎて行きました。

 「茶太郎、もしかして平日の時刻をチェックした?」
 「あ・・・」

 そうなのでした。茶太郎の職場は非人道的(?)なところで、お休みは土日だけ。それ以外は、カレンダーとは無関係に時が進んでいきます。というわけで、今日は世間はお休みだったんですが、茶太郎はお仕事だったので頭の中が平日モードだったようです。で、次のバスは20分後だったので、駅までトホトホ徒歩で行きました。
 まあ、私にとっては、夏の間の運動不足解消にちょうどよかったんですけれどね。最近おしりの年齢をマイナス5歳にするガードルを買ったんですが、液状化しつつあるお肉をかっちりしたガードルの中におさめると、自分が外骨格生物=節足動物(ようするに昆虫とかエビ・カニですね)になった気がします。

 お腹いっぱい飲み食いしてしまったので、帰りもちゃんと歩いてきましたが、酔っぱらって坂道や階段を上るのはなかなかキツイ!
[PR]
by thebrandywine | 2011-09-24 00:12 | 日常生活

明日から香港

 荷造りも直前まで手つかずで、海外に行くという緊張感ナッシングな状況なんですが、とりあえずいってきます。といっても、今日は明日のフライトに備えて前泊なので、まだ日本にはいます。
 帰国後にあれこれとやってくる締切に備えて、ある程度仕事を片付けてから行こうと思っていたのに、結局ほとんど手つかずで出かけることになりそう。帰ってきてから大変そうだなあ。
[PR]
by thebrandywine | 2011-07-22 06:03 | 日常生活
 先日、生協で買った小松菜に青虫(多分モンシロチョウの幼虫)がついていたので、プラケースに移し小松菜をちぎって与えていたところ、なんとコバチの仲間に寄生されておりまして、なかなかグロいことになっております。
 寄生してたコバチの幼虫がからだを突き破って出てきても、まだ青虫は生きてるし、どうやって処分したらよいものか。健康体の青虫なら、手で触っても多分平気なんですが、同じ生きていても「あんなもの」がいっぱい身体の中に入っていたかと思うと、割り箸でつまむのも「ぎえー」という感じ。おまけに青虫の傍らには、2ミリ長の繭(コバチの繭)がてんこ盛りになってるし。色的にはどっちもキレイなんですけどね。
 ネットで読んだ情報ですが、自然界のモンシロチョウの幼虫の4匹に1匹が、寄生されているそうでございますよ。あとね、ネットの動画で見たんですが、モンシロチョウの幼虫は、自分では蛹になれないのに、糸吐いて、コバチが繭を作るお手伝いまでしちゃうんだって。あううう。
[PR]
by thebrandywine | 2011-07-09 17:36 | 日常生活
 このところの自転車操業中、駅に送ってもらったり、タイミングが合えば帰りも拾ってもらったり、朝ご飯つくってもらったりと、「もう、あたし、茶太郎なしでは生きていけないの」という状況になっていたぴーこです。その茶太郎に、「オレ、送り迎えしてご飯作って、まるでぴーこの奴隷だな」と言われたわけですが、断じてそんなことはありません。大切なご主人様のことを奴隷だなんて、めっそうもない。あなたは、私の飼育係でございますよ。飼育係の主たる業務といえば、エサやりと散歩。これが基本です。

 とか何とか言いながら、先週末にようやく自転車操業の日々がひと区切りつきました。人前でそれとわかるような大きな失策をすることなく何とか終えたわけですが、やっぱり若い頃にしておかなければいけなかった、あれやこれやの積み重ね、その部分が決定的に欠落していたことを改めて痛感したのでした。
 しかし、自転車操業からは解放されたとはいえ、相変わらず見通しの甘い仕事をいきなり予定外にふられたり、その見通しの甘さゆえにこちらの本来業務にまで支障を来したりしている部分はあって、昨日もひーひー言ってたわけですが、それでも、自分のキャパの範囲内の仕事をタイミングよくこなしていって、それを続けていけば何とかなるという状況は、ずいぶんとラクチンです。というわけで、今度は私が茶太郎の飼育係を務めておりますです。

 7月の下旬には、茶太郎が2週間ばかし香港に出稼ぎに行くのですが、私も仕事の合間に数日ほど都合をつけて、茶太郎の「ごはん一緒に食べ係」をつとめてきます。現地では、茶太郎との共通の知り合いとも合流して、飽食のかぎりを尽くすつもり。熱帯の香港へこの時期に行くなんて酔狂といえば酔狂な話ですが、あまりむやみに屋外を出歩くことをしなければ、節電中の日本よりは快適に過ごせるんじゃないかな、と目論んでます。今回の楽しみは、食べることとお買い物とおしゃべりいうインドア系イベント中心になりそうだし。
 というわけで、あと2週間ちょっと、頭の中で「南翔饅頭店の小籠包」とか「鴻星海鮮酒家で朝ご飯」とか、いろいろ妄想しながら乗り切ろうと思っています。アルコールで酩酊すると「ピンクの象がみえる」なんて申しますが、私の場合は、ぷるんぷるんの皮から透けて見えるピンク色がステキなエビ餃子(蝦餃:ハーガウ)が、脳内を行進しています。はーがう、はーがう!
[PR]
by thebrandywine | 2011-07-06 07:59 | 日常生活

自転車操業

 このところ自転車操業であたふたしています。よく「仕事が出来ない人は仕事を抱え込んでかえって人に迷惑をかける」と言いますが、なんだかそれを彷彿とさせるような状況。いや、別に好き好んで抱え込んでるわけじゃないのですけれど。
 ひとつは、こっちの意向も聞かず急に勝手に割り振られた仕事。もうひとつは、ある程度忙しくなるのは承知の上でよく考えて引き受けたけれど、何だか先方がばたばたしまくっていて、言われていたのとペースが全然違っていたというもの。依頼されたときの話では、もう少し長期間にわたって適度にコンスタントに忙しくなるということだったのが、短期集中で先の見えない(多分担当者も先がちゃんと見えてない)状況。で、その2つがこれ以上はないというぐらいの素晴らしいタイミングでバッティングしてるというわけ。茶太郎の格言(?)に「幸せはなかなか来ない。不幸は一度にやってくる」というのがありますが、今まさにそんな感じ。
 このところ、日常業務だけでひーひー言っていたのに、それ以外に2つも来ちゃって、時をさかのぼれるならさかのぼって時間を取り戻したい、というずうずうしいことは考えてませんが、それでももし時をさかのぼれるならば、やや余裕のある時期にのんびり、のたのた、ダラダラと時間を無駄にすごしていた当時の私を、後ろから蹴っ飛ばしてやりたいとは思います。「誰のせいで今あたしが苦労してると思ってんのよ!」って。
 そんなわけで、目下、私よりは少し余裕のある茶太郎が、現在「いきものがかり(=ぴーこの世話係)」を担当しております。夕ご飯も昨日、今日、明日と、茶太郎が作ってくれたカレーで3連チャンです。美味しいよ!
[PR]
by thebrandywine | 2011-06-20 20:10 | 日常生活

リアルに時をかけた?

 朝見られなかった「おひさま」がどうしても見たくて、夜の再放送を見るべく、万難を排して7時半前に自宅に到着したのですが、4月からのBSのチャンネル&番組再編で、朝ドラの再放送は6:45からに変更になっていたのでした。はー、がっくし。土曜日に録画するしかないな。
 で、方針を変更して、「もういちど見直してみよう」と思って先日借りてきてあった「時をかける少女」を見ることにしたのでしたが(こちらも「おひさま」効果)、映画を見始めてびっくり。

多分あたしこの作品いちども見てない。


 見たことあると思っていたのですが、完全な思い込みだったみたいです。筒井康隆の原作は読んでないのに筋はほぼ理解していたので、映画を見たはずだと思ってたんですけれどね。何なんだろう。ラベンダーの香りでも嗅いじゃったかな。まあ、折に触れ断片的な映像は目にしているので、それが頭の中で合成されていたのだと思いますが。げに人の記憶ほどアテにならぬものはなきかな。
[PR]
by thebrandywine | 2011-06-09 22:09 | 日常生活

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine