THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日常生活( 222 )

 アメリカにいたときに作った銀行口座をまだ維持しています。キャッシュカードがクレジットカード的に使えるもので(実質はデビットカードなので引き落とし自体は当日か翌日)、有効期限があります。新しく送られてくるカードは、アクティベートして使えるようにしてやらないといけません。通常はATMに差し込んで暗証番号を入力すればそれでアクティベート完了なのですが、外国ではそれができないので、その場合はフリーダイヤルに電話をかけて手続きをするということになります(試したわけではありませんが、閉鎖的だと外国人には悪評の高い銀行法の規定上おそらく、日本のATMでは、かりに提携カードで現金をおろすことができたとしても、アクティベートまではできないんじゃないかというのが私の予想)。
 先日、新しいカードが送られてきました。さっさとアクティベートしないと、せっかく送ってもらったカードが無効になってしまうのですが、外国語の電話というのは、ベスト(ワースト)5に入るくらい苦手なもの。前回は、茶太郎があんまり腰が重いので、チャレンジャーぴーこが果敢に攻めてみたのですが、電話のオペレーターのあまりの早口に玉砕。何度も何度も「英語がよくできないのでゆっくりしゃべって」とお願いするのですが、そのたびに、文頭の3語くらいはゆっくり話してくれるのにその後は結局猛スピードの少し聞き取りにくいイングリッシュ。たった1枚の名刺大のプラスチックのカードのために、苦心惨憺。ところが、あとから電話をかわった茶太郎は、手続きの概要がわかったため、意外にすんなり手続きを完了したのでした。
 そこで今回は、茶太郎と交渉して、海外に持っていく半袖のシャツに急遽アイロンをかけるのと交換条件で、最初に茶太郎に手続きをしてもらうことに。結果は、といえば、すんなり手続き完了。カードの16桁の番号を最初に読み上げ、秘密の質問の答え(母親の旧姓)を答え、最後にカード番号を再度復唱しておしまい。前回の学習の成果、というのもありますが、今回の人は、こちらが英語があまり得意じゃないことを察知して、わりと親切に対応してくれたような気がします。

 今日は、茶太郎は親戚の葬式、私はとある集まりで立食パーティ。葬式はどんな葬式かにもよりますが、立食パーティのほうは苦手なものベスト5に入る、できれば避けて通りたいシロモノで、家で顔を合わせたときには、2人とも疲労困憊。「今日はお互い違う理由だけど同じようにくたびれたねー」と言いながら、デパ地下で買ってきたお弁当で晩ご飯をすませ、そのあと英語の電話。意外とすんなりいったとはいえ、苦手なものは苦手なわけで、ベスト5がいっぺんに2つもあって大変な1日だったのでした。
 オペレーターがみんな、ヒラリー・クリントンみたいにわかりやすい英語を話してくれれば、こんなに苦手意識を持たないですむのに!
 そういえば、私の数少ない経験では、わかりやすい英語を話してくれる人というのは、あまり若くない女性のことが多いのですが、もしかしたら、母親業を経験するとと関係あるのかも、なんて思ってしまいました。記者会見の映像なんかを見ていると、クリントンは(もちろん政治家として必要なことでありますが)、1語1語かみ砕くように話しますよね。
[PR]
by thebrandywine | 2011-02-08 23:16 | 日常生活
 そろそろアレの季節ですね。わが家は2人とも1月の下旬から薬を飲み始めました。今年は1月3日に茶太郎が盛大にアヤシイくしゃみをしていたのが「飛散(悲惨)開始日」でしたが、お医者さんに行ったら、「もう年末から飛んでるんですよ」と言われました。

 ホームベーカリーの「べかこ」がわが家にやってきて、もうすぐ1年になります。たしか、バンクーバー・オリンピックの開会式の太鼓の音に合わせて、ぺったんばったんとパンを捏ねていたような。飽き性の私のことなので、ちゃんと使い続けられるか心配でしたが、いいペースで使えています。
 明日は、朝早く出なければならないので、パンと野菜と動物性タンパク質を一緒に摂取すべく、ほうれん草と粉チーズ入りのパンを焼きました。というわけで、明日の朝はパン食です。茶太郎は米飯を食べたかったようですが。
 あ、ほうれん草入りパンに花粉は入れていません(←タイトル)。入れてなくても入っちゃってるかもしれませんが。
[PR]
by thebrandywine | 2011-02-05 23:20 | 日常生活

茶太郎小ネタ

 この冷え込みの厳しいときに、週末をはさんで、わざわざ寒いところへ行くことになってます。こんなとこに上陸して、こんなところを経由して、最終日はこんなとこまで行っちゃうのですが、滞在中はどこも最高気温が氷点下で、雪だるまが気の抜けた顔をしてぼへーっと立ってるという天気予報、なんかくじけそうです。
 今までリアルに経験したいちばん寒いのは、ウィスコンシンのマジソンで、3月上旬に-20℃まで下がったというもの。まったく風のない昼間でも、完璧に防御したはずの衣類のすき間から冷たい空気が忍び込んでくるという感覚を初めて味わいました。華氏表示でマイナス、というのにもびっくりしましたが。ついでにいうと、その1週間後に20℃まで気温が上がったというのを聞いて、さらにびっくり。

 前置きはこれくらいにして、忘れないうちに茶太郎小ネタ。

 その1。来客から手土産をいただいて帰ってきた茶太郎。紙袋から赤いごーぢゃすな箱を出して「賄賂だよ」と渡してくれました。中には色とりどりの美味しそうな丸い物体が。
e0110925_2384219.jpg

 茶太郎、それは「賄賂だよ(ワイロダヨ)」ではなくて「ダロワイヨ」。
 マカロンって、ぜったい自分で買おうとは思わないんですが(「えー、このちっこいのが1個200円とかしちゃうわけ!?」と思ってしまう貧乏性)、いただいてちまちま食べる分にはうれしいですね。賄賂ではなかったようなので、安心して美味しくいただきました。ごちそうさまですた。

 その2。テレビを見ていたらDV(配偶者間暴力)がテーマになっていて、DVの中には言葉の暴力もある、たとえば「誰のおかげでメシが食えると思ってんだ!」みたいな言葉も、といった解説をしてました。それを見ていた茶太郎、おもむろに私にひと言。「誰のおかげでメシが食えたと思ってんだ!」と。
 たしかに、その日の朝ご飯は、茶太郎が作ってくれたのでした(私は川で洗濯をしてたので)。ごちそうさまですた。
[PR]
by thebrandywine | 2011-01-25 23:22 | 日常生活

へもぐろびーん

 受診したのは6月末なのですが、健康診断(人間ドック)の結果が今頃になって職場に送られてきました。不幸の手紙だ。
 「ほぼパーフェクト」ではあったのですが、血糖値(ヘモグロビンA1C)がやや高いと怒られました。とはいえ、検診結果を見たときには「ヘモグロビンA1C、何それ?」状態でしたので、家に帰ってからネットで調べてみて、血中の糖分とヘモグロビンがお友達になったもののことで、これで1〜2ヶ月前の血糖の状態がわかるのだということを初めて知りました。つまり、空腹時血糖ではバレないはずの過去の悪行が明るみに出るということのようで(お天道様はお見通し!)。
 年末に久しぶりに体重計に乗って見たこともない数字に思わず悲鳴を上げたわけですが、そんなところに降ってきた検診結果に、いつまでも美味しく食べて飲めるよう、ちょっと真剣に摂生しなければ、と決意を新たにしたのでした。最近、年齢のせいかストレスのせいか、以前より抑制がきかなくなっているのを自分でも痛感しているのですが、とりあえず、アルコール、洋菓子、揚げ物を控え、飲んだ後の締めのご飯・麺類を我慢して、もう少し歩く、と。ああ、もう、フライドポテトやポテチなんて絶対許されないよなあ。悲しい・・・。
 しかし問題は、半年も前のデータをもとに説教されていること。生活を改めようにも間が抜けちゃってるというか、年度初めの頃よりも「むにむに」度、「ぷよぷよ」度がアップしている昨今、いったい現在のデータはどうなってるのか、ちょと心配。加えて、来週末を利用して北海道に行くことになっていて、想像するだに恐ろしいのでした。じゃがバタ、ラーメン、あうー。
[PR]
by thebrandywine | 2011-01-20 23:39 | 日常生活

箱根駅伝、花の2区

 今日の箱根駅伝、朝寝坊したので2区に入ってからの観戦でしたけれど、面白くて最後まで見てしまいました。20チーム中18チームまでがトップとの差10分以内というのはすごいですね。これは明日も見なくては!
 昨年、一昨年と、往路優勝の立役者だったにもかかわらずゴールの芦ノ湖畔でのインタビューにクールに振る舞っていた東洋大の柏原選手が、今年は感極まって絶叫したりしていたのにも驚きました。よっぽど今年1年辛かったんだろうなあ。

 じつは先日(といってもまだ暖かかった頃)、時間があったら温泉に入ろうと箱根に出かけたのですが(結局他でのんびりしてしまったので温泉には入らなかった)、湯本から1号線であがっていくあのルート、車で上っていくのでも大変なのに、よく足で駆け上がっていくものだと感心します。

 そんな駅伝中継をちょっとだけ見ていた茶太郎、「箱根駅伝、花の2区」というアナウンサーの言葉を耳にしてひと言、「箱根駅弁、腹の肉」とつぶやいて自分のお腹をつまんでおりました。体を張ったメタボな芸風、誰か褒めてあげてください。

e0110925_22472260.jpg

お口直しに、年賀状風の富士山を
(今日撮ったものではありません。為念)


[PR]
by thebrandywine | 2011-01-02 22:48 | 日常生活
 今年も残すところあと数時間となりました、とNHKの紅白の番宣みたいなことを言ってますが、本当に時間がたつのが早い1年でした。バタバタしているときの例によって箇条書きで2010年の反省会とか近況報告とか。

  • 今年の初詣は(少し遅れて)湯島天神に行ってきたのですが、そのときひいたおみくじ、なんと、その半年前に訳あって(?)やはり湯島天神に行ったときにひいたおみくじと、まったく同じでした。忘れもしない22番の中吉。言ったことをきちんとやっていない私に業を煮やして、学問の神様が督促状を送りつけてきたのかもしれません。年明けにもまた湯島に行こうと思っていますが、また同じのをひいたりしたらどうしよう。

  • 2月に導入したホームベーカリー(命名「べかこ」)は順調に働いています。特別に美味しくて気に入っているパン屋さんのパンなどは時々買っていますが、スーパーなどで売ってる普通の食パンはもうバカバカしくて買えません。ネットなどで言われていることですが、買ってきた粉で最初にパンを焼くときに基本の食パンの材料(バターと水以外)を1回分ごとに袋にセットしておくと、炊飯器でご飯を炊くより簡単でほんとに便利。

  • 今年いちばん大きかった変化は、4月から久しぶりにまたフルタイムで仕事を始めたこと。ペースがわからないところに年度初めのイレギュラーな雑事が重なった前半は息切れをしつつ、本格的に雑務と季節行事が入ってきた秋以降は、「母さん、私の週末はどこへいったんでせうね」と目を回しつつ、さまざまなことを「くたびれてるし、まあ、明日/来週/いつか次の機会でいっか」と先送りし、気づいたら年末になっていました。利息の返済でいっぱいいっぱい、元本は全然減ってない、という累積債務者の気持ちです。

  • 正確にはいつだったかもう忘れてしまいましたが、初夏にiPod Touchを導入しました。私の場合、通信機能はあまり活用していません。ネット(Googleカレンダー)につながる手帳(予定表、備忘録、各種時刻表、ときどき辞書)として使っている以外は、メールチェックする程度でしょうか。メールはチェックだけで返信は緊急以外してません。仕事には活用できてないなあ。

  • そういえばホームベーカリーのときもそうで、相談していた友人に「早っ!」と驚かれたのですが、私の場合、家電製品など、製品が出てから自分が使いこなせるかどうか心が決まるまではずいぶん時間をかける一方で、使いこなせそうだと確信したら購入までがものすごく短いことがよくわかりました。

  • 今年買った家電製品ではずれだったのは、HPのプリンタ。長いこと使っていたのがとうとう壊れてしまったので買い換えに行ったところ、あいにくCANONのが売り切れで。テキスト文書の印刷だけをしていたうちは「ちょっと使いにくいなあ」という程度でスペックの悪さがあまり判明しなかったのですが、先日年賀状の印刷をしたときに、キレそうになりました。

  • シートフィーダに一度にセットできるハガキがたった20枚程度なのに加え、紙送りがうまく作動しないのか、2〜3枚印刷すると「用紙がありません」メッセージが。印刷の間にお風呂に入ろうと思っていたのに、これじゃ手差し印刷と一緒じゃないか! もうここのは絶対買いません。

  • 7月に続いて、先日クリスマスイブに、歯周病治療の手術をしました。今回は右の犬歯のあたりなのですが、前回のようにひどく腫れたりせず、まずい味のする保護材もはられず、術後すぐからわりあい普通にすごしました。念のため術後1週間はまったく何もしないでいいような予定を組んでいたんですが、幸いなことに無用の心配でした。今朝抜糸してきたので、これで晴れて抜糸類(げっ歯類の親戚)になりました。

  • そんなわけで名古屋への帰省も、この手術の前にすませてきました。滞在中、日帰りで日間賀島へお昼ご飯(ふぐのコース)を食べに行き親孝行して、帰りにセントレアに立ち寄ってきましたよ。セントレアは、なんだか日本じゃないみたい。アジアのどこかの国の新しい空港という雰囲気でした。

  • 名古屋にいる間に、これまた日帰りで下呂温泉に行ってきたのですが(こっちは茶太郎と2人)、街のあちこちにカエルの人形が置いてある理由がわからず、滞在中ずっと「なんでだろう、なんでだろう」と考え込んでいました。行きの車のなかでずっと「下呂だ。ゲロゲロ!」とか言ってたのに。帰る間際にやっと気づいて茶太郎にそのことを話したら、ものすごくあきれられました。自分も落ち込んだけど。

  • そういえば今年はよく温泉に行きました。初夏の別所温泉とか、秋の草津温泉などの旅行だけでなく、このところ、チャンスがあれば「日帰りで温泉行こう」が口癖になっています。最近は、自宅から車で5分くらいのところにある温泉にも(文字通り。笑)入り浸ってます。内風呂は塩素の臭いが充満しているので敬遠しているのですが、外の露天風呂はいちおう源泉掛け流しということになっていて、けっこう暖まります。

  • 温泉の効能も気にするようになってきた、というのは、やはり体の変化があるビミョーなお年頃になってきたからかしらん。かかりつけの内科のほかに、歯科、眼科、整形外科など、今まであまりお世話にならなかった医者通いも結構しました。

  • こんな状態なので、ブラウザのポータルについている星占いの各論の部分——「恋愛運」「金運」「仕事運」の3項目——のうち、「恋愛運」はいらないから「健康運」にしてほしい、と最近よく思います。

  • 年末年始の家事のほうは、大掃除をごく部分的にのみしました。大掃除はしなくてもいいから、普段の掃除(とその前の整理整頓)をしろよ、という声がどこかから聞こえて来ていますが都合の悪いことは聞かなかったことにしよう。

  • その大掃除の時に、サッシがあまりにも汚かったので、ジョウロで水をすき間にかけて歯ブラシでこすっていたのですが、運悪くそこで冬越しをしていた蛾がいて水びたしにしてしまいました。寒くなってきた頃に窓枠のところに止まっていたのが移動したのかもしれません。厚紙(トイレットペーバーの芯の部分)で身柄を保護して南の暖かいところにしばらく置いておいたところ、すぐにいなくなったので、大丈夫だったと思いますが。「ここの家は掃除している形跡がないので、このサッシでなら邪魔されず一冬越せる」と思って冬越しの場所を決めたかもしれないのに(?)、冬のさなかにかわいそうなことをしました。ごめんよ。

  • このところずっと乗っていなかった体重計に、(体感的にこれはヤバイと思い)久しぶりに乗ったところ、またまた未知との遭遇。若い頃には知らなかった世界へ。仕事帰りに駅までバスに乗らずに歩くようにしているんですが、それ以上に食べてるからなあ。名古屋の母に「あんた、お腹でてきた?」と聞かれたし、茶太郎の母にも「ぴーこさんは最近貫禄がついてきた」とか言われてるらしいし(「あなたほどじゃありません!」)。

  • で、ここ1週間くらい、少し摂生&運動しています。年末年始は現状維持、年明けから少し絞るのが目標。

  • しかし、昨日は、久しぶりに外食しようということで(毎朝見ているドラマの影響で猛烈に食べたくて仕方なくなっていた)お好み焼きをいっぱい食べてしまい、さらに、帰る前に立ち寄ったスタバで、多分酔っぱらって判断力を欠いていたせいで、茶太郎が「食べたい」と言ったら絶対にダメ出しをしていたに違いないケーキまで注文してしまったのでした(「洋なしのアールグレイタルト」というのがすごく美味しそうだった)。「魔が差す」というのはこういうことを言うのか。判断能力が不十分なときに食べた食べ物は、なかったことにしてくれる、とか、そういうルールはないかなあ。

  • そんなわけで、努力が水泡に帰してしまったわけですが、大晦日の今日は、「晩ご飯が年越し蕎麦だけ」というのを断固拒否する茶太郎の意見を取り入れ、赤ワインにチーズでまったりすごし、締めにお蕎麦ということにしたのですが、なぜか買い物に立ち寄ったスーパーで「赤ワインなら牛肉か」と、普段は手を出さないようなサーロインステーキに手を出してしまったのでした。

  • しかも、明日、元旦の夜は、すき焼きです。どうなるんでしょう、私たちの2011年は。

とまあ、こんなくだらないことを書いているうちに、日も暮れてきました。反省とか言いながら、ちっとも反省してません。みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。
[PR]
by thebrandywine | 2010-12-31 16:50 | 日常生活

寒いよー

 きのうの夜のニュースの時の天気予報「朝雨がやみ、昼はすごーく暖かくて17〜8度まで気温が上がる」を真に受けて、傘を持たず、厚手のジャケット、コートなしで仕事に出てしまったのですが、予報とぜんぜん違うじゃないですか!
 雨がしとしと、ぴーこはしくしく。冬の雨は身体の芯にきますね。
[PR]
by thebrandywine | 2010-12-14 14:32 | 日常生活

鉄分補給

 なんで天下のNHKがエビぞり記者会見を15分も割いてトップニュース扱いするのか、理解に苦しんでるぴーこです。なんだかなー。(←夜の9時のニュース)

 少し寒くなってきたので、「もっと寒いところへ行ってエビ・カニ食いたいねー」と茶太郎と鋭意企画中です。で、「片道を飛行機じゃなくて寝台特急にしたいね」とも話していたところ、茶太郎が「北斗星」の特集をやっている雑誌をゲットしてきました。旅行雑誌か何かかな、と思って中身を見たら、ものすごい違和感。なんだかすごい「鉄成分」が高い。改めて表紙をみたら・・・。

人気列車で行こう
ブルートレインの雄で、本物の鉄道旅
北斗星


 隔週刊の鉄道雑誌でした。orz

 鉄道関係のコラムや特集記事もさりながら、最初に出てくるルートマップがすごいです。寝台特急北斗星が何時にどのあたりを通過するかが地図上に示されているのですけれど、それとともに、「桜の時期はちょうど日の出頃に通過」(大河原の一目千本桜)とか、「ライトアップされた五稜郭タワーが見える」(函館)といった車窓の風景や、どこでどの列車とすれ違うのかという、「撮り鉄」向けの撮影情報がてんこ盛りになっているのでした。

 茶太郎は最近、お医者さまに「少し鉄分が足らないかも」と言われたらしいのですが、だからといってこんな形で「鉄分」補給しなくても!
[PR]
by thebrandywine | 2010-12-07 22:37 | 日常生活
 わんこネタ続きます。

 朝散歩していると、犬を連れた人にたくさん会います。
 さて先日のこと。茶太郎と散歩していて、そろそろ家に帰ろうかというタイミングで、初老の女性に連れられた狆(チン)とすれ違いました。犬がこちらに興味を示し、飼い主さんも遊ばせてくれそうなフレンドリーな雰囲気だったので、ちょっとしゃがみこんで遊んでもらうことに。
 私は、アイコンタクトをとりながら軽く握った手の甲を差し出してご挨拶。お侍さんのようなカッコイイ名前のワンちゃんは、においを嗅いで「なるほど、ふーん」という感じ。納得して安心したけどそれ以上の興味は示さない、といったところ。おかあさん(飼い主さん)の知り合いか何かだと認識したんでしょうね。
 これに対して茶太郎は、そういったことはまったくしないで楽しそうに犬を見ているだけ。わんこのほうは「コイツ何者!?」てな雰囲気でやや警戒しつつ茶太郎のことを見ていたのですが、茶太郎が少し体を動かしたのに反応して、びくびくっという感じで後ずさり。そのしばらく後、やおら後ろに回り込むと、茶太郎のおしりのにおいをクンクン嗅いだのでした。
 もしかして茶太郎、わんこに同類だと思われてた? 飼い主さんともども全員で大爆笑。お尻のにおいを嗅ぎ合うのは犬のあいさつで、彼らはお尻のにおいから相手についてのさまざまな情報を得るそうですが、はてさて茶太郎のお尻のにおいにはどんな情報が隠されていたのかしら。今度あのワンちゃんに会ったら聞いてみたい気がします。
[PR]
by thebrandywine | 2010-12-01 12:01 | 日常生活

フクザツな事情

 時節柄、土日に仕事が入ることが多くちょっと人生辛くなってるぴーこですが、それでも先日、果敢にその合間を縫って温泉に行ってきました。目的地の候補のひとつにHPに飼い犬の写真を載せているペンションがあったので、わんこと触れ合って癒されたいと思って予約をとったのですが、いろんな意味で自分の考えが甘かったことを思い知らされました。
 まずは、わんこたちがかなり大柄で元気なレトリバー数匹だったこと。レトリバーといえばフレンドリーが服を着て、じゃなかった、毛皮をかぶって歩いているようなものだというのが世間の相場なわけで、そんなわんこたちとの触れ合いを妄想しつつ期待に胸ふくらませて犬小屋の前に立ったのですが、犬を飼ったことのない私たちにはそもそもコントロール不能なのですよね。公園で飼い主さん同伴で散歩している中型のわんこたちとはわけが違います。前足をあげて飛びかかってこられると、160センチ以上ある私とほぼ顔の高さが同じ。そんな子たちが数頭いるわけで、手荒なことは何もされませんでしたが、ちょっとびびりました。
 さらに想定外だったのは、わんこたちのフクザツな人間(?)関係。2頭いるオスたちの関係が微妙で、ボス然とふるまっているオスをもう1匹のオスは苦手にしているのですが、隙あらばボスの座を狙っているんだそうで、犬小屋には妙な緊張感が漂っているのです。さらに、オーナーからは、話の成り行きで人間だったらあり得ないような出生の秘密まで聞くことになってしまい、茶太郎と2人して「人間だったら絶対グレるよなー」と顔を見合わせたのでした。
 わんこに癒されるつもりで出かけたのですが、世の中そんなに甘くなかったのでした。わんこの世界も大変だね(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2010-11-30 13:16 | 日常生活

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine