THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

借りもの競走

 前首相の辞任についてコメントしたいことがあったものの、月曜日の病院での記者会見を見逃してしまったので、それをちゃんと見てから書こうと思い、今朝のNHKの1週間のまとめのニュースでチェックしようと思っていたのですが、まったく触れられていなかったのにびっくり。もちろん今週は、首班指名、横滑り組閣に加えて、若い力士の暴行による(と思われる)急死、ミャンマーでの民主化デモと日本人ジャーナリストの射殺、その他にも数えていけばきりがないほど大きな事件が続いたせいもありますが、もはや前首相のことはニュースにもならないということなんでしょうかねえ。
 というわけで、最後の(?)記者会見がチェックできていないので、自分の感想が当たっているか確かめられなかったのですが、私が言いたかったのは、彼は自分の言葉というものを本当に持たない人だったのだな、ということ。就任直後の所信表明演説を聞いたときに、実体のなさそうな薄っぺらいカタカナがえらく多いのにびっくりしたのですが、その印象は最後まで変わりませんでした。辞任発表の会見のときに連発していた言葉も、彼のおじいちゃまが首相をやめるときに使ったものでしたものね。
 自分の言葉を持たない、というよりも、本当の意味で自分の中からわいてくる自分自身の価値というものがなかったのでしょう。もっと辛辣な言い方をすれば、彼には自我とか自分というものがなかった、ということなのかもしれませんね。思春期というものを経なかったのかなあ。それとも、たまたま政治の世界では発揮されなかっただけで、他の面ではちゃんとあるのかしら。
 パパのぶかぶかの靴と洋服を身につけて、よちよちと歩く男の子の姿が脳裏に浮かぶのでした。(ぴ)
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-29 23:50 | ことば

晴れて解禁

 新弟子検査健康診断の終わった茶太郎、晴れてビール解禁。「さあ、今日からまた飲むぞー!」だそうです。ったく。

 去年の健康診断でも、血圧が高めなのが気になるところだったそうなのですが、今年も血圧がかなり高めに出ました。お医者さんが「じゃあ、聴診器をあててはかってみましょうか」と、おしゃべりなどしながら少し時間をおいて計測してくださったようで、そしたら、まあまあ正常値に近い数字が出てきたとのこと。いわゆる「白衣高血圧」ってやつですね。
 白衣高血圧の場合、自宅で毎日、できれば起き抜けと就寝前に、リラックスした状態で計測するのがよいとのことで、帰宅した茶太郎と、さっそく血圧計を買いに出かけました。予算より少々張り込んで、ちょっと高めものをゲット。2人分のデータを記憶させられるスグレモノです。
 というわけで、明日からは、ぴーこが白衣を着て測ってあげようと思います。看護婦さんと女医さんと、どっちの線でいこうかな、うふふ♪

 あ、地震だ。
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-28 22:45 | 日常生活

茶太郎・小ネタ

 ぴーこです。今日は、今週の茶太郎の小ネタです。

 ■ 彩華ちゃん♪
 NHKの朝の連ドラももうすぐ最終回ですが、先週末に彩華ちゃんが戻ってきて、我が家は(とくに茶太郎が)たいへんに盛り上がっております。
 買収騒ぎの渦中で主人公の夏美を「がんばりましょうね」と励ます彩華ちゃんに、なぜかテレビの前の茶太郎が「うん、がんばる♪」と答えていました。

 ■ 座布団ゲット!
 25日(火)の朝のテレビで、「今日にも現内閣が総辞職し、次の大臣が決まる予定」というニュースが流れていたので、「あたしも総辞職する~♪」と言ってみたところ、「掃除しないくせに、何が“そうじしょく”だよ!」とつっこまれてしまいました。
 この話を出かけた先で披露したところ、「うまい、座布団2枚!」とお褒めの言葉(?)をいただきました。茶太郎、よかったね。
 ちなみに、座布団を進呈してくださった方も、掃除(正確には片付け)が苦手だそうで、互いに大いに共感しあったのでした。

 ■ 新弟子検査
 なるべく休肝日をつくるように心がけている我が家。私が「今日はビール抜き!」と言うと、激しく抵抗していた茶太郎でしたが、ここ2週間くらい、外の付き合いがあるときなどは別にして、自宅ではなぜか率先して「ビール抜き」を実践しています。なんでそんなに急に殊勝になったのかフシギに思っていたのですが、やっと理由がわかりました。
 理由は、今週末に職場で行われる「新弟子検査」、もとい、健康診断です。結果がよくないと、ぴーこに「ビール抜き!休肝日!ぴーぴー!」とうるさく言われそうなので、ぐっと我慢をしていい結果を出して、そのあと1年間思う存分ビールを飲もうという魂胆だったのです。(なんて姑息な!これじゃ、健康診断の意味ないじゃん!!)
 殊勝な行いの背後にある企みにようやく気づいて本人を問い詰めたところ、「え、今頃わかったの?」と言われてしまいました。結婚してウン年、茶太郎がこういうタイプの努力をする人だということを初めて知りました。
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-26 16:22 | 日常生活

忘れないうちに・・・

茶太郎です。

はじまりました、NFL。日本では人気がイマイチですが、テレビ観戦でもけっこうエキサイトします。が、なにせチームが32もあって、どことどこの試合を見たのか、ちっとも頭に残りません。ということで、備忘録代わりに、テレビ観戦した試合の結果とショート・コメントを残すことにします。

[Week1]
  • ニューオーリンズ・セインツ対インディアナポリス・コルツ 10-41。
    昨年、NFCカンファレンス決勝までいって、惜しくも敗れたセインツと昨年のスーパーボール覇者コルツの対戦。好ゲームが期待されたものの、後半はコルツの一方的な試合。ぴーこは、コルツQBのペイトン・マニングがお気に入りで、「マニング様」と呼んでいる。弟は「エリ(Eli)ちゃん」だってさ。

  • ニューヨーク・ジャイアンツ対ダラス・カウボーイズ 35-45。
    ノーガードの撃ち合いって感じのハイスコア。ランもパスもビッグなのが飛び出し、見た目には面白かった。第4QでジャイアンツのQBイーライ・マニング(マニング様の弟、エリちゃん)が右腕?を怪我したみたいで、その後にでたのが背番号13の控えQB。巨漢のサウスポーといえば聞こえがいいが、解説者は「メタボの星」と言っていた。選手名鑑では193センチ、128キロとなっていたけど、過少申告かも。カウボーイズのQB「ロモ」はどうしても「ノモ」に聞こえる。女性問題があるらしいが、しっかり仕事せえよ!個人的には、ユニフォームがかっこいいので、応援してるぞ。

  • ボルティモア・レイブンズ対シンシナティ・ベンガルズ 20-27。
    やたらターンオーバーがあった、というくらいしか記憶に残っていない。どっちもなじみがないもんなあ。あ、レイブンスの球場って、近くを通ったような気がする。
[Week2]
  • カンザスシティ・チーフス対シコゴ・ベアーズ 10-20。
    がんばれ、ベアーズ!って応援してたけど、しまらないゲーム。ベアーズのQBグロスマン、インターセプトされすぎ。回りをちゃんと見ろよ、ちゃんと。そのうち、守備の人から怒られるぞ。

  • サンディエゴ・チャージャーズ対ニューイングランド・ペイトリオッツ 14-38。
    オフェンスの前評判が高いチャージャーズ。プレイオフの前哨戦と期待された一番だったが、ペイトリオッツの圧勝。前半、ペイトリオッツQBブレイディのパスが、ばかすか決まって、チャージャーズのディフェンスはな~にやっとんじゃ!って感じ。それにしても、ブレイディのプレイコールって、しゃがれ声で、なんか品がないなあ。

  • ワシントン・レッドスキンズ対フィラデルフィア・イーグルス 20-12。
    これ、見逃してしまった。イーグルスQBマクナブももう30歳かあ。走れるQBというふれこみでTVのCMに出ていたのが悪かったか、ここ2年くらい故障がちだったもんね。がんばれよ!
[Week3]
  • カロライナ・パンサーズ対アトランタ・ファルコンズ 27-20。
    パンサーズのWRスミスについたファルコンズのCBホールが気の毒。ちょっとしたちょっかいがすべて反則にとられ、3回連続して15ヤード罰退。これだけでもうエンドゾーンすぐそこ。解説者が「こんなんで反則になるなんておかしいですよ」と指摘していた。ホールも興奮して、ツバをとばしながら「おれは悪くね~ぞ」とずーっと息巻いていたのは、ちょっと見苦しいかも。パンサーズのQBデロームが第4Qでパスを投げたとたん、右前腕部を押さえる仕草をして、控えQBカーに交代。このデイヴィド・カー君は、ヒューストン・デキサンズが新設されたとき(2002年)のドラフト1位。それ以来、最弱小チームで、QBサックもいっぱい受けて、毎年毎年苦労していたんだよなあ。今度は、プレーオフ進出が見込めるチームで、せいいっぱい働いてくれ。最後のロングパス、かっこよかったぞ!
以上、備忘録代わりの観戦記でした。NHK-BSとGAORAしか見れないのがくやしい。(茶)
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-25 00:23 | 日常生活

甘栗その後

 「ケンカの仲直りに甘栗がいい」と星占いに書いてあったので、翌日、(占いによればその日にすることになっていた)ケンカに備えるべく、甘栗を買いに行きました。「備えあれば憂いなし」です。でも、スーパーとかコンビニで売っている甘栗ってみんな輸入品なんですよね。それならケンカの仲直りが遅くなったほうがまだマシかも、と思い、買わずに帰ってきました。
 帰宅した茶太郎にその話をしたら、「甘納豆があるから、それで代用すればいいじゃん」との対案が出てきました。なにごとも相談してみるものですね(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-20 23:23 | どうでもいいこと

いつか犬を飼ったら

 先日、茶太郎の20年来の友人から、改築した自宅にお呼ばれしました。このお宅では犬(長毛のチワワ、8歳のお局様)を飼っているのですが、このワンちゃんがとても社交的なお利口さん。
 大歓迎モードで出迎えてくれたお礼の、私の「なでなで」「よしよし」にしばらく身を任せて(?)いたかと思ったら、後ろから顔を出した別のお客さんに「はっ」と気づくや、そちらにも全力投球のごあいさつ。いわゆる全方位外交というやつで、どうも人間の好き嫌いの激しい私などは見習わなくては、と反省。
 このワンちゃん、名前は「マルク」といいます。女の子だから「リラ」にしようかと思ったけれど、すぐに「ユーロ」になっちゃうし、ということで「マルク」になったんだそうです(って、マルクでも状況は一緒じゃないか!)。この話を聞いて、将来我が家で犬を飼うことがあったら、その犬の名前は、女の子だったら「フラン」、男の子だったら「ぺせ太」にしようね、ということになりました。
 もちろん、マンション暮らしには夢のような話ですが。てか、自分の世話もちゃんとみられないのに、ワンコの世話なんて、あり得ない話なんですが(笑)。
 ちなみに、マルク様は、私の「なでなで」を気に入ってくださったようで、ソファに座った私の足下でくつろいでいらっしゃいました。疲れて「なでなで」をさぼると、おでこをスリスリしたり、お手をしたりして、さりげなく続きを催促されました。

 あ、そうそう。この日の占いには、「夕方は、気心の知れた友人たちと焼き肉をするとグッド」なんて書いてありました。招かれたのがお茶の時間帯だったので、晩ご飯は自宅で粗食にしよう、焼き肉はムリだな、と思っていたのですが、なんと「早めの晩ご飯、焼き肉屋さんを予約してあるんですよ」とのお言葉。「おお、占い通り!」とびっくりしました。
 この星占い、ブラウザのスタートページで出てくるので時々見ているのですが、それによると今日の恋愛運は「恋愛エネルギーが炸裂の日。遠慮せず攻めの姿勢が幸運を」、明日は「ささいなことが原因で、好きな人とケンカしてしまうかも。甘栗でも食べて仲直りを」だそうです。そうか、甘栗か。
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-15 22:30 | どうでもいいこと

忘れたいけど・・・

 新聞に載っていた某健康食品の広告の真ん中に、
「○○を飲んでいると年齢を忘れてしまうから、本当に不思議ですよね。」
 という、推薦の言葉があったのですが、見た瞬間、「いや、自分の歳がわからなくなっちゃうのはちょっとヤバいんじゃないの?」と思ってしまいました。あ、もちろん、2.5秒くらい後には、この文章の言わんとするところはわかったんですが・・・。
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-15 16:52 | ことば

川原湯温泉の思い出

 台風9号が近づいてきていて、関東地方へは今日の夜に上陸するようですね。
 JR吾妻線の運休のニュースを見て思い出すのが、6年前、2001年の9月のこと。この年は、訳あって茶太郎がひと夏、缶詰状態になっていたのですが、ようやく解放の目途がついたので、1泊の温泉旅行を計画しました。行き先に選んだのは、吾妻川沿いにある川原湯温泉。当時、2006年の八ツ場(やんば)ダムの完成でダムの底に沈むと言われていたところです(現在、差止めを求める裁判が関東各県で進行中で(八ッ場あしたの会)、まだ温泉は営業していますが、国道やJRをダムの上を走らせたりするための橋脚の工事はかなり進んでいます。)。
 忘れもしない9月10日の朝8時半頃、宿泊を予定していた旅館から電話がかかってきました。「台風12号が来ていますが、本当にいらっしゃいますか」とのこと。何も考えずきっぱりと、「行きますよ」と返事をして、のんびり出発したのはよかったのですが、関越道にのったあたりから雨が降ってきました。それでもあわてず(?)、伊香保の近くの水沢観音でお昼に「水沢うどん」を食べたりしていたのですが、だんだん雨が強くなってきて、宿に入ったあと、国道145号は通行止めになってしまいました。
 で、その日は、出かけることもままならず、お風呂に入ってごはんを食べただけ。部屋の小さなテレビを見て退屈をかみしめていた記憶があります。翌日も、雨はあがっていたのに、国道の通行止めはなかなか解除されず、国道に出ないで動けるところもかぎられていて、宿に缶詰。ぷらぷら歩いて源泉を見に行った程度です。宿の人にとても迷惑そうな顔をされながら、申し訳程度のおにぎりをお昼ご飯にいただいたのでした。
 結局、145号の通行止めが解除されたのは、午後2時。「雨量が多くなるとすぐ通行止めになるのが、渓谷沿いの国道の(飛騨川バス事故以来の)宿命なんだなあ」、と実感しながら、「でも、鉄砲水に襲われたりしたらどうしよう」などと心配しながら、帰途についたのでした。

 で、伊香保温泉とか高崎の市内に立ち寄って、家に帰ってきたのが9時半過ぎ。何が原因だったかは忘れましたが(多分くたびれて怒りっぽくなっていたせいで)、帰りの車中で茶太郎とけんか。口も聞かないでいたのですが、10時のNHKのニュースを見ようとテレビをつけた茶太郎が何か叫んで大声で呼ぶのでテレビの前に行ってみたら、ニューヨークの高層ビルに旅客機が突っ込んでいたのでした。
 2001年の9月11日のことです。
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-06 11:36 | 遠くにおでかけ

川越・道灌「丁稚芋」

 先週末にやってきた両親が手土産に買ってきてくれた芋ようかんがことのほかおいしかったので、ちょっとメモ。
 竹皮の包みをあけたときに、とてもいい香りがして、高まる期待。食べてみたところ、予想に違わぬ品のいい味でした。私は、サツマイモはそれほど好きでないくせに、なぜか芋ようかんには目がなく、浅草・舟和の「芋ようかん」のような「芋っ!」て感じのも好きなのですが、道灌の「丁稚芋」は素朴さを残しながらも洗練された雰囲気。ノックアウトです。原料として「白いんげん」が使われているようなのですが、あの抑制のきいた甘みはここからきているのですね、きっと。
 「栗(九里)より(四里)うまい十三里半」などと俗に申しますが(川越宿は日本橋から十三里半)、いやいや、ほんと、栗なんて目じゃないぜ、と思いました。

 ■小江戸川越のれん会道灌
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-05 22:13 | たべる

カロリー表示

 1泊2日の温泉旅行から、昨日、帰宅しました。コースは7月の旅行と似たような感じ。1日目は関越から入って、伊香保、草津をぶらぶらして、四万温泉に宿泊、2日目は浅間山周辺と軽井沢をまわり上信道で。楽しく遊んできました。気が向いたら写真などアップしますね。

 私は、チェーンのレストランよりも、(たとえ多少味が落ちるとしても)個人でやっているお店のほうが好きなのですが、チェーンのレストランも、メニューにカロリー表示が記載されていることが多いのは便利ですよね。そのお店で食べるときに計算ができるという意味で役に立つのはもちろん、自分の普段の食生活を振り返るのに役に立つので。揚げ物でなくてもお肉はカロリーが高めだな、とか、和定食も、サンマやサバのような青魚の塩焼きの量が多いと意外に高カロリーだとか。
 ところで、きのうの日経の夕刊に、アメリカで、外食店のカロリー表示を義務づける動きが広がっているが、外食産業の猛反発にあっているという記事がありましたが、この動きがアメリカの「食文化」(そんなものがあれば、の話ですが)にどのような影響を及ぼすのか興味深いところです。
 アメリカで生活した2年間、外ではリーゾナブルにおいしい食べ物に出会わなかった(出会えなかった)のですが、その原因のひとつが脂質に対するアメリカ人の過剰とも思える反応。カロリー過多にならないために、お肉の脂質は徹底的にカットされています。牛も鶏も、とにかくパサパサ。そんなにカロリー気にするんなら、まずはその食べる量を何とかしろよ、とよく思ったものです。
 しかしこの、とにかく量がたくさんないと気が済まないというのは、ある種の「貧しさ」に根ざしていると思われ、これは国の成り立ちにも関わるかなり根深い問題だという印象があります。ここへもってきて、外食産業(とりあえずは、ファストフードだけのようですが)にカロリー表示の義務づけが導入されるとすると、あの国のお料理は、いったいどうなってしまうのでしょうね。カロリーを押さえつつ、量を保つとすると、目も当てられない状況になってしまうかもしれません。
[PR]
by thebrandywine | 2007-09-04 22:27 | たべる

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine