THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

きれいな「あし」

 先日読んでいた本に、「腰」とか「肩」といったことばが指し示す身体の部位は言語によって異なるということが書いてありました。具体的には、日本語とフランス語――さらに具体的には、日本舞踊とバレエ――の比較です(佐々木涼子「東洋の美 西洋の美――舞踊の比較文化」鳥越成代編『女性と美の比較文化』(勁草書房、2008))。
 たとえば「腰」といった場合、バレエでは腰骨の先端を意識するけれど、日本舞踊の「腰」は股の付け根なんだそうです。腰は踊りの重心になる大事な部分ですが、バレエでは重心が高くなり、実寸より脚が長く見えるのに対して、日本舞踊では、重心は低めで安定感が重要となる。このため、それぞれの踊りが美しく見える体型というのも異なってくるというものです。
 また、「肩」というのも両言語で指す部分が違っているそうで、日本語の「肩をすくめる(=縮める)」は、フランス語では「肩を上げる(hausser les épaules)」なんだとか。じっさいに鏡に向かってやってみて、上がっているところがフランス語の肩、縮んでいる部分が日本の肩、というわけ(同書101-103頁)。へえぇ~。

 でも、同じ日本語でも、漢字で書かないと、話者が指し示しているのが具体的にどの部位なのかがわからないこともありますよね。いや、漢字で書いてたってわかんないかも、という体験を、しばらく前にしました。

 「あしがきれいですね」とか「きれいなあしをしていらっしゃいますね」と言われたとき、みなさんだったら、自分の「あし」のどの部分のことを言われたと思いますか。
 私はたま~にクイックマッサージに出かけるのですが、そこで、最近たてつづけに2回、それぞれ別の人に言われたのが、上記のセリフです。ぴーこも今ではこんなんですが(←どんなんだ?)、大昔にはスラリとした脚が自慢だったこともあり、「あしがきれい」なんて言われた日にゃあ、「いやあ、それほどでも。おほほほほ~」とか何とか、(さすがに口には出しませんが)心の中で思っちゃったりして相手の話にうまく対応できないことがあります。マッサージ屋さんでも、思わず「え?」と言ったきり、言葉につまってしまったのですが……。
 なんと、きれいだったのは「脚」ではなく「足」でした。それも足の裏。1回目は足の裏のお肌で、2回目は土踏まずのアーチでした。鯨は捨てる部位がないと小学校の社会科の授業で習ったことがありますが、人間の身体というのも、ほめようと思えばどんな部位でもほめられるものなのだなあと、妙に感心したのでした。
[PR]
by thebrandywine | 2008-07-31 23:37 | ことば

「東北」方向の基点

 骨休めの温泉旅行から帰った後も、自宅でずるずると骨休めばっかりしているぴーこです。

 先日、市立図書館に行ったときに、東北の歴史を簡単に解説した本があったので、「夏の帰省プラスアルファの予定を立てるのに役に立つかもー!」と思って、ガイドブックと一緒に借りてきたのですが、なんだかちょっとヘンなんですよね、その本(あえてタイトルは記しません)。
 前書きが、「みなさんは『東北地方は本当に“東北”に位置している』と思いますか。『何でそんな愚問を出すの?』と怒る人もいるかもしれません」で始まっていて、その後に、「方角の基点は、この場合は首都である東京であることは言うまでもありません」と続くのです(太字強調はぴーこ)。で、東京を基点とすると東北地方はほぼ真北になるのに、なんでそんな「きわめて不正確な『東北地方』呼称」が用いられたかといえば、それは、「九州の『西南地方』を意識しているから」だとしているのです。
 「東北地方」という呼称がいつの時代から用いられていたのか、私にはわかりませんが、かりに明治維新以前から用いられていた呼称なのだとすれば、基点は、京都なんじゃないんでしょうか。京都を基点にすれば、西南地方はまさに南西(西南)だし(東京基点だと、西南西くらい)、東北地方だって、ちゃんと北東(東北)の方向、東のさらに北の方に位置することになります。なんで「言うまでもなく」東京が基点になるんでしょう。「言うまでもなく」なんていうのが、ものすごくアヤシイ。冒頭の問いかけは、愚問というより、読者を愚弄しているような気がしちゃいます。それとも、「御維新前なら京都が基点」なんて考えが、シロウトの短絡的な浅知恵だと言いたいのかしら。
 というわけで、(私が間違っているかもしれませんが)読む前にすでに著書に対する信頼がぐらぐらと崩れてしまったので、中身を読まずに返却することになりそうです。いや、お手軽に知識を身につけようなんて卑しい了見がそもそもの間違いの始まりだったんだな、と反省しております。
[PR]
by thebrandywine | 2008-07-29 00:42 | どうでもいいこと

明日から温泉♪

 昨日のお昼の福島県沖の地震、東京は震度2のところが多かったようですが、異様な揺れ方に、かなり動揺しました。新宿の某デパートのギフトサロンで発送の手続きをしてもらっていたときに遭遇したのですが、ぐわんぐわんと異様な揺れ方をした上に、ちっとも(建物の)揺れがおさまる気配がなくて、もう目が回るというか船酔いしそうだったというか。担当の人もパソコンでの打ち込みを再開できずに(机もパソコンもゆっさゆっさで、焦点が定まらない)、たいそう困惑した様子でした。

 さて、明日から近場の温泉に行ってきます。今年は春からかなり大変な状況でしたが、いろんなことが一段落したのでようやく骨休めです。いつもは、私の生来の貧乏性ゆえに温泉旅行でもあれこれ欲張ってしまって、チェックインが遅くなってしまってせっかくの素敵な温泉街の雰囲気を楽しむこともなく終わってしまったりということが多いのですが、今回は、徹底的に(!)のんびりしてくる予定です。
 行き先は、1泊目が四万温泉、2泊目が草津温泉です。四万は去年いちど泊まったのですが、「ただ泊まっただけ」になってしまったのが残念なのでリベンジ。由緒あるお宿に宿泊してきます。草津に至っては、去年なんと2度も行ったのですが、通過しただけで宿泊しなかったためお風呂に入らなかったのが心残りで、これまた仇討ちです。
 というわけで、いってきまーす。
[PR]
by thebrandywine | 2008-07-20 23:29 | 遠くにおでかけ
 先月末からかかえていた宿題が今朝やっと終わって、ようやく夏休み気分に突入です。
 私はどうもエンジンがかかるのが遅いようで、期限直前になってようやく大事なことを理解したり、まだまだやらなくちゃいけないことがたっぷりあったことに気づいたりすることが多く、たまにはいいこと思いついたりすることもあって、ここからじっくりと時間をかけたらさぞかし……なんて思って、昔は「ああ、これでもう1週間、3日、いやせめて1日余分にあれば!」→「もうちょっと早くに本腰を入れてれば!」→「なんでサボってたんだろう!?」→「私ってダメな人間!!」などと自分を責めて後ろ向きにクヨクヨしたりしてたのですが(負のスパイラル)、最近は「これで時間が余分にあったとしても、あったらあったで安心しちゃってどうせ自分はやらなかっただろう」ということがよく分かってきたので、余計なことは考えず、とりあえず今できることを粛々とするように心がけています。
 もしかして、ぴーこってば、ちょっと前向きな人間に成長した? ひゃっほう! なんていい気になっていたのですが、実はただの開き直りで、反省すらしなくなったのかもしれないということに気づきました。がーん。ちゃんと早くから始めろよ(<自分)。

 先々週末に名古屋に帰ったときに書いたエントリに、「梅雨明けしたみたい」と書いちゃって、この10日ほど、ずっとそのつもりで天気予報とか見てたんですが……。あれれ? きのう「中国・近畿地方が梅雨明け」という報道がありましたよね。ってことは、やっぱり東海地方は梅雨明けまだだったってことかしら。
 名古屋の実家で読んだ新聞記事には、「梅雨明けの5日、岐阜では……」なんて文面で、岐阜のどこぞで36℃近くまで気温が上がったことが書かれていたんですけれど。私の勘違いだったのかしら。それとも、実家だけパラレルワールドになっていて、そこだけ気圧配置から何から、ぜーんぶ外の世界と違っていて、新聞記事も独自のものだったとか。

 いずれにしても、梅雨明けと書いたのはフライングだったみたいです(謹んでお詫び申し上げます)。今日も暑くなりそうですね。水分たっぷりとらなくちゃ。
[PR]
by thebrandywine | 2008-07-17 12:29

どっちもどっち

 きのう茶太郎を乗せて車を運転していたら、前を走る軽乗用車(もみじマークつき)がのたのたと走ってまして。少し急いでたので、軽くイラッときたりしてたんですが、その車が信号で右折するときによりによって道の左端に寄って止まったのですよね。
 広い道路ではないので、法令遵守して右寄りに停車してもらったって、どうせ通れないのに変わりはなかったのですけれど、それでも何だか不必要に通せんぼされたような気持ちになって、八つ当たり。

 ぴ : なーんで左に寄って止まんのよー、この車は!
     右折するなら、右寄りに停車しろっつーの。
 茶 : お年寄りにそういうひどいこと言っちゃいけないんだよ。
     もみじマークついてるんだから。
 ぴ : いいのよ、どうせ相手には聞こえないんだから!
 茶 : そんなことないって。年寄りは自分の悪口だけはよく聞こえるからさ。

 うーん……。いったい、どっちがひどいんだか。

 晩ごはんに、餃子を焼いてビールをちょっと飲んだら、ダラダラと汗が出てきました。やっと夏毛に生え替わった気分です。
[PR]
by thebrandywine | 2008-07-15 22:40 | 日常生活

「機動隊ストラップ」

 私は冷蔵庫の――正確には、冷蔵庫ですが――整理整頓が苦手で、使い切れなかったり存在を忘れてしまった食材をしばしばダメにしています。さきほども、野菜室の隅のほうでオクラがミイラ化しているのが発見されましたが、第一発見者に「オ~クラはみんな、し~んでいる~♪」と歌われてしまいました……。

 さて、新聞をとっていると、折り込み広告と一緒に自治体などの広報紙が入ってきたりしますよね。都内に住んでいると、警視庁の広報紙「広報 けいしちょう」というのが入ってきて、振り込め詐欺や悪徳商法などへの注意喚起をしてくれます。今号は夏休み直前ということもあって、とくに子どもに照準を合わせた、夏休み特有の危険から身を守るための特集記事などが掲載されています。
 その「広報 けいしちょう」の1面右下になぜか「プレゼントコーナー」なんていうのがあって(いつもはそんなのありません)、何をくれるのかと思ったら、「機動隊ストラップ」と「携帯クリーナー マルキくん」を「セットで100名様に抽選でプレゼント」してくれるんだそうです。警視庁のマスコットキャラといえば、(ちょっと不気味な)ピーポくん(注意:音が出ます)だけだと思っていたのですが、機動隊のマスコットキャラなんていうのがあったんですね(実物はテキトーにググってみてください。京橋の「警察博物館」でも買えるそうですが、どんな人が買うんだろう?)。応募ハガキには、住所、氏名などのほか「本号で印象に残った記事」を書くようになっていますが、私にとっていちばん印象に残った記事は、この「マルキくんプレゼント」のコーナーだな。
 余談ですが、この「マルキくん」関係でネットをさまよっていたら、警察関係者の方のみ購入できる警察グッズショップなんていうのに行き当たりました。へえー。
[PR]
by thebrandywine | 2008-07-13 09:29 | どうでもいいこと

汗がかけない~!

 なかなか、汗をダラダラかける夏向きの身体になりません。何とか汗をかこうと、スポーツドリンク片手に夜の散歩に出かけたのですが、じんわりとかく程度。
 汗がかけないと身体に熱がこもっちゃう、冷や汗はいつもかいてるんだけどなあ……とか何とかブツブツ言っていたら、茶太郎に「ぴーこはケチだから汗までためこんでるんだろう」と言われました。ふんだ、名古屋人はきっちり貯め込むけど、使うときはぱーっと使うんだから! 今に見てろー。
[PR]
by thebrandywine | 2008-07-11 23:22 | 日常生活

生還

 無事、かどうかは別にして、東京に戻ってきました。東京は涼しくて、ホッとしています。
 予想では33℃だった昨日の名古屋の最高気温はじっさいには34℃あったそうで(おまけに梅雨も明けちゃったそうで)、白クマ茶太郎だけでなく、私も暑さにやられてしまいました。ほぼ毎年恒例の熱中症の洗礼も受けておらず、からだが暑さにまったく慣れていない状態での名古屋の酷暑で、なかなか厳しいものがありました。車で西へ300キロ移動しただけなのに、東南アジアへ飛行機で飛んだかのような気候の違いでした。
 とりあえず、きのうの夜は、茶太郎と2人で、ワン・オブ・名古屋名物ズのひとつ、今池「味仙」の台湾ラーメンなどを食して暑さを吹き飛ばす努力をしてみました。私は辛い食べ物もそれなりに対応できるほうなのですが、「辛い」というよりも「痛い」というほうが適切な刺激で、最後のほうは汗だか涙だか正体の不明な水分を分泌しながら、それでもがんばって完食してきました。
 今日は、夏バテを予防すべく、「あつた蓬莱軒」のひつまぶしを食べてから帰ってこようと目論んでいたのですが、午後1時半にお店に着いた段階で、1時間待ち以上だと言われ(茶太郎によれば2時半に「点呼」をすると言われたらしい。意味不明)、しかたないのであきらめて帰ってきました。1時間くらいかけてお店にたどり着いたのに。かわりに通りがかりの店で食べたみそ煮込みうどんがあまり美味しくなかったこともあって、ちょっと悔しいです。
 またいつかリベンジするぞ!
[PR]
by thebrandywine | 2008-07-06 23:50 | 日常生活

名古屋の夏!

 名古屋に来ています。今日の名古屋の最高気温は31℃でした。東名の富士川SAはただ湿度が高いだけでしたが(体感的にはほぼ100%)、愛知・静岡の県境近くの新城PAは灼熱という言葉にふさわしい蒸し暑さで、車を降りたときに何かの間違いではないかと思いました。
 明日の予想最高気温は33℃だそうです。絶滅危惧種の白クマ茶太郎は、天気予報を見ただけでバテていますが、昨日までは、こんなに暑くなかったそうで、我が実家ではこの暑さは茶太郎が連れてきたものだというのが有力説になっています。冬に来ると何十年ぶりという大雪が降ったりと、状況証拠は売るほどあるのです。

 今日よかったのは、富士川SA(下り)のレストランで食べたお昼ご飯。駿河湾の特産の桜エビやシラスをふんだんに使った献立でしたが、なかでも桜エビのかき揚げは絶品でした。身の太った桜エビがぎっちり。これを干し桜エビ(粉末)入りのお塩でいただきました。むっちりとして甘くて香ばしい。ビールがなかったのが残念!
 ここのSAでは、地元の農産物の特売所も出ていましたが、とうもろこしをお土産に買いました。朝6時に雨の合間をぬって――静岡がものすごい降水量だったというのを全国のニュースでもやっていましたよね――収穫したものだそうです。実家でゆでてもらって晩ご飯の時にいただきましたが、甘くてうまー、でした。こちらはもちろんビールつきで。
[PR]
by thebrandywine | 2008-07-04 23:58 | たべる

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine