THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ただいま充電中

 先日、若い男性と2人っきりの個室で不覚にも眠ってしまいました(きゃー)。
 いや、マッサージ屋さんに行っただけなんですけれどね。肩こりバリバリで、疲れが腰にもきてしまったので。終わった後、「力加減はいかがでしたか」と聞かれたのですが、記憶になくとっさに答えられませんでした(笑)。電池の切れそうなぴーこです。

 海外用の携帯電話を買ってきました。
 今回は別行動の多いことが予想され、携帯がないと行動がかなり制約されて不便そう(昔は、ないならないで何とかやっていたはずなのですが、1回依存するともうダメですね)。レンタルしようかどうしようかと方策を探していたところ、どうせこの後も使う機会があるのなら買ってしまったほうが安上がりだということがわかり購入しました。もちろん端末はピンキリで、高いのはものすごく高いんですが。
 しかし、今回いろいろ勉強してみてわかったのは、日本の、電話機と電話会社がセットになっていて切り離して選択できないという携帯電話事情がかなり特殊だということ。私たちが買ったのは、プリペイド式の電話なのですが、好きな端末を買って、そこに状況に応じて選んだプリペイドカード(SIMカード)を挿入して初期化すればOK。滞在国に応じていちばん安くて便利なカードを入れ替えて使えるわけです。考えてみたら、日本だって固定電話なら、どの電話機にするかということと、電話会社をどこにするかということは、それぞれ別の選択ですよね。

 というわけで、ただいま充電中でございます。
e0110925_12215916.jpg

名前もつけました。

 左が「ソ二郎」(そじろう、茶太郎用)、右が「りくちゃん」(ぴーこ用)。端末メーカー(Sony Ericsson)にちなんで、「そに太郎」「そに夫」「えりこ」「くそ太郎」といろいろ考えたのですが、上記の命名に落ち着きました。

最初なので、きっちりいっぱいまで充電してくださいねと言われました。
あけるとこんな感じ。


e0110925_12221787.jpg

 あたしもフル充電したいよー(泣)。


e0110925_12223743.jpg

 端末そのものは、ちっこくて、ころころしていて可愛らしいですが、充電用のコード&コンセントはかなりごついです。
[PR]
by thebrandywine | 2009-01-30 13:28 | 遠くにおでかけ

花粉飛散開始日

 今日、2人そろって抗アレルギー剤をもらってきました。
 茶太郎はグシグシ言っていますが、私は今のところ、たまに「それ」らしいくしゃみが出たりする程度です。例年の「症状が出て我慢できなくなってから飲む」方針にしたがえば、(2月中旬までは転地療法をしているので)3月に入ってしばらくしてから飲めばよさそうなのですが、いちど、「ほとんど症状のないうちから飲んでおくとどうなるか」というのを試してみることにしました。帰国の1週間くらい前から飲み始めようと思っています。
 それにしても、茶太郎は鼻を詰まらせ、週末の電車はマスクをした人がいっぱい、そのあと行ったマッサージのお店で担当になったお兄さんも「それ」っぽくて、もうずいぶん飛んでいるんだろうと思うのですが、「正式」にはまだ花粉は飛び始めていないことになっていますよね。
 なんでも、「24時間で1平方センチメートルあたり、スギ花粉が1個以上2日続けて観測された初日」が花粉飛散開始日なんだそうですが、発症した人がずいぶん出たときに「スギ花粉、始めました」なんて宣言したって、ちょっと遅いと思いませんか。1平方センチなんてケチな(?)ことを言ってないで、もう少し広い面積を観測単位にすればいいのに。桜の開花日は実態とずれていたって構いませんが、花粉のほうは、国民の健康と国家経済の生産性にかかわる重大かつ深刻な問題なのですから(笑)。観測データの連続性が問題なのだったら、今のものは今のもので残してもうひとつ別の概念をたてればすむ話ですし。
 というわけで、花粉の「飛散」はまだ始まっていないことになってますが、「悲惨」はすでに始まっている、ということで(「飛散」が始まってから「悲惨」が始まるので、順序が逆のような気はしますが)、とりあえず我が家の今年の「悲惨開始日」は、茶太郎がグシグシ言い始めた1月20日ということにしておきたいと思います。

 「この鼻が詰まると君が言ったから1月20日は悲惨開始日(T_T)」
[PR]
by thebrandywine | 2009-01-26 21:46 | どうでもいいこと

つまり

 茶太郎は花粉症で鼻が詰まり、私は人生に(?)行き詰まっています。

 これ(↓)はこわい。"Flood"なんてタイトルのついたパニック映画になりそう。(・・・とまた、現実逃避をしている私)

 ■ 荒川:堤防決壊なら地下鉄97駅水没(毎日)

 茶太郎は、火曜日(20日)の夜に鼻をグシグシさせ始めました。ネットの口コミをみると、関東南部は19日くらいから飛び始めたみたいですね。私の花粉センサーはあまり性能がよくないので、まだ大丈夫なのですが、2月上旬に海外へ高飛びするまでもってくれるかしら。
[PR]
by thebrandywine | 2009-01-24 09:37 | 日常生活
 昨晩、寝る前に、まだ入れてなかったソフト一式のインストールを始めたのですが、やたらめったら時間がかかってしまいました。途中で極端に反応速度が遅くなり、画面からは、ちゃんと進行しているのか、ひっかかっているのかの判断がつかない状況だったので、はじめからやり直しをしたりしていたのです。
 手持ちぶさたになっちゃったのですが、かといって、上のような状況なので、風呂に入ってパソコンの前を離れたりするのも不安。この先どのくらい時間がかかるかもわからず、「ネットでもしながら時間をつぶすか」と古いほうのパソコンを立ち上げたら、今度はこっちのウィルスソフトが、システム全部のチェックなんぞを始めやがりまして・・・。インストールのほうが何とか終了して、長風呂から出てきてもまだやっていたので、「あとはよろしくね」と、先に寝ることにしました。
 機械を使っているのだか、機会に振りまわされているのだか、よくわかりません。

 そんなこんなで寝不足なせいか、今朝は、新しいほうのパソコンのキーボードに(生まれて初めて)お茶をこぼしてしまいました。えーん。
 いろいろ検索したら、アップルのサイトに水分をこぼしたときの対処法が書いてあったので、ただいま、机の横で「キーボードの干物」を作成中です。さかさまにして水分を出して、室温でだいたい24時間乾かせとのこと。何だか、秋に試みたイカの塩辛作りを思い出しました。こんなことしちゃっていいのかわかりませんが、ときどき気休めにドライヤーなんぞを当てたりしています。アルミのキーボードは、ネジではなく接着剤で止めてあるという構造上、分解して洗って乾かすというのができないので、ひたすら乾くのを――といっても、本当に中が乾いたのかどうか外からはわからないのですが――待つしかないのですよね。水分が付着した状態で電気が通ると、ショートする可能性があって、それで故障するのだそうで。
 そこで、茶太郎が帰ってくるまで、彼のパソコンのキーボードを借りようと思ったのですが、やっとの思いでケーブルをパソコン本体からはずしたら、なんと接続口が丸いPS/2。がーん。あ、でもたしか、PS/2とUSBを変換するコネクタがあったはず、と思って、正体不明のケーブル類がごっそり入った箱を捜索したところ、たしかに変換コネクタは発見されたのですが、PS/2の接続口しかないパソコンにUSBのマウスを接続したりするためにあるもので、私が探し求めていたものとは逆なのでした(12~3年前に購入したデスクトップパソコンに同梱されていたものと思われ。とりあえず素性がわかってよかった)。そもそも、USBをPS/2にわざわざ変換するコネクタなんて売ってないのかもしれませんね。
 結局、知り合いのところで1個余っている1つ古いタイプのiMacのキーボードを、2日ほど貸してもらうことにしました。ボディが透明でキーが白い、かわいらしいデザインのものです。個人的には、今のアルミの躯体の超スタイリッシュなiMacよりも、この1世代前のもののほうが可愛らしくて好みなので、ちょっと楽しみです。

 ちなみに、ネットで「iMac キーボード こぼした」で検索したら、けっこうみなさん盛大にやっていらっしゃることが判明。コーヒーをこぼした、という記事が多いのは、仕事や遊びでパソコンをいじるときにコーヒーを飲む人が多いからなのか、糖分や脂質が多くて被害が大きくなりやすいからなのか、どっちなのでしょうか。私は、コーヒーを1日に何杯も飲むのは辛いほうなので、仕事などするときは基本的にお茶です。
 キーボードの干物がうまくできるかどうかわかりませんが、うまくいったら、こぼしたのがお茶だったのが幸いした、ということかな。でも、万一うまくいかなかったとしても、こぼしたのがノートパソコンのキーボードだとか、外付けHDDの上だったりしなくて本当によかったです。
[PR]
by thebrandywine | 2009-01-20 14:10 | 日常生活

どっちかにして!

 マックのデスクトップには、簡単にガジェット(マックではウィジェットと呼ぶらしい)が貼り付けられるようになっています。電卓とか、付箋とか、スポーツの試合の結果の速報(ESPN)とかいろいろある中で、私は世界時計と世界の天気予報を貼り付けて、ニタニタしています。東京のと、2月に行く南のほうの国のと。
 天気予報には、週間予報に最高気温/最低気温がついてくるのですが、その2月に行く場所の気温は、今日が37℃/20℃、土曜日が21℃/9℃と出ています。暑くても涼しくてもいいから、どっちかにしてくれー! 
 鼻が短くて体温調節が難しいぴーこの魂の叫びでした。
[PR]
by thebrandywine | 2009-01-19 23:51 | どうでもいいこと

ほうじ茶

 先日、知り合いの英語を教えている人から、語彙には、自分でちゃんと使える語彙と、見たり聞いたりしたら意味はわかるけれど自分では使えない語彙(要するに言葉が出てこないってヤツですね)の2種類があるのだと教えてもらいました。前者を能動語彙(積極語彙/発表語彙)、後者を受動語彙(消極語彙/受容語彙)というんだそうです。
 私の場合、そもそも全体の語彙の数じたいが少ないのが大問題なんですが、その限られた語彙のうち能動語彙と呼べるものがいったいどれだけあるのやら・・・。
 ある語彙がある人にとって能動語彙であるか受動語彙であるかは、おそらく固定的なものではなく環境や状況によって——教育や訓練によって変えられるという意味だけでなく、事前に準備や気配りをしたかとか、そのときに緊張しているかどうかといった意味でも——違ってくるものなのだと思いますが、きのう、それを実地で体験しました。
 オーストラリアからのお客さんとお昼ごはん(おそば)をご一緒して、せいろと天ぷらのセットを「おいしい、おいしい」と食べてもらえたのでよかったのですが、英語がぜんぜん出てきません。このところ英語に関しては耳も口もぜんぜん使っていなかったので電子辞書を持参すべきだったのに無謀にも持って行かなかったせいで、いろいろと言いたいことが言えなかったのですが、中でも自分的にショックだったのは、最後に出てきて「このお茶おいしいわね」と言われた「ほうじ茶」がどのようなものであるかをちゃんと説明できなかったことです。
 "roasted (green) tea"と言えば一言ですんだものを、まずこの言葉が浮かばず(まあ、知らなかったものはどうしようもないのですが)、「お茶の葉を煎って香ばしくする」ということを一生懸命言おうとしたのに、何と"roast"が出てこなかったのです。焦れば焦るほど簡潔な説明からは遠ざかるという感じで、「加熱していい風味を増加させる」とか何とか、わけのわからない説明に終始してしまい、家に帰ってちょっと落ち込みました。
 "roast"という単純な単語がそもそも自分の能動語彙に入っていなかったとは思いたくないので、焦ると能動語彙にあったものが受動語彙に降格するという事態が発生するんじゃないかという解釈をしたわけですが、真相は闇の中です(笑)。まあ、適切な英単語での説明はできなかったものの、メモ用紙に「ほうじ茶、Hoji-cha」と書いて渡したので、とりあえずお土産のゲットはできたのではないかと思いますが。
 買い換えたパソコンにプログレッシブ英和辞典のアプリケーションがついていて、「料理」とか「スポーツ」とかいったコラムがあるので、2月に海外へ行く前に、ちょっと勉強しようと思います。

 お客さん2人(ご夫婦)のうち、ついてこられた妻のほうは、高校の先生をしているからか小さなお子さんがいるからか、私にもわかるように、ゆっくりはっきりと話してくれたのですが、招請されたご本人(夫)のほうは、もにょもにょ。しかも典型的なオージー・イングリッシュで私にはかなり難易度が高かったです。別れ際に、「今日はこのあと仕事なの?」と聞かれたのですが、例の"today"が"to die"になる発音で、思わずツッコミを入れそうになりました。「過労死か!」
[PR]
by thebrandywine | 2009-01-17 23:59 | ことば

手袋かたっぽ

 東京はこのところ冷え込みが厳しいですよね。こんなに寒いのに手袋をなくしてしまいました。ハンドバッグに両方しまってあったはずなのに、右手しかありません。
 お昼ご飯を食べた中華料理屋がいちばんアヤシイと思ったので、電話をかけて見てもらったのですが「ありません」という返事。「絶対、こいつ本気で探してないよな」って感じの対応だったのですが、「ほんとにちゃんと探してくれたの!?」と聞くわけにもいかず(笑)、とりあえず「見つかったら連絡ください」とお願いして電話を切りました。
 特別な思い入れがあるものではなく、買って4年ちょっと経過してずいぶんくたびれてきていたので、まあ、そんな時期かもという気もするのですが、いちおう明日、別の心当たりをあたってみようと思います(でも絶対あの中華料理屋がアヤシイと信じて疑わないぴーこ)。
[PR]
by thebrandywine | 2009-01-15 22:43 | 日常生活
 ニュースでもやっていましたが、東京は初雪が降りました。駅まで茶太郎を送っていこうと玄関を開けたら、どわーっと雪が降っていてびっくり。昼間も、本当に冷えていましたよね。セーターの上にトレーナーを着込み、エアコンの温度をいつもより高めに設定して、ひざかけをして足温器に足を突っ込んでも、手足の末端は冷えびえ。お茶を飲んでも暖かくなりません。食事をすれば体が温まりそうなものですが、お昼ご飯を食べてもまだ寒い。これはやっぱり「太い血管」というわけで、例の湯たんぽを膝掛けの中に置いたらようやく全身が暖かくなって落ち着きました。

 「箇条書き」の続き。年末年始、電気器具にいろいろと支障が出ています。
  • まず、もうあと数時間で新年という12月31日に、書斎の電灯がおかしくなりました。消えかけているのは2本ある蛍光灯の1本だけでしたので、とりあえず蛍光灯だけ買ってきたのですが、交換してもダメ。本体の方がやられていたのでした。もうかれこれ15年近くになるので。まあ仕方ありませんね。といわけで、また出直し。
     でも、気づいたのがお店の閉まる前でよかったです。最近は1月1日も初売りとか何とかいって営業する店が多いですが、私が行った量販店は、「CSR活動の一環として」1月1日は全店休業なのだそうで。「企業の社会的責任」とか「労働環境の向上」とか言うなら、3が日全部休みにすればいいのに、なんて思った罰当たりなワタシ。

  • で、照明器具売り場へ行ってみてびっくり。蛍光灯が細い! 最近は、細いほうが主流なんですね。ぜんぜん知りませんでした。蛍光灯売り場にもスリムタイプのものはそれなりにならんでいるのに、いったいいつもどこを見て歩いていたのでしょうか。
     なんでも、蛍光灯の持ちがいいので、地球環境にやさしいのだそうです。でも、具体的にどれくらい違うんでしょうか。

  • 蛍光灯とか地球環境とかいえば、このところ「点灯が早くなったので、トイレとかお風呂なんかにも使えます。電気代も安くなるし地球環境にもやさしいのでみなさん交換しましょー」的に脚光を浴びているボール型蛍光灯。我が家のお風呂とトイレは白熱灯で検討の余地ありなので、年が明けてからちょっと悩んでいます。
     この場合の比較検討の対象は2つ、本当に「地球環境にやさしいのか」と「お財布にもやさしいのか」ですよね。「お財布」のほうは、電球の代金がずいぶん高いのと、交換することによってうく月々の電気代の比較。ボール型蛍光灯って、蛍光灯なのでお値段もいいのですよね。我が家の電気料金は、エアコンをガンガン使ってしまう真夏や真冬でも、1万円を超えるか超えないか。このうちのどれだけが、風呂場とトイレの電気代なんだろうか。
     「地球環境」のほうも、なかなか悩ましいです。蛍光灯は長持ちするからおトクで地球環境に優しい、なんてこともよく言われるのですが、我が家のお風呂もトイレも、この数年、電球を交換した記憶がないのです(もしかしたら、アメリカから帰国してからずっと切れていないかもしれなくて、そうだとすると5年だ!)。さすがに、まだ使える白熱灯を捨ててまで(ご存じの通り電球は有害ゴミ)、というのも。
     なんて考えていたら、わけがわからなくなってしまって、お店にはボール型蛍光灯に交換する気満々で出かけたのですが、売り場で商品を前に腕組みして仁王立ちして、眉間にしわを寄せてうーん、うーんとうなっていました。結局、決断できずに退散。

  • とまあ、蛍光灯の話はこれくらいにして、お正月早々にオーブントースターもダメになりかけました。友人に結婚祝いとしてもらったものなので、こちらもガタがきてもおかしくはない年数。ゆすってポンポンとたたいたら何とかスイッチが入って、ちゃんとお餅も焼けました。
     その後は何とか働いていますが、壊れるときはこういうふうに「ある日突然」壊れちゃうんですよね、きっと。そろそろ商品の絞り込みくらいはしておいたほうがいいかな。

  • そして、今夜。湯たんぽを膝に置いているのに足元が冷えて変だと思ったら、今度は足温器が。これはたしか高校生の頃に親に買ってもらったもの。ひとり暮らしを始めてからほとんど使っていなかったのをなぜかお嫁入りに持ってきて、さらに何年もほったらかしだったものを去年ひっぱりだして、まだ使えるのに驚いていたものなので、まあ、いいタイミングではあるのですが。
     で、ネットで価格調査を始めたところ、自分の立場が危ういと思ったのか、また暖かくなってきました。時々サボったりしている様子なので、名前でもつけて気合いを入れようと思ったのですが、どうも温度調節の機能がおかしくなっているようで(「低」にしても、すごく暖かくなったりする!)ちょっと危ないので(古すぎてPL法の適用もないし)、こっちはもう買い換えることにします。

[PR]
by thebrandywine | 2009-01-09 23:14 | 日常生活

近況とか雑感とか

 ずっと更新をさぼりまくりでしたので、このところの近況などを例によって箇条書きで。
  • 喪中なので(5月に茶太郎の父が91歳で大往生)、年賀状なし、初詣なし、お正月飾りもおせちもなしで、名古屋への帰省も年末のうちにすませ、元旦の夜にカレーを作り、今年も合宿状態の日々を送っています。ついでに大掃除もなしです。

  • 年末にパソコンを買いました。なんとiMacマックの20インチ。アメリカに行く前からずっと自宅ではノートパソコンでやってきたのですが、ウェブ上の資料などを見てちょこちょことメモをとったりするには、12インチでは画面が小さすぎ。かえって機動力を欠くかなと思ってデスクトップを買うことにしたのでした。
     上に書いたとおり諸般の事情から大掃除はしなかったのですが、大きなデスクトップを置くための場所を確保すべく、自分の書斎だけ少しきれいにしました。といっても、ちゃんと片付けたわけではなく、邪魔なものを部屋の外へ出しただけ。全く問題の解決になっていません。
     いやー、しかし画面が美しいです。デスクトップに自分で撮ったハイイロリスの写真を出してみましたが、自分のヘボい写真がめちゃくちゃキレイに見えて、「あれ、私、腕が上がった?」って感じ。そういえば昔、「お米変えた?」「ううん、お釜変えたの」ってCMがありましたね。茶太郎には「おじちゃんのパソコンとかえっこしよう」とか言われそうです(茶太郎はApple製品が大好き)。

  • で、実際にマックを使ってみてわかったのは、いわゆる機種依存文字以外にも、マックとウィンドウズとで見え方が全然違ったりする文字が結構あること。慣れるまではちょっと不便です。
     それにしても、機種依存文字を無頓着に使う人が大杉。ネットであれこれブログなどをみていたら、伏せ字だらけ(?)になっちゃったサイトもありました。

  • iTunesなども使ってみたのですが、なんと、無線LANにぶら下がっている茶太郎のパソコンのデータが丸見え。ネットワークを介してパソコンをのぞかれたり、中に侵入されたりすることがあるというのを抽象的には知っていましたが、実際に人のパソコンのデータが見えて怖さを実感しました。もちろんルータにはセキュリティがついていますが、こんなのきっと、その気になったら簡単に破られちゃうんだろうなあ。

  • 10月末に「クリスマスツリーを飾ったのにまだが風鈴が出ている」とぼやいた近所のショッピングモールですが、くだんの風鈴はどうやら11月23日の連休の頃に撤収されたようです。
     11月のうすら寒い夕方に園芸コーナーを通るときなど、「ちりりーん、ちりりーん」という、番町のお菊さんのような恨めしそうな音を聞くと、体感温度が確実に2ー3度くらいは下がったような気がしました。夏に風鈴の音を聞いても「ちっとも涼しくならないじゃないか!」などと罰当たりなことを思っていましたが、それは風鈴の効果を上回る蒸し暑さにさらされていたからなのでしょうね。
     というわけで、思いもかけない状況で、めでたく風鈴の効果は実証されたのでした。

  • お正月は上にも書いたとおり、ぜんぜんお正月らしくないお正月だったのですが、茶太郎がひきこもって全然遊んでくれないので、ちょっとくらいはお正月らしいめでたいことを、と思って、1月3日にひとりで浜離宮庭園に出かけて、諏訪流放鷹術保存会による、放鷹術の実演を見てきました。「縁起物」のところで写真を載せたチョウゲンボウのぴーこちゃんも出演していたやつです。
     浜離宮庭園は、海に面しているせいか、明るく広々としていていいですね。昨年の10月に新宿御苑で学生時代の友人たちと、デパ地下で買い込んだ食料で公園ランチをしたのですが、浜離宮もよさそうです。冬は水鳥なんかもきているので、ネギ持参で。
     3日は風もなくおだやかな快晴だったのですが、長時間外にいたせいか、足の指にしもやけができてまいました。しばらくかゆかったのですけれど、末端の血行をよくするためには、血管の太いところを暖めるのが効果的と(睡眠関連の記事に)あったので、パソコンにむかうときに昨シーズン買った「ゆたぽん」(電子レンジでチンするジェルタイプの湯たんぽ)を太ももの上に置くようにしてたら、めでたく快復しました。いい年をしてコドモみたいです。

  • とまあ、私がこういうこと(箇条書きで近況報告)をしているときは、だいたい現実逃避しているときだと考えていただいて89%くらいは間違いなしです。

  • なので、そんなヒマはないはずなのに、NFLのプレイオフが始まってしまったので、結局シーズン中はほとんど見なかったのに、テレビ観戦などもしています。マニング様のいらっしゃるコルツ(ワイルドカードで勝ち上がり)は初戦で敗退してしまいましたが、面白そうな選手も何人かみつけたので、うまく時間を見つけてスーパーボウルまでおつきあいする予定です。
 まだいろいろあるので、続きはまた。
[PR]
by thebrandywine | 2009-01-07 19:59 | 日常生活

縁起物

 とりあえず、縁起物を2つばかり。
e0110925_0302938.jpg

昨年の撮影ですが(12月26日@富士川SA)。
年末に名古屋に帰省したときのもの。
東京に戻ってくるときも、またぴかぴかの快晴で、富士山がよく見えました。

それにしても、どうして人間、わかってても「おお~!」とか言っちゃうんでしょうね。
富士山とか海とか、金閣寺とか。
昨年2月の京都旅行のときに茶太郎が
金閣寺で予想どおりの反応をしたのは、ちょっとうれしかったですが。


e0110925_0313792.jpg

チョウゲンボウのぴーこちゃん(ホントです)(1月3日@浜離宮庭園)。
ただし、彼女が自分を「ぴーこ」だと認識しているかどうかはアヤシイそうです。
それはさておき、私よりもプリティでかしこそうなのがちょっとクヤシイ。
詳細は、後日、気が向いたら。

 3つめの「なすび」は各自スーパーマーケット等でご覧下さい。というわけで、本年もボチボチと参りますので、よろしくお願いいたします。
[PR]
by thebrandywine | 2009-01-06 00:34 | ごあいさつ

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine