THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 今朝は、茶太郎が少し早めに仕事に行かなければならないというので、駅まで送っていくことになりました。降りてきたエレベーターは、扉の窓越しには誰も乗っていないように見えたのですが、死角に刺客(?)が潜伏しておりました。中から出てきたのは、なんと猫!(うちのマンションは、もちろんペット禁止です。)
 まったくの想定外の事態に2人とも泡を食いましたが、とりあえず茶太郎を駅へ送り届け戻ってきたところ、当のお猫様は、さきほど降りたところでくつろいでいらっしゃいました。近づいた私の足回りにまとわりつき、頭や肩をこすりつけてきたりして、典型的な飼い猫の行動パターン。マンション近くに居着いている数匹の野良とは、表情も毛づやも違います。
 うちのマンション、しばらく前に大規模修繕をしており、そのときに、同じ棟に住む同い年の人が、「ベランダを見たら、猫がいてびっくり! ガラス戸を開けたら当たり前みたいな顔して入ってきて、数日滞在していったの。多分どこかで飼っている猫が、修繕のために組んである足場を伝って来たのね。かわいい猫で、あれ、姿が見えないと思ったら、流し台に入り込んでちんまりしてたのよ。」なんて教えてくれたことがありました。もしかしたら、同じ猫かもしれません。

 このところ、心に潤いがないので(?)、触れ合いを求めてちょっと遊んでもらうことにしました。お猫様、激しく頭突きをしてきたりします。けっこう乱暴なスキンシップがスキなのかしらん。私もお返しに頭をワシワシしたり、ぺしっとしてみたり。しかし、しばらくして、ある疑問がムクムクと頭をもたげてきました。
 朝、茶太郎といっしょにエレベーターを待っていたときには、廊下の床に(多分瀕死の)アブラゼミがいたのですが、その姿が見あたらず、かわりに1メートルくらい離れた場所にアブラゼミの羽が3枚。出かけるときには、そんなものはなかったはず。

 あんた、もしかして食べた!?

e0110925_013179.jpg

「え、にゃんのことかにゃ。食べてにゃーよ。」


 んー、なんかアヤシイ。いや、もしかしたら別の名古屋弁を話していたのかもしれない。

e0110925_0125288.jpg

「うみゃーであんたも食べてみやー」



 いや、遠慮しときます……。

 まあ、それはともかく、しばらく遊んでもらって満ち足りたので、家に戻ろうとすると、きっちりとついてきます。ついてくるというより、私より前に出て進路を妨害しようとするというか。玄関の鍵を開けようとすると、やっぱり私よりドアに近いところで、「開けてー」と言わんばかりのお座り。家に入れてくれる人だったら誰でもいいのか。キミには節操というものがないのか!

 ともかく、ドアを開けたら家の中に入ってくるのは必定。私もすぐに出かけなければならなかったので、長居をしていただくわけにもいかず。不測の事態があっても困るし。でも、この状態で玄関で振り切るのは難しそう。ドアに手足を挟んだりすることになってもかわいそうだし。(←猫に手はない。後日追記)
 しかたないので、緊急避難的強硬手段にうったえることにしました。エレベーターを呼び、ドアを開け、乗り込むふりをし、お猫様を中に入れ、膝でブロックしつつ「閉」のボタンを押しながら外に出る!
 作戦は見事成功。身柄確保。閉まるドアに阻まれ、「えー、そんなー」という表情をしながら、後ずさりする様子がえらく人間くさくて、ちょっとかわいそうですが思わず笑ってしまいました。エレベーターのカゴいっぱいに、「がーん、がーん、がーん……」という「ふきだし」があふれているようで。ごめんよ。

 数十分後、出かける支度をしてまだ余裕があったので、どこかにいたらまた遊んでやろうと探してみたのですが、姿は見あたりませんでした。無事、自分の家に帰ったか、あるいは、よそのお宅に上がり込んで遊んでいたのかも。案外、あっちこっちに別宅があったりして。
 それにしても、あのエレベーターを次に開けた人、たまげただろうなあ。
[PR]
by thebrandywine | 2009-08-27 00:31 | 日常生活

うーん。

 「市会議員」「県会議員」とは言うのに、なんで「都会議員」って言わないんだろうという、小学生のような疑問がわいてきて、夜も眠れなくなっちゃいそうなぴーこです。(ググってみたら、「都会議員」という言う方もアリだということがわかりました。これで今夜もぐっすり!)
 この週末を、茶太郎は海外で、私は名古屋ですごすので、明日、期日前投票に行く予定です。
 今回は党派的行動をとろうと思い、公示前から投票する候補者は決めてあったのですが、昨日、駅前にその候補者と党の幹部が来て街頭演説会をするというので、聞いてきたのです。で、党幹部の他にも、市会議員や都議会議員が何人も来ていて応援演説をしていたのですが、なんだか、候補者ご本人がいちばん頼りなさげだったのですよねー。マッチョさが足りんとか、もっと家父長的なオッサンがいいとか、もちろんそういうことではなくて、地に足のついたどっしり感とか、大所高所から物事を透徹するぶれないまなざしが、ということです。この両者が備わっていれば、体つきがナヨかろうが、言葉遣いがカマっぽかろうが、そんなことはどうでもいいので(というか、この両者が備わっていて、ナヨかったりカマっぽかったりする人がいたら、多分私、ついて行くと思う)。
 明日になっても、あるいは、かりに30日当日まで投票をのばしたとしても、多分、自分の結論は変わらないと思うのですが(だって、他に現実的な選択肢ないし)、いつもと違って迷いがなかっただけに、やや釈然としないぴーこなのでした。
 やっぱりちょっと眠れないかも。
[PR]
by thebrandywine | 2009-08-24 23:13 | その他いろいろ

飲む気満々のメアド!?

 携帯電話のe-メールアドレス、スパム予防にあれこれと長いアドレスにしていらっしゃる方も多いかと思いますが、私もそうしています。私の場合、このブログのタイトル「brandywine」を入れ込んであります。
 ブログの前のHPの時代から読んでくださっている方の中にはご存じの方もいらっしゃいますが、このbrandywineというのは、ワシントンDCで住んでいたアパートの名前(The Brandywine)です。正確には、そのアパートが面している通りの名前(Brandywine St.)。私たちがいた頃にはありませんでしたが、今はサイトもあるようで、検索するとアパートの正面玄関の写真がでてきます。

 ワシントンDCの通りは——前にいちど書いたかも知れませんが——、国会議事堂を中心に、東西に走る(地図で横に走る)通りはアルファベット(A St., B St., ...)、南北に走る(地図で縦方向の)通りは、数字(1st St., 2nd St., ...)になっています。アルファベットのほうは数字と違って数に限りがあるので、終わりまでくると(といっても、Zではなく、V、WときてYが最後)またAに戻りますが、今度は、アルファベット順の頭文字を戴いた通りの名前が続きます。その規則性で、私たちが住んでいたアパートの面していたBrandywine St.の前後は、Albemarle とChesapeakeということになっています。

 ■ ワシントンDCの地図 市の中心部をぐっと拡大してみてください。

 さて、前置きが長くなりました。この月末に名古屋にひとりで帰る予定にしていて、そのさいに、高校時代の友人たちと数人でものすごーーーく久しぶりに集まることにしたのですが、そのときの緊急連絡先のアドレスとして、上記の「brandywine」の入った携帯メールのアドレスを教えたところ、そのうちの唯一の男子から、「了解。飲む気満々のメアドだね」という返信が来ました。
 いちおう、このアドレスの由来を説明して「残念でしたー」と返信しておきましたが、茶太郎と私がこの名前に惹かれてアパートを決めたのも事実。通りの名前だということを知らずに、「brandyとwineかー。私たちにぴったりのいい名前だー」なんて言ってましたから。
 というわけで、メアドとは関係なくても結局は飲む気満々のぴーこなのでした。月末が楽しみ。ふふふ。
[PR]
by thebrandywine | 2009-08-23 22:57 | その他いろいろ

帰省&旅行から帰還

 お盆の帰省とそのあとの旅行から、おととい無事に帰ってきました。

 わが家から秋田の実家まで、600キロちょっと。距離が長いのもそうなんですが、東北道に入るまでの渋滞だとか、帰り道の交通集中による自然渋滞なども手伝って、車での帰省が年々しんどくなっている茶太郎&ぴーこです。どちらも、もともと車の運転は好きなほうで、交代でハンドルを握ってるので、孤独に600キロ走破するわけではないのですけど。
 今回も、東北道の矢板インター付近から続く35キロの渋滞にはまり大変(それでも、お盆前に”渋滞を作らないコツ”みたいなテレビ番組でもやっていたのか、みなさん、ハイスピードで突っ込んだりせずにセーブして走っておられたので、比較的ましな渋滞ではありましたが)。渋滞の中で、「やっぱり来年からは新幹線かなー」なんて会話をしておりました。車だと、荷物を気にせずにどこへでも行ける気楽さはありますが、2年前の夏に新幹線で帰省した(直前に車が壊れ、お盆明けまで車が使えない事態になり急遽)ときは、やっぱりラクチンでしたから。
 今回は、Uターンラッシュを避けるべく、東京に戻る前に三陸&遠野を旅行してきたのですが、新幹線だったら、予約さえきちんととっておけば、帰省ラッシュ、Uターンラッシュを避けるのに頭を使ったりすることもなく、時間つぶしみたいな旅行を組み込む必然性もありませんものね。

 学生時代の友人が、最近、車を手放したそうなのですが、同じ名古屋(=車社会)出身の友人が車なしで大丈夫なら、私たちも大丈夫なのかな、なんて思ったり。わが家の場合、すぐには、車を処分するという大英断はできそうにありませんが、少なくとも、次回からの帰省は新幹線にしようと強く思った、その友人からのメールの一節。
新幹線でのビール&弁当を楽しみながらの移動は快適で
車売ってよかったよかった、と思いました。

 茶太郎、新幹線だとビールが飲めるんだよ!! これはもう決まりだね。
[PR]
by thebrandywine | 2009-08-19 17:02 | 日常生活
 以前に、ホリエモンが逮捕されたときにも同じようなことを書いた記憶があるのですが、世間というかマスコミというか、呼び名が「容疑者」になると一転、手の平を返したような報道があふれるのに、この数日、辟易としているぴーこです。
 配偶者の逮捕の報道で、あらかた想像はついていたでしょうに。呼び名がどうあれ、真実(=彼女がこれまでしてきたこと)はひとつなのに、「容疑者」となったとたんに、彼女のアイドル時代などの映像をこれでもかというほど垂れ流すという・・・。逮捕状が出る前に憶測で記事を書けば名誉毀損で訴えられる余地があるので、先走りはできないということなんでしょうが、本当に堰を切ったようで。要するに、他人の不幸は蜜の味、名誉毀損という歯止めがなければ、メジャーなマスコミも、そういうことを書きたくて書きたくてしかたないのでしょうね。
 なんといっても法的には、「容疑者」は「犯人」とはまったく違うわけで。まあ、ご本人が出頭して容疑を認めたようなので、それを受けて、それ以降の対応が変わる部分については理解できなくはないのですけれど、なんだか過剰反応しすぎのような。疑われている事実を裏付ける物証が見つかったということを淡々と報道すれば、それで十分だと思うのですが。
 法務省は、彼女が「容疑者」となった段階で早々と、彼女が出演していた裁判員制度のドラマについての記述をサイトから削除し、そのDVDの貸し出しについても取りやめにしたようですし、今日ネットでみた報道では、所属事務所も、彼女のCDなどをレコード店の店頭から回収したそうで。
 9月に予定されていた新譜の発売を中止するとか、メーカーがCMを放映しないというところまでは理解できるのですが、過去の作品まで引っ込める必要ってあるんでしょうか。消費期限切れの食品とか重篤な副作用が明らかになった薬品と違って、店頭に置いておいたって、購入してそれを享受・消費する人に実害が及ぶわけでもなし、観たい人、聴きたい人は、自分自身の選択でそうすればいいと思うのですけれど。
 まあそれでも、私企業の場合、企業イメージというものがあるので、「そこまで!?」と思いつつも一定の理解は可能なのですが、容疑者ないし被告人の憲法上保障された権利に敏感であるべき裁判所が、そういうことをしていいのかという強い疑問があります。裁判所も、裁判員制度の開始などで、「企業イメージ」に過敏になっているのでしょうか。
 これもある種の「無菌社会」のあらわれなんでしょうか。インフルエンザ騒ぎとも通底する部分があるような気がするぴーこ。同じ「ぴー」として、思うところを書いてみました。

 おまけ:酒井法子「容疑者」の写真が有害な訳&毎日新聞社への凸
[PR]
by thebrandywine | 2009-08-09 23:03 | どうでもいいこと

「記憶」の風化

 今日の、ちょっとショックだったこと。

 今朝はずいぶんと朝寝坊をしてしまったのですが、起きてNHKをつけたところ、本来ならとっくに終わっているはずの朝のドラマがまだ放映されていました。何か大きなニュースがあって番組の編成ないし放送時間が変更になったのだろうと思ったのですが、ドラマの後の短いニュースでもめぼしいものはなし。
 時間変更の理由は、広島での平和記念式典でした。でも、次の番組のアナウンサーが説明してくれるまでそれがわからなかったのです、私。以前は、8月6日とか、8月9日という日付にもう少しビビッドに反応していたはずなのですが。
 私自身は、あの戦争が終わってずいぶんと時間が経過してからこの世に生を受けたわけですから、もちろん、戦争についての自分自身のなまの記憶などあろうはずはありません。それでも、自分なりに、国民、民族としての記憶、あるいは国家の歴史的記憶というものを抱えているはずで——少なくとも自分ではそう信じているわけですが——、その「記憶」が自分自身の中でも急速に風化しつつあることに、衝撃と危機感を覚えた8月6日となりました。
[PR]
by thebrandywine | 2009-08-06 21:19 | その他いろいろ

余計なもの

 一昨日、ふらりと遊びに行った旧前田侯爵邸ですが、(財)東京都公園協会の扱いで入場料ありの旧岩崎邸や旧古河邸がと違って、目黒区の管理で入場無料なのはなんでなんだろう、と思って調べてみたところ、10ヘクタール以下の公園については、昭和50年4月1日に、各区に事業移管が行われたとのこと。なるほどー。(駒場公園は、都立公園としては昭和42年7月26日に開園。)

 閑話休題。

 その東京都は、目下、オリンピック誘致にしゃかりきなわけですが、こういうのはちょっとねーと思った、一昨日の写真を2枚。いずれも、旧前田侯爵邸の洋館で撮ったもの。

e0110925_23543820.jpg


 これは、まだ、(玄関の部分ではありますが)いちおう建物の外といえなくもないので、ギリギリのところなんですが……。(でも、気分台無し。)

 こういうのは、いくらなんでも、と思うぴーこ。


e0110925_23544662.jpg


 「私たち」が選んだ都議会議員で構成される都議会で適法な決議を経て決まったオリンピック誘致のために、都の財政を投入したり、都の財産を有効利用しようとする、ということについて何でもかんでも反対、というつもりはないのですが(でも私はすごくイヤだけど。笑)、最低限の美意識と節度は持っていただきたいな、と。せっかくの建物の美観を損ねること甚だしい。入場無料だと、文句言っちゃいけないのかなー。
[PR]
by thebrandywine | 2009-08-03 23:44 | どうでもいいこと

引っ越しました。

 引っ越しました。

 築年数はかなりのものですが、周囲に緑が多く雰囲気がいいので気に入っています。まだ、家具がきちんと入っていないのでがらんとしていますが、新しい部屋はこんな感じ。

e0110925_0114896.jpg


えへ。



えへへ。



えへへへへへ。



でへへ。




 ウソです、ごめんなさい。

 ふと思い立って、駒場東大前近くにある「旧前田侯爵家駒場本邸」に行ってきたのでした。東京都の指定有形文化財で入場無料。駒場農学校(後の東京帝大農学部)が本郷に移転した跡地に前田侯爵が移ってきたのだそうです(昭和11年)。
 旧岩崎邸などと同じく、戦後、連合軍の接収を経て、東京都が買い取ったとのこと。

 とんがり屋根が印象的な洋館。

e0110925_0202866.jpg


 窓は、シンプルなステンドグラスになっていて(写真ではわかりにくいですが)、ところどころ黄色のガラスが入っているので、暖かみのある光が差し込んできます。

e0110925_0195884.jpg


 同じ敷地には、和館もあります。

e0110925_0232678.jpg


ひろびろー。



e0110925_0234167.jpg


 こういう場所に来ると、寝っ転がりたい衝動にかられますが、「人前で寝転ぶのはやめましょう」という注意書きがありました。注意書きがあるということは、そうする人がたくさんいるということですよね。でも、「人前で」ということは、人がいなかったら寝転んでもいいってことなんでしょうか。素直に解釈するとそういうことになりますが。
 古い日本家屋の風通しのよさは格別。庭の緑を渡ってくる風を感じながら昼寝をしたら、本当に気持ちよさそう。今度は、人がいない時を狙って来よう!

 ちなみに、茶室その他のお部屋は、半日単位で貸してくれるそうです。趣味の集まりだけでなく、会議や打ち合わせをしてもいいのだそう。飲酒はダメなのが、茶太郎&ぴーこ的には残念ですが。

 欄間の透かし彫り。

e0110925_0235733.jpg


 シンプルなのがかえっていい感じ。こういうの大好き。


 さて、邸宅のある駒場公園をあとにして、神泉方面にむかって歩きました。 

 首都高の関連施設がにょきにょき。

e0110925_024953.jpg


 このあたり、車は品川ナンバーですが、そう思って見ると、ベンツ遭遇率が大変高いです。ベンツ以外の外車とか、レクサスとかも。そういえば、駒場東大前駅から駒場公園に行く途中には、モダンなお屋敷がたくさんありました。「FOR RENT」と書いてあるお宅もありましたが、1ヶ月の賃料はいったいいくらくらいなんでしょうね。

 神泉と渋谷の中間あたりにある中国茶のお店で休憩。

e0110925_0242315.jpg


 テーブルには、「中国茶の楽しみ方」を説明したものがちゃんと置いてあるので、初めてでも安心。

 素焼きの急須(茶壺)にお湯を注いで、お茶が出たらそれをガラスの器(茶海)に全部注ぎ、そのうちの1杯分を長細い器(聞香杯)に入れ、さらに、それを小さな湯飲み(茶杯)に入れて飲みます。で、空になった聞香杯には香りが残るので、お茶の味とともにそれを楽しむ、ということらしいです。

 お茶請けにたのんだココナッツタルト。

e0110925_0243591.jpg


 すでに、茶太郎によって一部かじられていました。

 こんなことをしていると、先日の香港旅行の続きをしているようで、自分がどこにいるのだか、よくわからなくなったのでした(笑)。

 半日歩いて改めて思ったのは、やはり東京は緑が多いなあ、ということ。若かった頃、名古屋から初めて東京観光に来たときの印象のひとつが、東京は緑、とくに巨木が多い、というものだったのですが、駒場界隈を歩いて、またその思いを強くしました。
[PR]
by thebrandywine | 2009-08-01 23:36 | 近くにお出かけ

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine