THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 明日、職場の健康診断をかねた人間ドックを受けに行くので(人生初人間ドック!)、問診票などに記入して準備をしていたのですが、大腸がん検診に使う検体は冷蔵保存(笑)しておくことになっているので、まだ持ち物に入れられません。でも、このままじゃ絶対明日の朝忘れたまま出かけそうな気がするので、問診票類の入った封筒に付箋を貼って、「う○こ!」と大書したぴーこです。
 これならきっと大丈夫!な、はずだけど自分の日頃の行動を考えるとまだ不安です。玄関のドアの内側にも、1枚メモを貼っておこうかな。

 この時期、マンションの管理組合の総会があって、うちのマンションでは議題に「賛成」「反対」「保留」「棄権」の順で決を採るのが慣例になっています。そのときに「保留される方」とか「棄権する人」とかいった聞き方をしてくれればいいところを、「保留の人」「棄権の人」という表現が連発されるものですから——だいたいこういう会議の時って、頭の中がヒマになるので余計なことを考えちゃうわけですが——、私の脳内では、「蒲柳の人」「危険の人」という誤変換が繰り返されてました。
 蒲柳の質で危険な人物って、いったいどんな人なんでしょう。結核陽性の人!?

 で、総会が終わったので出かけて戻ってきてエレベーターに乗ろうとしたら、エレベーターの前に小さな女の子たちがわらわらと集まっていました。その渦中に足を踏み入れることになった茶太郎は、幼女のみなさんから口々に何かを訴えかけられてましたよ(よっ人気者!)。いっぺんに複数の訴えを聞かなければならなくて往生してましたが。
 その中の3歳くらいの女の子曰く、「あのね、私の自転車ね、急ブレーキをゆっくりかけるとね、ゆっくりになるの」。何か深いことを言おうとしていたのでしょうか。矛盾に満ちた哲学的な言説です(笑)。
 彼女は自転車のスピードをブレーキで調整できるという「大発見」に興奮していたものと推察されますが、私の頭の中はその後、「“ゆっくりと急ブレーキをかける”ことは論理的に絶対不可能か」という不毛な問いに占領されています。やっぱ、どうしても無理かしらね。
[PR]
by thebrandywine | 2010-06-27 17:26 | ことば

参院選公示

 先日エントリをあげた「ものもらい」の方言は、ロート製薬の調査がすでにあるようです。ロート製薬では、ものもらいを麦粒腫のみをさす(霰粒腫は含まない)ものとして使っていますね。

 ■ ものもらい(麦粒腫)の呼び方

 24日に参議院選挙が公示になりましたが、今回の選挙について有権者が強い関心をニュースを持っているとの報道に接して、ぴーこは、関心は高くても投票率じたいは下がったりして、と直感的に思ったのでした。だって、違いがよくわからない政党がたくさんあるのですもの。

 行動経済学の分野ではよく知られている話なのだそうですが、スーパーでのジャムの試食を素材に選択肢の数が購買行動にどう結びつくかを調査した実験結果があります。近代経済学で暗黙の前提となってきた、選択肢は多ければ多いほどよいという考え方の反証になるもので、イェンガーとレッパーという人が行った実験だそうです(以下、友野典男・行動経済学213-14頁からの孫引き)。
 スーバーマーケットで6種類のジャムと24種類のジャムをテーブルに並べて、1ドルの割引券を渡し買い物客に試食してもらった。6種類のジャムの陳列と24種類のジャムの陳列は1時間ごとに入れ替えた。
 陳列テーブルのある通路を通りかかった242人のうち40%が6種類のジャムの陳列を訪れたのに対し、60%の客が24種類のジャムの陳列を訪れた。つまり、最初はジャムの種類が多い方が魅力的なのである。
 しかし、6種類のジャムの陳列テーブルを訪れた客のうち実際に購入したのは30%であったが、24種類のジャムの陳列テーブルを訪れた客のうち実際に購入したのはたった3%にすぎなかった。消費者は、多様な選択肢が用意されている方に魅力を感じるが、結局、選択肢が多すぎると決定ができないようである。

 高級チョコレートを使って同じような実験を行い、同じような結論が得られたそうですが、たしかに、私の日常的な感覚には一致します。

 茶太郎は、駐車場に空きスペースがたくさんありすぎると、どこに止めたらいいのかわからなくなって呆然とし、私に「どこに止めよう」と聞いてきます。私は、駐車スペースに関してはけっこう迷わずすっと止められるので、「好きなところに止めればいいじゃん」と冷たく言い放ちます(笑)。
 しかし、かく言う私も、軽井沢の目抜き通りにあるジャム屋さんで、あんまりたくさん商品がありすぎてお土産にするジャムを選ぶのに四苦八苦しましたし、先日友人と旅行に行った上田の駅前のやはりジャム屋さん(みすず飴)でも、おいしくてちょっと変わったジャムがいろいろあったので、試食用のスプーンが使い捨てでないことも手伝って、決定までにこれでもかというくらい試食をしまくりました。私の場合、軽井沢でも上田でも「絶対に買って帰る」という前提があったので何とか購買行動に結びつきましたが、そういうしばりがなかったら何を買うか決められなかったかも。

 もちろん、経済行動と政治行動をいっしょくたにして論ずるのは乱暴なんでしょうけれど、投票率がどうなるか、いろんな意味で興味があります。比例区に届出をした政党の数は12だそうで平成4年の38と比べればずいぶん小さいですが(2004年が8、2007年が11)、今回は自民から分派した政党がいくつもあって、わけのわかんない正体不明な泡沫政党がいっぱいあるのとは違うでしょうから、リアルな感覚としては選択肢が増えたということになるんじゃないかと感じています。それがどう出るのかちょっと楽しみ。
 でも、12というのは24の半分ですから、決断の支障となるほどの大きな数字でははないのかもしれませんね。個人的には、投票にはできるだけ行った方がいいけどなあ、と思っていますが。
[PR]
by thebrandywine | 2010-06-26 23:41 | どうでもいいこと

いやん(笑)

 ネットを巡回していて、こんなのをみつけました。なんだか萌えてしまいましたわん。きゃん。
[PR]
by thebrandywine | 2010-06-25 23:55 | その他いろいろ
 先日の右まぶたの痛みは、翌日眼科で診察してもらい、霰粒腫(さんりゅうしゅ)だということが判明しました。マイボーム腺というところに脂肪の塊ができていて、そのまわりがさらに炎症を起こしていたとのこと。まぶたの裏にニキビができちゃったみたいなもんでしょうか。そういえば、最近、「やっぱ目力大事だし」と、アイラインとかマスカラとかを塗る頻度が増えていたのですが、それも原因のひとつかもしれません。
 眼科では、目薬2種を処方され、治るまでコンタクトレンズ禁止ということになりました。
 いわゆる「ものもらい」は俗称で正式な病名ではないそうなので、定義についてあれこれ言っても意味がないのですけれど、ものもらいを、この霰粒腫(さんりゅうしゅ)と、細菌に感染して化膿する麦粒腫(ばくりゅうしゅ)の総称だと思っていたら、麦粒腫だけを指してものもらいと呼ぶこともあるようですね。私のかかった目医者さんがそうでした。
 この「ものもらい」、名古屋では「めんぼ」と言います。子供の頃には、夏になるとクラスメートの誰かしらが「めんぼ」になっていたような記憶があるのですが、自分が罹患したことがなくて、具体的に何を指すのかよくわからないまま長じてしまったのですが、今回、ネットで調べていて、自分がいま罹っているのがまさにそれだということに気づいたのでした。「やだ、めんぼじゃん!」て感じ。
 で、ものもらいにもいろいろな方言がありそうだという感触を得て、「ものもらい」をどのように呼ぶかという話題を出したら結構盛り上がるんじゃないかと期待して、医者にかかった翌日、翌々日の職場で、会う人、会う人に質問をぶつけてみたのですが、みなさん「うーん、ものもらいとしか言わないかなあ」というテンション低めのお答えばかりで期待はずれなぴーこだったのでした。ひとりだけ、愛媛に縁のある人が「めぼ!」と即答してくれて、ちょっと溜飲を下げたのですが、みなさんの地元では何と言いますか。
[PR]
by thebrandywine | 2010-06-24 22:13 | 日常生活

痛みの正体

 昼過ぎくらいから右目の回りが痛くなってきたのですが、どうして痛いのか、その原因がよくわかりません。目のくぼみの骨のきわのところを押さえると、痛気持ちいい感じだったので、肩こりから来てるんじゃないかと見立てた茶太郎が笑点を見ながら肩を揉んでくれたのですが、いっこうによくなる気配がありません。こめかみが痛いような、顔面がこっているような、よくわからない感じ。肩こりや眼精疲労だったら後頭部とか目の奥が痛くなるはずなんですが、それとは違います。
 まぶたの内側もあやしいと思って、念のため、上まぶたをベロンとめくってみたりもしたのですが、できものができている様子もなく。脳みそに近いところが痛くて原因がわからないというのは、ちょっと不安ですよね。先週はものすごく体調が悪かったし、私もそれなりの年齢になってきましたし。
 でも、ようやく夜になって、痛みがどこからきているのかがはっきりしてきました。下まぶたの目尻に近いあたりにかなりはっきりとした痛みが。もしやと思って下まぶたをめくってみて、ようやく原因がわかりました。多分「ものもらい」です。最初、痛い場所がはっきりしなかったのは、まわりの筋肉も影響を受けて、こわばってたからなのでしょう。
 「大山鳴動鼠一匹」とは、まさにこのことですが、しかしこれも体力が落ちているという証拠。無理して毎日の生活を送っているというわけではないのですが、もう少し自分の体をいたわって過ごそうと思います。
[PR]
by thebrandywine | 2010-06-20 23:55 | 日常生活

近況小ネタ続き

 今日も昨日に引き続き蒸し暑かったですね。こういう日に室内にいると、外気の変化に気づかず、しかし、自覚がないまま身体は室温の上昇に反応していて、体調が悪いのかという錯覚に陥ります。
 きのう思い出せなかった近況小ネタ2つ。
  • 職場の敷地の中をガラス張りのビルに向かって歩いていたら、うしろからもっさりしたおばさんが同じ方向へ歩いているのが見えました。あたしと同じような服装だなあと思っていたら、そのおばさんは私だったのでした。
  • 電車を降りて駅のトイレに入って目にした風景。そのトイレには洗面台が3つあるんですが、20代と思われる女性が、いちばん左の洗面台を占領して、腰に手を当てて脚を前後に大きく開脚しストレッチをしながら歯を磨いていました。その顔がすごくて、洗顔フォームなのかパックなのか、白い泡状のものがべったりと顔に塗られてました。髪の毛は、洗顔に備えて髪留めでしっかり止めて。
    しばらく並んでトイレから出てくると、まだ洗面台は占領されていて、件の彼女は顔をジャバジャバ洗っていました。うーん、そういうことは家の洗面所でしようよ。先日、電車の中で、化粧水から始まるフルコースを目撃して驚いたところでしたが、世の中さらにすごいことになってるんですね。朝9時ちょっと前のこと。
    [PR]
by thebrandywine | 2010-06-16 23:14 | 日常生活

近況小ネタなど

 4月には目が回ってぐったり疲れ切っていた新生活も5月になって少し落ち着いてきた、などと書きましたが、6月も半ばになってやっぱりくたびれがたまってきているぴーこです。GWの休みを、1日か2日、6月に配分してほしい。
 今日は、心身ともに絶不調、もう仕事に行きたくなーいという感じだったのですが、日常業務の他にいろいろと人に会ったり、逆にトラブル発生のために相談に乗ってもらったりと約束があって、休むと後が大変なことになりそうだったので、しかたなく行ってきました。ポータルサイトに載っている星占いに、「円形にツキがあるので何でも丸い形を選んで」と書いてあったので、お昼に食べるおにぎりを、三角のではなく、丸いのにしましたよ! そのおかげか、何とか1日乗り切ることができました(???)。
 例によって、たてこんでいるときの近況小ネタの箇条書きです。
  • わが家は日経新聞をとっているのですが、このあいだの週末に、ボーナス前の時期に恒例で入っている高級腕時計の広告冊子が入ってきました。まあ、それを買えって趣旨じゃなくて、見て楽しむということなんでしょうけれど、いち、じゅう、ひゃく、せん・・・と数えないと値段が分からない商品が多い、というのは困ります(?)。2,700万円とか6,000万円とかいうのもあって、それを見た茶太郎、「マンションを腕につけてるようなもんだな」とひと言。
  • 先日の朝、散歩に出かけようとしたら、マンションの共用廊下(雑木林に面している)に何か黒いものが。中くらいのガでもいるのかしら、と近づいたら、クワガタのオスでした。虫かごに入っていない天然物のクワガタを見たのって、もしかしたらこれがはじめてだったかも。4センチ足らずだったので、コクワガタかな。
  • 体調が悪かったのは、じつはきのうの午後からで、夜はもう体に力が入らない状態だったんですが、こわばっている首から背中、ついでに足つぼまで茶太郎にマッサージしてもらったら、少し復活しました。「あー、そこそこ」と極楽顔をしていたら、茶太郎が「なんだか不公平だと思う」と言いました。私もそう思います。ごめんよ、茶太郎。私ばっかりいい思いをして。
  • 新生活開始のお祝いに、仕事場で一緒になる方が水彩画を描いてくださり、今日それをいただいてきました。家に帰って開けてみたらベネチアの運河の風景が出てきました。茶太郎に「御礼、どうしたらいいと思う?」と相談したら、「お返しにぴーこも絵を描いてあげたら」と言われました。ちなみに、私には絵の才能とかセンスとか、一切ありません。がんばってこんな程度。「いったい何描くのよ」とたずねたら、「一反木綿とか」という返事がかえってきました。朝ドラの見過ぎでだと思う。
  • ほかにもいろいろブログのネタになりそうなことがあったはずなのですが、最近いろいろなことをメモしないとすぐに頭の中からこぼれ落ちていくようになりました。メモしないと覚えてないようなことはたいしたことじゃない、とおっしゃる大先生もいますが、やっぱり凡人はちょっとしたこともメモしとかないとダメです。
 とりあえず、こんなのが近況です。
[PR]
by thebrandywine | 2010-06-15 22:08 | 日常生活

投影

 今日は、茶太郎が出かけ、私は家でのんびりできる日だったので、私が「茶太郎の世話係」をしました。エサやりもしたし、公園に散歩にも連れて行ったし(笑)。
 と、ちゃんと書いておかないと、私が一方的に世話されっぱなしだと思われそうなので。まあ、事実、それに近いんですが、そうでない日もたまにはあるのだ、ということを、ここで高らかに宣言しておきたいと思います。

 さて、朝の公園には、犬を連れている人がたくさんいて、かわいらしいワンコたちを見るのも楽しみのひとつです。
 今日すれ違った犬連れの方の中に年配の女性(70歳近く?)がいて、相棒は茶色の中型犬だったのですが、このワンちゃんが、ものすごく元気というかアグレッシブ。ぐいぐいと、飼い主さんを半ば引きずりながら前に進んでいきます。すれ違いざまに、その飼い主さんが犬につぶやいたひと言が傑作でした。
あんた、ほんとに元気だね。年寄りは年寄りらしく、もうちょっとおとなしくしてればいいのに。
 ペットを飼うというのは、そういうこと——何かを投影して語りかける存在をもつということ——なのかもしれませんね。
 この女性は、飼い犬に何を投影していたのだろうか。「おとなしくしれてばいいのに」と人に言われる自分の姿なのか、自分が常々そう思っている誰かのことなのか。そして、私が犬を飼ったとしたらそこに何を見るのだろうか。ちょっと考えてしまった朝でした。
[PR]
by thebrandywine | 2010-06-06 22:19 | 日常生活

マザーボード

 4月からの新生活も、このところ少しは自分のペースがつかめ、何とか落ち着きつつあります。最初の1か月は、仕事が多くて忙しいからというよりも、自分がいつまでに何をしなければいけないのかを把握するのに時間がかかり、毎日ぐったりと疲れ果てていたのですが、ゴールデンウィークでひと息つくことができ、職場の状況も少しずつわかってきて疑心暗鬼になることも少なくなり、比較的平和な毎日をすごしています。

 しかし、この平穏な生活が茶太郎の協力なくしては成り立っていない、というのも事実。かなり協力的に家事をしてくれるほか、さまざまな「ぴーこの世話」も担当しています。エサやりとか、散歩に連れて行くとか(笑)。
 「世話」のなかでも重要なのが、忘れ物がないかどうかの確認(爆)。いちど、USBメモリを置いたまま出かけてしまったことがあり、たまたまその日、家で仕事をしていた茶太郎に電話をして、必要なファイルをメールで送ってもらって事なきを得たことがあり、それ以来、出かける前に「○○持った?」「××は大丈夫?」と心配してもらっています(オマエは小学生か)。
 そんなこんなで、先日も出かける前に軽くチェックが入り、それが当を得ていたのに感心した(←感心してる場合か)ぴーこと茶太郎の会話。

  茶:ぴーこ、○○は大丈夫なのか。
  ぴ:あ、忘れてた。すごーい、茶太郎、お母さんみたいだよ。
  茶:お前のお母さんは名古屋にいるだろうが。
  ぴ:でも、本当のお母さんは性能が悪いから。
  茶:こら、ひどいこと言うな。

 まあ、たしかに実の娘の発言としてはひどい発言なのですが、じっさいにそうなのだから仕方ありません。実家の母には高スペックな部分もあるのですが、何というか、母親としての基本仕様が間違っているのですよね。で、それを話したところ、最近パソコンを買い換えたばかりの茶太郎がひとこと。

  茶:そうか、問題があるのはマザーボードか。
[PR]
by thebrandywine | 2010-06-05 20:33 | 日常生活
 日曜の夕方5時半(とくに40分すぎ)から6時までは、わが家にとってとても大切な時間です。これがないと1週間が終わらないというか、翌日からの1週間を乗り切る活力がわかないというか。
 ところが、おとといの日曜日のこの時間に、なんと、玄関のインターホンが鳴りまして、テレビの前から離れなければならなくなりました。カメラの映像を見ると、新聞の集金のお姉さんの姿。セールスだったら居留守を使っても良心のとがめるところはないのですが、集金のお姉さんに無駄足を踏ませるのも申し訳なく、玄関を開けてお金を払いましたよ。
 さっさと支払いをすませて早くテレビの前に戻ろうと焦れば焦るほど、手元が不如意になり結局時間がかかっちゃうわけですが、あまりにあわてたため、手元どころか口元まで不如意になってしまったぴーこ。集金のお姉さんが帰られるときに、「ご苦労様でした」と言うところを「ごちそうさまでした」と言いかけて途中で気づいて「ごちそむにゃむにゃ・・・」とごまかしたのでした。
 来月またこの時間にきたら、「お願いですからこの時間だけは避けて来てください」と言ってみようかと思います(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2010-06-01 16:06 | 日常生活

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine