THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

短吻種、ルビーの指輪

 今日もまだほっぺたがぷっくりしています。ほっぺたの真ん中の腫れは少し治まったのですが、結果として下ぶくれの部分が強調されることになり、ある種の犬(体温調整が苦手な短吻種)を彷彿とさせる状態となっています。

 おやつを食べるときについうっかりテレビをつけたら、ワイドショーなんぞをやっていて、これまたついうっかり見ちゃったりしたんですが、昨日披露宴をした海老蔵兄さんは、新婦の誕生石のルビーの原石を掘り当てるべくわざわざベトナムまで行ったんだとか。「愛の証」なんだそうですが、「あたしゃこんな酔狂な男はやだね」なんて真面目に考えてたら、どうやらこれはヤラセだったという話で(ネットの情報を鵜呑み。笑)、ますます考えて損したと思ったのでした。
 あんな時間にテレビなんてつけなきゃよかった。
[PR]
by thebrandywine | 2010-07-30 21:32 | 日常生活
 今朝起きたら顔の右半分が宍戸錠になってました。ほっぺたぷっくり。宍戸錠は大げさですが、高橋真梨子くらいにはなってました。手術から3日目、この状態が顔の腫れMAXだと信じたいぴーこです。この顔ではお嫁に行けません。茶太郎は「知らない人が見たらわからないから大丈夫だよ」と言ってますが。

 まあ、顔はへんなことになっていますが、痛みのほうは術後3日目の現在、ほとんどありません。下の親知らずを抜いたときは、3日目になっても薬が切れると疼いていたのですが、今回は、——指示通りに1日3回、鎮痛・消炎剤を服用していますが——上の歯だからか、鎮痛剤が切れてくる時間になっても疼きのようなものは感じないので、多分痛んでいないんでしょう。
 不思議なのは、ほっぺたの真ん中のあたりが腫れていることです。上あごの骨をいじっているわけですから、もっと耳に近いところが腫れるのだと思っていたのですが、ほっぺの真ん中が腫れるって、骨と何の関係があるんでしょうね。ほっぺたの肉の厚みが左側の2倍くらいになっている感じです。もしかしたら、たんに面の皮が厚くなっただけなのかもしれませんが。

 差し支えがあるのは、食べることくらいでしょうか(あと、お酒が飲めないことも!)。
 今日のお昼くらいまでは、右のあごをいつものようには自由に動かせず、また、大きな口をあけると口角の傷口が開いてしまう気がしたので、一口で入る食べ物の量はちょっとだけ。たとえば、もやし炒めなんか、1本か2本ずつ口に入れるという食べ方で、どこの「おひいさま」かという上品ぶり(そうか、いつもこういう食べ方していたら、ちょっとは人様の私を見る目も違っていたのか! ついでに人生変わってたかも)。
 また、右あごを大きく動かせないために、歯茎の外側の奥に逃げ込んでしまった食べ物の追跡が困難で、そういう点からは、白飯よりも、固めのお粥か、柔らかめの麺類のほうが好都合な感じでした。こんな感じですので、多少の不都合はあるものの、念のために買っておいたプリンとフルーツゼリーは幸い、非常食としてではなくデザートとして食べてます。
 食べることへの差し障りといえば、縫合した歯肉の上には、白い粘土状の保護材が貼り付けてあるのですが、ここからすごく変な味が出てくるので、今は何を食べても美味しくないです。中華料理のように強い風味と味付けがしてあるものはまだマシなのですが、炊きたてで美味しいはずの白飯がめちゃくちゃまずいのには閉口しました。1週間後に抜歯なので、それまでの辛抱なんだと思いますが、食べることと飲むことが人生の喜びの大部分を占めている私にとっては、なかなか辛い事態であります。

 歯磨きは、患部には歯ブラシをあてないようにとのことで、かわりに消毒用のうがい薬を処方されています。今のところ、気をつけてやっていますが、歯磨きって人間の日常の動作のうちで、かなり「自動化」されているものですよね。いつかうっかり磨いちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしながら、他の部分の歯磨きをしています。

 以上、QOLは若干(いや、食べることに関してはかなり!!)低下していますが、おおむね元気にやっているということで、自分用のメモでした。
[PR]
by thebrandywine | 2010-07-29 22:35
 昨年の暮れに急に痛み出して進行していることを知った歯周病ですが、今日、仕事のほうがひとくぎりついたので、夕方、手術を受けてきました。じつは、これが人生初手術なぴーこです。何せ、縫合すら先日親知らずを抜いたときが初めてだったわけで。

 手術は、こういうの。→歯周組織再生療法(イラスト入りは少々グロいので、テキストだけのサイトを選んであります)。今回の手術が成功かどうか(=歯周病の進行がとくにひどい部分の骨が再生できるかどうか)は、半年か1年たたないとわからないそうですが、とりあえず、今の段階でまったく可能性がなくて抜歯、ということにはならないですみました。

 まあそれはよかったのですが、終わったときには疲労困憊のぐったり。何せ、2時間ぶっ通しで猿ぐつわの親分みたいな器具でぐわーっと大口開けさせられて、あごがどうにかなりそうだったうえに、思いっきり「むにーっ!」と唇を引っ張られて、そこをテコの支点にして器具でゴリゴリされるので口角のところが切れてしまい、最後の縫合のときには、その切れた傷口に糸がこすれて拷問を受けてるみたいでしたよ。あんな状況で「おまえがやったんだろう」と言われたら、やってなくても「はい、私がやりました」って言っちゃいそうです。手術が終わった直後は、放心状態でヨレヨレのボロボロ。腫れと麻酔と、器具や糸から全速力で逃げるべく思い切り口をゆがめていたせいで、口が完全に「へ」の字を描いてました。日頃私にビシバシとやられて恨みを持っている人たちには絶対見せられない姿です(笑)。
 
 骨の部分をいじっているので、目の下のあたりまで腫れることもあるのだそうです。抜歯の時は2日目か3日目がMAXだという話でしたけど、いつもなら数錠処方され「痛いときに6時間以上あけて服用してくださいね」と言われていた鎮痛剤を今回はなんと1週間分も処方され、受付のお姉さんに「抗生物質とともにきちんと飲みきってください」と言われてしまいました。しばらく人前に出ないですむように予定を組んであるので、とりあえずお家でおとなしくしてることにします。
[PR]
by thebrandywine | 2010-07-27 22:40 | 日常生活

せんきょ

 先週の土曜日の7時半頃、買物を終えて新宿の南口のあたりをうろうろしていたのですが、投票日前日の夜8時ちょっと前の繁華街ってすごいですね。甲州街道の両側に選挙カーがたくさん並んでいて、お祭りの屋台みたいでしたよ!(というか、選挙ってそれ自体がお祭りみたいなもんですよね!)

 注目の(?)投票率ですが、前回よりわずかに低い結果になったそうですね。前回の参議院選のときが、選挙区58.64%、比例代表58.63%だったのに対して、今回は選挙区・比例代表ともに57・92%だったとのこと。というわけで、公示日の頃に書いた直感的予測はばっちり(?)あたった形になりましたが、何の根拠もないナイーブな直感ですので、よい子のみなさんは真に受けないでくださいね(笑)。
 届出政党数と投票率との間に相関関係があるかもなんていう私の暴論はともかく、関心の高さと、それが選択の決断に結びつくかどうかということとは別の問題なのだということだけは言えるのかもしれません。
[PR]
by thebrandywine | 2010-07-13 15:23 | どうでもいいこと

気づいたら

昨日から7月。今年ももう半分終わってしまった。早い、早い。
[PR]
by thebrandywine | 2010-07-02 10:34 | どうでもいいこと

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine