THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さむっ!

 先日あるエッセイを読んでいたら、「お昼寝から目覚めたばかりのアマガエルの赤ちゃんのような顔」という表現が出てきました。女性の精神科医の風貌なのですが、いったいどんな顔をしていたのか想像もつきません。まあ美人じゃなさそうなことだけは確かだけど(笑)。

 この10月は、上旬はやたらと暑かったのに、秋のいい時期を楽しむ間もなくいきなり冬の様相になってしまいましたね。今日は、まだ10月なのにヘンかなと躊躇しながらセーターをおろしましたが、明日の東京はそんな悠長なことを言ってられなさそう。最低気温も最高気温も10度くらいで12月下旬の冷え込みになるという話ですが、いったい何着ていこうか思案中。冬物の入っている衣装ケースから大慌てで長袖のババシャツを出して、とりあえず準備万端(のつもり)です。
 仕事場に暖房は入るんだろうか。そっちのほうが心配。
[PR]
by thebrandywine | 2010-10-27 21:18 | 日常生活

くさっ!

e0110925_11204517.jpg

湯釜なう。

着物で登ってきたひと発見。びっくり!
[PR]
by thebrandywine | 2010-10-23 11:20 | 遠くにおでかけ

大沢親分

 お亡くなりになったそうで、ちょっと寂しいです。お疲れさまでした。
[PR]
by thebrandywine | 2010-10-08 00:05 | その他いろいろ

圓楽襲名披露公演@渋谷

 渋谷に行ったら、代々木の体育館では、浜崎あゆみのコンサートですごい人出。区役所のところまでたどりつくと、今度は、右の端っこのほうの方々(笑)が街宣車を連ねて大声を出してました。
 トピックは尖閣諸島のことだったんですが、容疑者の中国人船長を釈放して帰しちゃったことをとりあげて、「浜崎あゆみのコンサートに来ているあの女の子たちが強姦されたとして、その犯人を釈放するようなものなんです!」とか何とかのたまっていましたよ。釈放したことの是非はともかく、なんであの人たちは国土とか主権の問題になると決まって「強姦」をたとえに使うんでしょうね。私の小さな脳みそでは理解できません。

 さてさて、初めて生の落語を聞いて1週間たたないうちに、また落語に行ってきました。チケットの関係でたまたまそうなっちゃっただけなんですが。今度は「三遊亭楽太郎改メ六代目三遊亭圓楽襲名披露興業」(10月2日、渋谷C.C.Lemonホール)です。
 公演の前に後楽園ホールで笑点の公開録画があったらしくて、珍しく笑点メンバーが勢揃いするというありがたい機会だったようです。たい平「紙屑屋」、好楽「つる」、小遊三「金明竹」、歌丸「鍋草履」。中入りの後は、口上に続いて、昇太「ストレスの海」、木久扇の漫談(?)。トリは圓楽「浜野矩随」。
 初心者に落語のうまいヘタがわかるのかどうか疑問でしたが、笑点を見ていて想像していたとおりだったのに驚きました。登場人物の造形などの解釈についてはともかく、人物の演じ分けや滑舌、間などの結構基本的なことは、シロウトにもわかるものなのだなあ、と。もちろん調子の善し悪しもあるのでしょうけれど、少なくとも精進しておられるかどうかは、明確に伝わってくるものですね(師匠方の公演を聴いていて、私自身も、人ごとではなく足のすくむような気持ちになりました)。
 まあ、それはともかく、人生初生落語が先日の赤坂での志の輔だったというのは、なかなか幸運なことだったような気がします。

 お土産に、来年の笑点カレンダーと、笑点座布団のデザインのコースター(2枚組)を買ってきました。もう来年のカレンダーを売ってる時期なのですね。先週の金曜日に、職場の卓上カレンダーを入れ替えて、残りがあと2枚だという(あたりまえの)事実に愕然としたのですが、今年は本当に時間が過ぎるのが早い(速い!?)です。
[PR]
by thebrandywine | 2010-10-03 23:43 | みる・きく

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine