THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

抜歯ふたたび。今度は下

 天気予報で雪が降るのは聞いてましたが、今朝起きてみて積もっているのにびっくり! 2月だというのに、いったいどんだけ降るんだ。
 起きたときの雪景色にも驚きましたが、昼前に外を見たら、雪は跡形もなく春の日差しがめでたげに差していたのには、もっとびっくり。マンション裏の雑木林の北斜面の雪も残らず溶けていて、今朝は寝ぼけて夢でも見てたんじゃないかって感じ。ワイパー立てっぱなしの自動車が、自分が寝ぼけてなかったことのかろうじての証。

 午後、抜歯してきました。今度は右下の親知らず。
 きのう(17日)、友人たちと文楽を見てから飲むことになっていたので、本当はその前に全部すませちゃおうと思ってたのです。先々週の月曜に前回の抜歯後のチェックの予約をしてあったので、その後間髪入れずに抜歯して、1週間でばっちり直して文楽鑑賞の(というか飲み会の)日を迎えようと目論んでいたのですよね。でも、あてがハズレて予定がずれ込みました。上の親知らずのときは診療時間30分だったのに対して、今回は1時間必要ということで、それだけの時間は(もう予約がうまってしまっているから)今週以降じゃないととれなかったそうで。来週は水曜日にまた飲み会があるし、その翌日から旅行に行くし、そこで、文楽のあとのできるだけ早い日、つまり今日、抜歯するぞということになったのでした。
 結論だけ言うと、下の親知らずの抜歯、思っていたよりもあっけなかったです。
 でもね、始まる前はもうドキドだったのですよ!
 上にも書いた、見積もり所要時間が30分じゃなくて1時間だという事実に「上の歯より大変なのか」とまずおびえ、診察室に入ってから(いつもはすぐに来る)担当医がやって来るまで10分かかって緊張感がムダに増幅し、さらに麻酔も上の歯の時に比べて念入りで。
 前回は、ちくちくちくっと麻酔注射をされたあと、すぐに歯茎をつっつかれて「痛みますか」と麻酔が効いているかどうかのチェックをされ、痛かった(=まだ麻酔が効き足りなかった)ので追加の注射をちくっと打たれて、すぐに抜歯に入ったのですが、今回は、かなり厳重に(?)麻酔をかけたうえに、注射が終わったら「麻酔が効くまで少し時間をおきますから」と放置されちゃって、 「下の親知らずは根っこが2本あるので(上は1本)、大変なんですよ」という先生の言葉に、「やっぱり大変なのか。これからいったい何が始まるんだ」と、もう緊張感max。
 先生は、上の歯の時よりも長い間「やっとこ」片手に格闘していたものと思われますが、にもかかわらずあっけなく感じたのは、やっぱり麻酔が厳重だったからでしょうか。上の歯の時は、途中の「みしみし」という感じや、最後に抜くときの「ずぼっ」という感じがわかったのに、今回は、そのへん全然わからず。イスを起こされて「うーん、これから後半戦なのか、それとももっとすごいことになるのか」と身構えていたら、「はい、抜けました」と言われ、思わず「へ?」と返事してしまいました。歯といっしょに「気」とか「拍子」まで抜けましたよ。
 抜いた後の穴が大きいということで、そのあと2か所(生まれて初めて)縫合してもらいました。これも麻酔のために自分の感覚ではわからなかったのですが、口から糸が出てたのだけは目撃。あれ、糸だけ通しておいて、あとから手で結わえるんですね。先生の両手が口の中にぐわわっと入ってきたときは(じっさいは指先だけなんでしょうけれど)、「ひえー、やめてくれー」って思いました。大口開けて口から糸をたらしている自分の姿を想像したら情けなくなりました。
 明日傷口の消毒をしてもらい、1週間後に順調だったら抜糸だそうです。
 寒い日にお風呂で暖まれないのは少々寂しいですが、恒例の鍋焼きうどんを作って、部屋を暖かくして、今日はおとなしく寝ることにします。しかし、親知らずって何のために生えてくるんでしょうか。尾てい骨とか盲腸みたいなもんですね、きっと。
[PR]
by thebrandywine | 2010-02-18 18:22 | 日常生活

とりあえず経過は良好

 1日おとなしくしていたら、調子よくなってきました。抜いた後の大穴も、順調にお肉でうまってきている感じ。自分が生命体であることを実感してます。まだ傷口はスライムみたいにむにょっとしてますが。バンクーバーオリンピックの前に、自分の歯茎の細胞分裂を応援しなくては!
 昨夜は、「抜歯どうだった?」と実家の母ぴよこから電話をもらいました。若い頃に4本抜いたうちの最初の1本のときにえらくひどい目にあったようで、3日間ずっと口を開けられず、スプーンで重湯ばかり飲んでいたんだそうです(言われてみて、私も大口開けてあくびができないことに気づきました)。年末の帰省のときに年明けの抜歯の予定を聞いたものの、怖がらせたらいけないと思って自分の話はしなかったんだそうですが、いやほんと、事前に聞かなくてよかった。ぴよこ、ナイス判断です。

 そういえば抜歯以来、何かしようとすると茶太郎に「いいから、安静にしてろ」と言われるのですが、注意深く聞いていたら、「安静」の「安」と「静」のウェイトの置き方に極端な差があるのではないかという疑惑が! 数量でいうと、安:静=1:9くらい。要するに、「うるさいから静かにしてろ」ってことか。ふーんだ。
[PR]
by thebrandywine | 2010-01-06 22:19 | 日常生活

はじめての抜歯。

 親知らずを抜いてきました。
 しゅーしゅー。チクッ、チクチクチクッ。きゅいーん、きゅいーん、きゅいぃぃぃぃん。ぐいっ、ぐいぐいっ、みしみしみしっ、ズボッ。ここまで10分ちょっと。止血のガーゼをかんで、お会計して、駅前で買い物して帰ってきました。ごぼっとあいた大きな穴におののきつつも、案外あっけなくて、初めての抜歯、ここまでは楽勝モード。
 「今日はお酒と運動と長風呂は避けてください。要するに、安静ということで」という先生の言葉を茶太郎に伝えたところ、「てことは、いつもどおりぐうたらしてればいいってことじゃん」と逆襲されたのにも、余裕であははと笑って返していたのですが、家に戻ってきたらちょっと疼いてきて、先月の痛みがよみがえってきそうな気配。
 しかも、現時点ではまだそんなに痛くないにもかかわらず、茶太郎からは「ぴーこ、かわいそうに」と、普段かけられたことのないような言葉を「お告げ」のようにかけられ、あわてて、注意事項を書いた紙をよく読んでみたら、腫れは抜歯後3日でマックスとの記載が……。がーん、もしかして、あれよりもっとすごいことになるのか!
 痛かったら、先日処方された痛み止めの残りを飲むように言われていますが、今日、自分が晩ご飯を食べられるかどうか、すごーく不安になってきました。抜歯を想定して、今日の晩ご飯は鍋焼きうどんと10日以上前から決めてあったのですが、この時点ですでにうどんは手強そうな予感。やっぱり、プリンとか買ってくればよかったかな。
 てなわけで、とりあえず、(まだ麻酔が残っていて)元気なうちにエントリあげてみました。今日から平常モードなんて言いながら、まだ数日お正月の続きでぐうたらしなくちゃいけなさそうです。そうか、ぐうたらしなくちゃいけないのか、しょうがないな(笑)。でも、白粥と卵粥と七草粥のローテーションとかになったらやだな。
[PR]
by thebrandywine | 2010-01-04 16:32 | 日常生活

歯医者に行ってきました

 右上奥歯の痛みですが、翌日(きのう)朝イチで駅前の歯科に電話をしたら「10時半からいかがですか」と親切に対応してくださったので、早速行ってきました。
 歯医者なので口紅NGだろうというのと、ネットの口コミで女性の先生が丁寧に説明をしてくれるのがよいというような書き込みを見かけていたのとで、日焼け止めを塗っただけの化粧っ気なしで出かけたのですが、私の担当は、若くて——私のこれまでの「歯科人生」(?)のなかではいちばん——カッコイイ男の先生(要するに、イマドキのフツーの若者です。私のこれまでの「歯科人生」はあまり充実したものではなかったので)で、やっぱりお化粧していけばよかったと反省。治療中はどうせものすごい顔をしているんでしょうが、せめてもうちょっと見苦しくないようにしてあげればよかった、と(笑)。
 レントゲン撮って見てもらったところ、すぐに抜歯という最悪の状況ではないようで、ひと安心。しかし、痛んでいるところの歯周ポケットの深さは尋常ならざる数字で、先生が測って読み上げていく数字にびっくり。健康な歯茎だと歯周ポケットは3ミリくらいだということなのですが、今回痛んでいるところなど9ミリもあって。大口開けて間抜けな顔をしながら心の中で「ひぇー」とつぶやいておりました。
 疲れとかストレスなんかで、抵抗力がなくなってくると、こういうふうにひどくなるんだそうです。たしかに、年齢のせいか、このところ、ちょくちょく口内炎になったり、子供の頃にはその存在を気にしたことすらなかった扁桃腺を腫らしたりしてます。最近は、声が出にくくなるのがくたびれのバロメーターだな、ということに気づいたのですが、そういえばここ数日、夜になると声が出なくなったりしていました。くたびれるようなハードな生活はしていないのですけれど。ようするに、もう若くないということなのね(涙)。
 おおもとの原因はやはり、お行儀の悪い親知らずだそうで、しばらくしたら、こちらのほうは抜かなければいけないとのこと。右奥のは、上下とも前に向かって斜めに生えてきていて、私、昔は普通にきれいな歯並びをしていたはずだったのですが、この親知らずの力が加わったせいか、前歯の並びが少しガタガタしていて、外国に行ったときなどは少し気にしていたのですよね。やっぱり若いうちに抜いておけばよかったなー。

 ……とまあ、午前中は自分の状況や今後の治療方針など、丁寧に説明してもらって、前日の不安も払拭、ひどかった痛みもやわらいで、メデタシ、メデタシだったのですが、夕方から前日よりもさらにひどい痛みに襲われて大変でした。

 午後、用事があってでかけたのですが、あまり体調もよくないし最低限しなければならないことだけこなして1分でも早く帰ってこようと思っていたのに別の用事を言いつかり、今から考えればそれはきっぱり断ってもよかったように思うのですが、歯が痛いので帰りたいなんて子どもじみているしと気にしてしまって断りきれず、全身不満の塊みたいな状態でやっつけていたらさらに痛みがひどくなり、という悪循環。奥歯がまたひどく浮いてきて、扁桃腺だかリンパ腺だかよくわかりませんが、悪くないはずの下あごやのどにまで痛みと腫れがひろがってきて、しゃべるのもおっくうな状態。しかたないので、帰りにまた駅前の歯医者さんにとびこんだのでした。
 とびこみだったので、少なくともしばらく待つことは覚悟していたのですが、なんと、すぐに診察室に入れていただけて、親切が身にしみました(私がよっぽど情けない顔をしていたのかも)。なんでも、患部に薬を入れた関係で、細菌と闘って一時的に腫れて痛みが強くなることがあるのだそうです。抗生剤と痛み止めをいただいて帰りました。薬を飲んだら何とかおさまってきて、今日は朝から何とか平穏に一日をすごしています。
 明日も、家から出ないで本など読んでのんびりすごそうと思っているのですが、ポータルサイトに出ている星占いの明日(19日)の運勢のところをみたら、「蓄積した疲労が一気に噴出しそう。体調管理に徹することが大切。無理せず、少しでも不調を感じたらゆっくり休むようにして」なんて書いてあります。すでに、蓄積した疲労(そんなものがあるとすれば、の話ですが)は噴出してじゅうぶんひどい目に遭い、じゅうぶんにゆっくり休んでいると思うのですが、星のお告げはこれ以上私にどうせよと言いたいのでしょう(笑)。
[PR]
by thebrandywine | 2009-12-18 22:33 | 日常生活

歯周炎

 しばらく前から右上奥歯の歯ぐきの腫れと出血が気にはなっていたのですが、昨日から痛みが出てきて、ストレス性の歯痛かな、しばらくしたら治るでしょと思っていたのに、上あごのほうまで痛みが広がってきて歯が浮いてかみ合わせると痛むので、インターネットで調べてみたところ、どうも歯周炎らしく。その奥にお行儀の悪い親知らずが生えているので、気をつけるようにしていたものの、はやりきちんと磨けてなかったんですね。若いときに抜いておけばよかったのかなー。
 痛みが出てきているのはけっこう状態が進んでいるということらしく、下手をしたら歯を抜かなければならないとか書いてあって、急にこわくなってきました。だって、ネットの情報にしたがって触ってみたら、歯が少しぐらぐらしていたりしているのですもん。今日は一日ゆっくりするぞと決めていたので、集中力を要するようなことは何もしていないのですが、本を読んでいてもテレビを見ていても、何だか気になって上の空。
 歯の1本くらいでガタガタ言ってる自分(自分だけでなく、歯もガタガタしてるんですが。笑)を眺めていて、この自分はもし生き死ににかかわるような大病になったとしたらどんな醜態をさらすのだろうかと、情けない気分になってきました。痛みと情けなさとで、落ち込み倍増(涙)。ものすごく後ろ向きになってますが、とりあえず、明日朝イチで駅前の歯医者に行ってきます。どよよーん。
[PR]
by thebrandywine | 2009-12-16 23:26 | 日常生活

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine