THE BRANDYWINE

chataro55.exblog.jp
ブログトップ

引っ越しました。

 引っ越しました。

 築年数はかなりのものですが、周囲に緑が多く雰囲気がいいので気に入っています。まだ、家具がきちんと入っていないのでがらんとしていますが、新しい部屋はこんな感じ。

e0110925_0114896.jpg


えへ。



えへへ。



えへへへへへ。



でへへ。




 ウソです、ごめんなさい。

 ふと思い立って、駒場東大前近くにある「旧前田侯爵家駒場本邸」に行ってきたのでした。東京都の指定有形文化財で入場無料。駒場農学校(後の東京帝大農学部)が本郷に移転した跡地に前田侯爵が移ってきたのだそうです(昭和11年)。
 旧岩崎邸などと同じく、戦後、連合軍の接収を経て、東京都が買い取ったとのこと。

 とんがり屋根が印象的な洋館。

e0110925_0202866.jpg


 窓は、シンプルなステンドグラスになっていて(写真ではわかりにくいですが)、ところどころ黄色のガラスが入っているので、暖かみのある光が差し込んできます。

e0110925_0195884.jpg


 同じ敷地には、和館もあります。

e0110925_0232678.jpg


ひろびろー。



e0110925_0234167.jpg


 こういう場所に来ると、寝っ転がりたい衝動にかられますが、「人前で寝転ぶのはやめましょう」という注意書きがありました。注意書きがあるということは、そうする人がたくさんいるということですよね。でも、「人前で」ということは、人がいなかったら寝転んでもいいってことなんでしょうか。素直に解釈するとそういうことになりますが。
 古い日本家屋の風通しのよさは格別。庭の緑を渡ってくる風を感じながら昼寝をしたら、本当に気持ちよさそう。今度は、人がいない時を狙って来よう!

 ちなみに、茶室その他のお部屋は、半日単位で貸してくれるそうです。趣味の集まりだけでなく、会議や打ち合わせをしてもいいのだそう。飲酒はダメなのが、茶太郎&ぴーこ的には残念ですが。

 欄間の透かし彫り。

e0110925_0235733.jpg


 シンプルなのがかえっていい感じ。こういうの大好き。


 さて、邸宅のある駒場公園をあとにして、神泉方面にむかって歩きました。 

 首都高の関連施設がにょきにょき。

e0110925_024953.jpg


 このあたり、車は品川ナンバーですが、そう思って見ると、ベンツ遭遇率が大変高いです。ベンツ以外の外車とか、レクサスとかも。そういえば、駒場東大前駅から駒場公園に行く途中には、モダンなお屋敷がたくさんありました。「FOR RENT」と書いてあるお宅もありましたが、1ヶ月の賃料はいったいいくらくらいなんでしょうね。

 神泉と渋谷の中間あたりにある中国茶のお店で休憩。

e0110925_0242315.jpg


 テーブルには、「中国茶の楽しみ方」を説明したものがちゃんと置いてあるので、初めてでも安心。

 素焼きの急須(茶壺)にお湯を注いで、お茶が出たらそれをガラスの器(茶海)に全部注ぎ、そのうちの1杯分を長細い器(聞香杯)に入れ、さらに、それを小さな湯飲み(茶杯)に入れて飲みます。で、空になった聞香杯には香りが残るので、お茶の味とともにそれを楽しむ、ということらしいです。

 お茶請けにたのんだココナッツタルト。

e0110925_0243591.jpg


 すでに、茶太郎によって一部かじられていました。

 こんなことをしていると、先日の香港旅行の続きをしているようで、自分がどこにいるのだか、よくわからなくなったのでした(笑)。

 半日歩いて改めて思ったのは、やはり東京は緑が多いなあ、ということ。若かった頃、名古屋から初めて東京観光に来たときの印象のひとつが、東京は緑、とくに巨木が多い、というものだったのですが、駒場界隈を歩いて、またその思いを強くしました。
[PR]
by thebrandywine | 2009-08-01 23:36 | 近くにお出かけ

茶太郎+ぴーこのおばかな日常: ぴ「うりゃー!」 茶「ぐぇぇぇ~」


by thebrandywine